名探偵コナン 迷宮の十字路のあらすじと聖地巡礼 手鞠歌の詞と犯人のセリフは?

4月7日放送の金曜ロードSHOW!は2003年に劇場公開された「名探偵コナン 迷宮の十字路」を放送。

 

「迷宮の十字路」は名探偵コナンの劇場版シリーズ第7弾。2016年実施の劇場版ファン投票で1位に選ばれた作品である。

 

春の京都を舞台とした本作は、義経とその家来たちを名乗る盗賊団を狙った連続殺人事件と、仏像の盗難事件にコナンと服部平次が挑むというあらすじ。

 

鍵を握るのは、コナンの良きパートナーでもありライバルでもある服部平次。平次の初恋にまつわるエピソードと、幼なじみの和葉との恋の行方、コナンと平次の友情と絆にも注目が集まる。

 

また、物語の舞台が京都である「迷宮の十字路」は、『清水寺』や『五条大橋』、『一条戻橋』、桜の名所として有名な『蹴上インクライン』、『疎水公園』など、京都の観光名所が続々登場し、映画公開後は聖地巡礼にもなった。

 

さらには、物語の中で、和葉が歌う京の手鞠歌の歌詞や犯人の容姿が変わりすぎなところなどが話題になったのも記憶として残っている。


Sponsored Link


名探偵コナン 迷宮の十字路のあらすじ

「名探偵コナン 迷宮の十字路」は、歴史の町、京都で起こる連続殺人と仏像盗難事件をコナンと平次がコンビを組んで解決するというあらすじ。

 

名探偵コナンの登場人物である「綾小路文麿」が初登場するのが、この迷宮の十字路である。

 

※あらすじ

東京・大阪・京都で、5人の男が刀や弓矢で殺される事件が発生した。犯人は翁の能面をかぶっていた。

警視庁・大阪府警・京都府警の合同捜査本部による捜査の結果、殺された5人が古美術品を狙う窃盗団「源氏蛍」のメンバーであることが明らかになった。

同じ頃、小五郎は山能寺の僧侶から依頼を受け、コナンたちを連れて京都に来ていた。

山能寺では8年前、12年に一度公開する秘仏が何者かに盗まれていた。

そして最近、その仏像のありかを示すという謎の絵が、差出人不明で山能寺に届いたので、小五郎に解読を依頼したのだった。

コナンは秘仏を盗んだのは源氏蛍だと推理し、謎の絵の解読のヒントを求めて弁慶に関係のある場所を巡った。

その先で平次と遭遇し、平次も源氏蛍の事件を追っていることが分かり、お互いに情報交換を行う。

平次の案内で鞍馬山を訪れるコナン。しかしそこで、平次がライダースーツの男に弓矢で狙撃される。

二人はバイクで男を追跡するが、後一歩で取り逃がしてしまった。

その夜、コナン一行は御茶屋に招かれた。しかし突然、桜正造が何者かに殺害されてしまう。

さらに、コナンと平次が桜の古美術店を調べた結果、彼が源氏蛍のメンバーであることが分かった。

捜査の後帰宅する途中、平次は再びライダースーツの男の襲撃に遭う。

男は翁の能面をかぶり、木刀による対決を申し込んでくる。

その申し入れを受ける平次だったが、男の見たことのない剣法に大苦戦。あわや殺害されそうになるが、和葉の機転によって救われる。

捜査を続けて、少しずつ真相に迫っていくコナンと平次。しかし、その最中に和葉が犯人に誘拐されてしまった。

服部に鞍馬山まで一人でこいと脅迫する犯人。しかし平次は、前夜に犯人から受けた傷が悪化して倒れてしまう。

果たしてコナンと平次は、事件を解決して凶悪な犯人から和葉を救いだせるのか!?

引用元:ピクシブ百科事典


Sponsored Link


名探偵コナン 迷宮の十字路の聖地巡礼

京都の観光名所が続々登場する「名探偵コナン 迷宮の十字路」。劇場公開後は聖地巡礼とまでなった。

 

※迷宮の十字路 聖地巡礼

・戻橋(京都市上京区)
・京都府警本部(京都市上京区)

・小川通と御池通の交差点(京都市中京区)
・烏丸通と蛸薬師通の交差点(京都市中京区)
・弁慶石(京都市中京区)
・先斗町(京都市中京区)ー小五郎がお茶屋で接待を受けた場所
・六角堂(京都市中京区)ー体調を崩した平次がベンチで休んだ寺

・梅小路公園(京都市下京区)ー平次と和葉が犯人に襲われ犯人と格闘する場所
・四条通と烏丸通の交差点(京都市下京区)
・仏光寺(京都市下京区)
・京都駅(京都市下京区)
・五条天神(京都市下京区)

・僧正ヶ谷不動堂(京都市左京区)
・聴松院(京都市左京区)
・鞍馬駅(京都市左京区)
・鞍馬山(京都市左京区)
・南禅寺(京都市左京区)-コナンと平次が絵の謎を解くために訪れた場所
・二ノ瀬二号踏切(京都市左京区)ー平次がバイクで転倒する場所

・蹴上インクライン疎水公園(京都市東山区)ーコナンと平次が歩きながら談笑していた場所
・五条大橋(京都市東山区)
・清水寺(京都市東山区)
・東福寺(京都市東山区)ーエンディングで出てくる場所

・伏見稲荷大社(京都市伏見区)ーエンディングで出てくる場所

名探偵コナン 迷宮の十字路 手鞠歌の詞と犯人のセリフ

「名探偵コナン 迷宮の十字路」の中で和葉が歌っていた京の手鞠歌は本当に実在する。

 

手鞠で遊びながら京都にある東西の通り名を歌詞につけて覚えようとしたもの。

 

※実際の歌詞

まる たけ えびす に おし おいけ
あね さん ろっかく たこ にしき
し あや ぶっ たか まつ まん ごじょう
せきだ ちゃらちゃら うおのたな
ろくじょう しち(ひっ)ちょうとおりすぎ
はちじょう(はっちょう)こえれば とうじみち
くじょうおおじでとどめさす

 

まる=丸太町通り
たけ=竹屋町通り
えびす=夷川通り
に=二条通り
おし=押小路通り
おいけ=御池通り
あね=姉小路通り
さん=三条通り
ろっかく=六角通り
たこ=蛸薬師通り
にしき=錦小路通り
し=四条通り
あや=綾小路通り
ぶっ=仏光寺通り
たか=高辻通り
まつ=松原通り
まん=万寿寺通り
ごじょう=五条通り
せきだ=雪駄屋町通り
ちゃらちゃら=鍵屋町通り
うおのたな=魚の棚通り
ろくじょう=六条通り
しちじょう=七条通り
はち=八条通り
くじょう=九条通り

 

そして、ネタバレになるが、本作品では、犯人・西条大河の容姿が途中から豹変したのも話題となった。

 

まだ犯人だと分からない状態の西条と犯人と分かってからの西条とではまるで別人。

 

義経を溺愛し、意味不明なセリフをはいたりで、歴代の犯人の中ではちょっとイカれた存在である。

 

また、西条が言いかけて手がかりとなったセリフは「そういえば、やまくら」。

 

当初コナンと平次は、おかみのやまくらさんかと思ったが、実は「矢枕」という弓用語だったというオチ。

 

「矢枕」は親指に弓を乗せるところを指す言葉だったのである。


Sponsored Link


▲トップへ戻る