渡部篤郎の再婚相手が別人?薬で逮捕の清原と関係したホステスではなかった!?

渡部篤郎 画像

昨年6月に一般女性と再婚した俳優の渡部篤郎(49)が、25日放送の「ダウンタウンなう」に出演し、再婚相手とは違った別人が報道されてしまったことに言及した。

 

実は「ダウンタウンなう」の出演を願っていたという渡部は、「最近なんだかなぁ」と思っていることで、昨年、6月に一般女性と再婚したが、結婚報道で妻と別人が報道されてしまったことに一言もの申したかったという。

 

渡部は女優の中谷美紀(41)と長年にわたって交際していたが、2015年夏に破局。その後は以前から知り合いだった銀座のクラブに勤めていた元ホステスと再婚を視野に真剣交際していると報じられた。

 

しかも相手の元ホステスは、薬で逮捕された清原和博(50)の“元カノ”だったと報じられたのだ。

 

当時はこの元ホステスについて報じられた内容からして、渡部の交際相手は元ワンギャルの須之内美帆子(41)や曲山英里(38)といった名前が浮上していた。

 

だが、報じられた年齢が違うことや「恋のから騒ぎ」にウエイトレス出身として出演していたことなどが明かされたため、2人とも違うことが判明。結果、交際相手は山本恵美(40)だとネットで特定されたのだ。

 

そして、渡部が昨年の6月に30代の一般女性と再婚したという報道が。再婚相手は交際が発覚した元ホステスだということから渡部の嫁は山本ということになっている。

 

番組で再婚相手とは違った別人が報道されてしまったとに言及したということだが、それは山本恵美が再婚相手ではなかったということなのだろうか。


Sponsored Link


渡部篤郎の再婚相手が別人?

渡部篤郎は1994年にタレントのRIKACO(51)と結婚。2人の息子をもうけたが2005年に離婚した。

 

離婚の原因である中谷美紀とは長年にわたって交際していたが、2015年夏に破局。同年秋から銀座のクラブに勤めていた元ホステスと交際し、再婚したとされている。

 

そして、再婚相手は元ワンギャルの山本恵美だとネットで特定されているのだが、渡部はこのことに対して別人だと言っている可能性がある。

 

(山本恵美の画像)
渡部篤郎 再婚相手 画像

 

確かに言われてみると、どこのマスコミも渡部が山本と再婚したなんて報じていない。

 

報じられたのは、交際が発覚した元ホステスだということのみ。東スポだけが唯一、このホステスについて報道したのだ。

 

記事によると、この元ホステスは、元タレントで「恋のから騒ぎ」にウエートレスとして出演していたという。

 

その後情報バラエティー番組「ワンダフル」のワンギャルメンバーとして出演。ワンギャル卒業後、ドラマや映画に出演していたが、2003年公開の映画を最後に芸能界を引退。その後、結婚したと報じられた。

 

この条件に当てはまったのが山本恵美だった。以来、山本が渡部の再婚相手とされているのである。


Sponsored Link


渡部篤郎の再婚相手は薬で逮捕された清原の元カノのホステスではない?

渡部篤郎が言う別人とは、当初、名前が浮上した須之内美帆子や曲山英里のことを言っているのか、それとも山本恵美が再婚相手ではないと言っているのか、現状では分かっていない。

 

ただ、山本が再婚相手だった場合、薬で逮捕された清原和博の“元カノ”だったと東スポが報じているだけだ。

 

しかも渡部は山本と清原との過去を知らなかった可能性が高いという。

 

清原と山本が知り合ったのは、2014年に清原が嫁の亜希と離婚した直後だったとか。

 

当時の清原は離婚原因となった不倫相手の銀座の高級クラブママと別れた後で、山本がいる別のクラブに頻繁に通うようになっていた。

 

そして、店のホステスだった山本を口説くようになり、清原が山本の都内のマンションに泊まる関係になっていったということだ。

 

その1年後、清原が山本の店で問題を起こして出禁に。山本も店に居づらくなって辞め、清原とも手を切ったという。

 

一方、渡部はタレント時代の山本とは顔見知りだったらしく、その後、銀座のクラブでさらに大人の女性に変貌した姿を見て、改めて好意を寄せ始めたとか。

 

その後、2人の交際がスタート。2015年の7月上旬には、六本木ヒルズでランチデートしているのを女性週刊誌に報じられた。

 

ほどなく山本は銀座のクラブを辞めたが、常連客からは、連絡がなかったことで批判の声が上がっていたといい、薬で逮捕された清原の元カノだったことにも波紋は広がっている。

 

再婚した相手の思わぬ過去が明るみに出て、渡部は大ショックに違いない。


Sponsored Link


▲トップへ戻る