原田実里の犯人 逮捕!家族 嫁や子供(息子 娘)は?前科や余罪があった!?

ランパノジェリコモリ 画像

茨城県美浦村で2004年1月、茨城大農学部2年の原田実里さん(当時21歳)が無残な姿で見つかった事件で、県警は2日、フィリピン国籍の男を逮捕した。

 

逮捕されたのは、岐阜県瑞穂市祖父江の工員、ランパノ・ジェリコ・モリ容疑者(35)。

 

警察の会見によると、犯人はいずれもフィリピン国籍の3人の男で、そのうちの1人が逮捕したランパノ・ジェリコ・モリ容疑者。共犯者とみられる残り2人については、当時19歳と18歳だったフィリピン国籍の男ということだけで、名前は発表されていない。

 

2人は現在、33歳と31歳。2007年に日本を出国したことがわかっていて、今後、国際手配する方針という。

 

ようやく犯人が捕まったこの事件は、13年前に大きく報じられたが、謎が多く、これまで未解決事件として扱われてきた。

 

逮捕されたランパノ・ジェリコ・モリ容疑者は、事件当時、原田さんが住んでいた茨城県阿見町に隣接する土浦市内に住み、工員として働いていていたという。

 

だが、7年前に岐阜県瑞穂市祖父江のアパートに引っ越してきたということだが、近所では「子煩悩」との評判だったとか。

 

事件後のランパノ・ジェリコ・モリ容疑者には家族がいて、一緒に岐阜県へ引っ越してきたのだ。

 

また、報道によると、7人ほどの大家族だそうで、嫁の他に子供(娘、息子)、義母と一緒に暮らしていたとのこと。

 

事件が急展開を迎えたのは、現場に残された遺留物とDNA型がモリ容疑者のものと一致したことで、これが逮捕の決め手になったという。

 

DNA型が一致したということは、前科や余罪がモリ容疑者にあるとみられるが、警察の発表では、「一般人から情報提供や関係者への聴取などを精査するうちに、当時茨城県土浦市に住んでいたモリ容疑者が浮上した」と、しているだけである。


Sponsored Link


原田実里の犯人を逮捕

事件の犯人がようやく逮捕された。

 

被害者の原田実里さんは、当時、茨城大農学部生物生産科学科に在籍する2年生。トライアスロン部に所属し、日本学生トライアスロン連合の大会運営委員も務めていた。

 

事件当日の2004年1月31日、原田さんは自宅アパートで1か月前に別れた同じ大学の元彼と一緒に飲食。

 

午前0時ごろになって原田さんは、「友人に会いにでかける。遅くなる」という書き置きを残して外出した。

 

深夜に会う友人とは誰のことなのかはいまだに分かっていない。それに原田さんは視力が0.1と悪く、めがねもコンタクトレンズも室内に残したまま。財布や携帯電話も置いて外出しているのである。

 

自転車は4日後の2月4日、自宅から北西約3キロ離れた土浦市内の空き地に放置されていたのが発見されたが、無残な姿の原田さんが発見されたのは自宅から6キロ離れた美浦村舟子の清明川河口付近。

 

その付近には幹線道路が通り、ロードサイド型の飲食店やショッピングセンターが並ぶ。

 

結局、原田さんが外出してからの足取りはつかめないままで、事件は謎だけが多く残った。

 

犯行時刻付近に不審車の目撃情報などがあったが、犯人逮捕の決め手にならず。

 

原田さんが外出するまで一緒にいた元彼は、酔っ払ってそのままうたた寝してしまったというが、アリバイがないため犯人の疑いがかけられた。

 

また、原田さんがバイトしていたラーメン屋Y亭の店長が、事件後の2月9日に自ら命を絶ち。店長の妹までが、その後に失踪し、変わり果てた姿で発見されているのだ。

 

今から思うと、バイト先の店長も犯人に疑われてのことだったのだろうし、妹もその後を追ってのことだったのだろうか。

 

当時、白いワンボックスからニッカボッカ風のズボンをはいた2人組の男が、自転車を投棄していたのを目撃されていたが、もしかしてこの2人とは、2007年に日本を出国したモリ容疑者の共犯者だった可能性がありそうだ。


Sponsored Link


原田実里の犯人には家族 嫁や子供(息子 娘)がいた

犯人の逮捕を受け、山口県内に住む原田実里さんの家族は、「今回は突然の事で、私たち家族は心の整理がつかず未(いま)だ深い悲しみの中におります」とのコメントを出した。

 

一方、ランパノ・ジェリコ・モリ容疑者は事件後、何食わぬ顔して結婚。7年前に引っ越してきた岐阜県瑞穂市祖父江のアパート隣人は逮捕の一報を受け、「家族仲が良く、子供と楽しそうに暮らしていた。信じられない」と驚いた様子だったという。

 

岐阜県では自動車関連の工場で働いていたというモリ容疑者には、嫁や息子、娘がおり、アパート前でバーベキューをしたり、ビニールのプールで子供と一緒に遊んだりする姿がたびたび目撃されていた。

 

嫁はフィリピン国籍なのか、日本人なのかは不明。息子や娘の年齢も今のところ分かっていない。

 

同じアパートの住人によると、モリ容疑者は「人付き合いが良く、ちゃんとあいさつをしてくれた」と話す。

 

また茨城県警は2日、不正に在留資格を取得したなどとして、県内に住むモリ容疑者の妹(34)ら男女3人を逮捕した。


Sponsored Link


原田実里の犯人に前科や余罪があった?

原田実里さんに付着していたDNAに関しては、事件から5年後に2種類の男性DNAが発見されたことが公表されている。

 

その1つがモリ容疑者のものと一致。もう1つは日本を出国したモリ容疑者の共犯者のものとみられる。

 

今回の逮捕はDNAが一致したのが決め手だそうだが、そうなるとモリ容疑者に前科や余罪があったのだろうか。

 

茨城県での犯罪といえば。ベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンちゃん(9)事件が記憶に新しい。

 

この事件の犯人・渋谷恭正容疑者にも前科や余罪が疑われていた。

 

渋谷容疑者には、取手市、坂東市、五霞町で起きた「未解決事件」も関与しているのではないかと、余罪の疑惑が浮上していたが、原田実里さんの犯人らも、この「未解決事件」に関与している可能性がありそうだ。


Sponsored Link


Comment

  1. […] 事件の内容はこちらで詳細を書いているが、原田実里の犯人 逮捕!家族 嫁や子供(息子 娘)は?前科や余罪があった!? […]

▲トップへ戻る