松本人志 ワイドナショーのコメントがカットされる?ツイッターで意味深なツイート!

上原多香子 阿部力 写真

ダウンタウンの松本人志(53)が15日、自身のツイッターで「しゃべっても。謎の事情でカットされ。。。」と、意味深なツイートをした。

 

カットされた内容については明らかにしていないが、松本人志は現在、ワイドショー的な情報番組「ワイドナショー」(日曜午前10時)に出演している。

 

おそらく今回のツイートは、自身が出演しているテレビ番組「ワイドナショー」の収録でコメントした部分がカットされ、事情によって放送されなかったことについて言及した可能性が高そうだ。

 

そして、番組でカットされたコメントの内容というのは、現在世間を騒がせているSPEEDの元メンバー・上原多香子(34)と中国系日本人俳優・阿部力(35)のW不倫問題だと思われる。

 

実際、8月13日放送の「ワイドナショー」では、この件を一切取り上げなかった。


Sponsored Link


松本人志 ワイドナショーのコメントがカットされる?

上原多香子と阿部力のW不倫を「女性セブン」が報じたわけだが、「ワイドショー」などのニュース番組が取り上げないことに違和感を抱く声が相次いでいる。

 

松本人志がコメンテーターとして出演する「ワイドナショー」は13日の放送回では一切取り上げなかった。

 

今回ツイッターで「しゃべっても。謎の事情でカットされ。。。」と、意味深なツイートをした内容というのは、松本が「ワイドナショー」で上原多香子と阿部力のW不倫問題についてコメントしたことが、カットされたことだったと想像できる。

 

 

また、「ワイドナショー」と同じ情報バラエティー番組の「サンデー・ジャポン」「アッコにおまかせ!」では、短いVTRでW不倫の件を放送したものの、出演者は何もコメントをしなかった。

 

普段ならテリー伊藤や「爆笑問題」の太田らスタジオの出演者が騒動についてコメントするのだが、完全にスルー。

 

同時期に発覚したお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之(47)の不倫騒動をどの局も遠慮なしに報道している状態だ。

 

13日放送の「ワイドナショー」では、主に、宮迫の不倫騒動や、作家の乙武洋匡氏が離婚した元妻から提訴された件を取り上げていたが、こうした放送内容について、視聴者からは「なぜ上原多香子の不倫について報道しない?」「上原は完全無視なのか」「上原については誰もコメントせず、宮迫とエライ違い」などと違和感を持つ声が相次いで寄せられた。

 

そのなかには、報道されない理由に「事務所の圧力がかかっているから?」との憶測が飛び交っている。


Sponsored Link


松本人志がツイッターで意味深なツイート

今更説明は不要だろうが、「女性セブン」によると、上原多香子の夫であるET-KINGのTENNさん(享年35)が自ら命を絶ったのは、阿部力との不倫交際などが原因だったと報じられている。

 

その証拠となる写真やLINEなども流出。

 

現時点では、上原と阿部はこの記事に関するコメントを出していない。

 

また、上原のツイッターには今回の件に対する異様な数のリプライが殺到しており、炎上している。

 

一方、阿部のオフィシャルブログは承認制からか、ほとんどコメントは載せられていないが、その代わりにインスタグラムに誹謗中傷のコメントが多く寄せられている状態だ。

 

そして、テレビで全く報じられないことについては『ワイド!スクランブル』が取りあげた程度で、他局は様子を見ているといった感じ。

 

理由については、上原の所属事務所がバーニング系列の「ライジング」、阿部の所属する事務所が大手「ホリプロ」だから事務所の圧力によって報道を自粛しているとの憶測を呼んでいる。

 

その一方で、「生死に関わっていることなので慎重になっている。」「内容が重すぎて扱いづらいのでは?」といった意見も。

 

コメントしづらい報道だが、もし松本人志がこの件でコメントしていたのなら何と言っていたのか。

 

「ワイドナショー」では5月28日に放送した「宮崎駿『引退撤回』新作長編アニメ始動!」で、宮崎氏の発言が本人の発言でなかったことに対して、MCの東野幸治と秋元優里アナらが謝罪するといったことがあった。

 

謝罪を受けて松本は、「今度こういうことがあったらワイドナショーを降りようと思っている。責任を取るということではなく、それぐらい失敗のないように、緊張感を持ってということ。ニュースを扱うということはそういうこと。今後こういうことがあったらもう降ります。」とコメントしている。

 

今回、「謎の事情でカットされ。。。」と、ツイッターで意味深なツイートをしていることも重なり、松本人志の番組の降板が現実味を帯びてきた。


Sponsored Link


▲トップへ戻る