校閲ガール(地味スゴ)スペシャルのあらすじとキャスト相関図 結末はゲストが鍵を握る?

校閲ガール 地味スゴ スペシャル

昨年10月に放送された日テレ系連続ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』が9月20日、スペシャルドラマ『地味にスゴイ!DX 校閲ガール・河野悦子』として放送される。

 

本作品は、宮木あや子氏の小説『校閲ガール』シリーズが原作。ファッション誌の編集者を夢見て出版社に就職したオシャレ女子・河野悦子(石原さとみ)が、地味な校閲部に配属されながらも仕事や恋に奮闘する姿を描いたドラマ。

 

スペシャルドラマとして復活した今回の校閲ガール(地味スゴ)は、悦子が念願のファッション誌「Lassy」編集部に異動してから1年後を描いたあらすじとなる。

 

キャストには、主演の石原さとみをはじめ、菅田将暉、本田翼、岸谷五朗といったおなじみの連ドラレギュラー陣に加え、ゲストとして木村佳乃、佐野ひなこらも出演。

 

ゲストの木村佳乃演じる二階堂凛の役柄は、「Lassy」の新編集長。「Lassy」で働く悦子だったが、廃刊の危機にさらされることで新編集長とバトルを繰り広げる。

 

また、佐野ひなこ演じる橘花恋の役柄は、小説家・幸人(菅田将暉)の新しい担当編集者。幸人との関係が順調だった悦子だが、橘花恋が現れたことにより、仕事も恋も窮地に立たされたる。

 

連ドラの最終回が中途半端な形で終わっていただけに、スペシャルではどう結末をつけるのか、注目が集まるばかりだ。


Sponsored Link


校閲ガール(地味スゴ)スペシャルのあらすじ

連ドラ「校閲ガール(地味スゴ)」から1年後が描かれているスペシャル版では、石原さとみ演じる河野悦子が、再び仕事や恋の試練を迎えるあらすじとなっている。

 

念願の「Lassy」編集部に異動して1年。充実した毎日を送っていた悦子だったが、「Lassy」にスゴ腕の新編集長が入って来たことにより、徐々に暗雲が立ち込めることに。

 

創刊当時から働いているスタッフのクビを切るなど、新編集長のやり方に悦子は猛反発。「編集者が校閲にこだわる必要はない」と言われ、編集部から追い出される。

 

さらに、幸人との関係も順調な悦子だったが、新しい担当編集者が現れたことにより、恋の行方は大ピンチに。

 

悦子は仕事も恋も窮地に立たされたることになる。

 

※校閲ガール(地味スゴ)スペシャルのあらすじ

悦子(石原さとみ)が校閲部から『Lassy』編集部に異動して一年。幸人(菅田将暉)との交際も順調で、充実した毎日を送っていた。

そんな中、『Lassy』に凄腕の新編集長・二階堂(木村佳乃)がやってくる。

彼女は、出版社を渡り歩いて数々の雑誌を立て直してきた凄腕編集者。

出版不況の波にさらされて部数が低迷する『Lassy』のテコ入れのため、呼び寄せられたのだった。

二階堂に逆らわない方がいいと言う森尾(本田翼)の助言を聞かず、悦子は「奥多摩オトナ遠足」という特集記事の矛盾を二階堂に指摘。

しかし二階堂は、ファッション誌に厳密な校閲は必要ないと言い切る。

悦子はストレスのあまり、久しぶりに校閲部に顔を出す。茸原(岸谷五朗)ら校閲部の面々は、悦子を温かく迎える。

悦子は記事の内容を確認するため、米岡(和田正人)、藤岩(江口のりこ)と一緒に奥多摩観光をすることに。

そこで悦子は、事実確認をしただけでなく新企画を思いつく。その企画が採用され、悦子は二階堂から期待を掛けられるようになるのだった。

一方、幸人は貝塚(青木崇高)から、新人編集者の花恋(佐野ひなこ)を紹介される。

貝塚が景凡社創立50周年記念本の編集責任者を任されて多忙になり、代わりに花恋が幸人の担当編集を務めるという。

幸人の大ファンだという花恋は、幸人の身の回りの世話をするように。

幸人と花恋の急接近に、気が気ではない悦子。

そんな中、二階堂が『Lassy』廃刊とウェブへの完全移行を発表する。

しかし、悦子は、二階堂の方針に反対。すると、二階堂からクビを言い渡され…。

仕事に恋に大ピンチの悦子は、一体どうする!?

引用元:地味にスゴイ!DX 校閲ガール・河野悦子


Sponsored Link


校閲ガール(地味スゴ)スペシャルのキャスト相関図

スペシャルドラマ「校閲ガール(地味スゴ)」のキャストは、連ドラからのレギュラー陣に加え、ゲストとして木村佳乃、佐野ひなこが出演。

 

ドラマのストーリーも気になるところだが、「校閲ガール(地味スゴ)」といえば、主演の石原さとみ演じる河野悦子が着こなす「ド派手ファッション」が話題を呼んだ。

 

スペシャル版でも悦子のカワイイファッションがみどころとなっている。

 

連ドラでは秋冬もののファッションがメインだったが、今回は春夏ものやアウトドアルックなどカジュアル目の衣装をなんと、31ポーズ披露。

 

番組公式インスタグラムで「悦子のファッションチェックDX」画像を毎日配信する企画がスタートしており、よりパワーアップした悦子のファッションが楽しめる。

 

※校閲ガール(地味スゴ)スペシャルのキャスト相関図

校閲ガール 地味スゴ スペシャル 相関図

出典元:地味にスゴイ!DX 校閲ガール・河野悦子

【キャスト】
・石原さとみ
・菅田将暉
・本田翼
・和田正人
・江口のりこ
・青木崇高
・岸谷五朗

【ゲスト】
・木村佳乃
・佐野ひなこ


Sponsored Link


校閲ガール(地味スゴ)スペシャルの結末はゲストが鍵を握る?

連ドラ「校閲ガール(地味スゴ)」の最終回は、悦子が校閲の仕事を選択するのかと思いきや、中途半端な形で残らざるを得なくなったという設定にはガッカリさせられた。

 

しかも幸人との恋愛関係も中途半端に終わっていることから「結局、何を描きたかったのかわからない」と、批判の声があがった。

 

ドラマの内容が「校閲」という地味な仕事にスポットを当てたことで反響を呼んだが、結末がどうなるのか楽しみにしていた視聴者にとっては、スッキリしない終わり方になってしまったようだ。

 

今回のスペシャルドラマ「校閲ガール(地味スゴ)」では、ゲストの木村佳乃が新編集長の二階堂凛役を、佐野ひなこが橘花恋演じるが、2人の登場により、「『天職って何だろう?』『夢って何だろう?』『好きな事って何だろう?』と、悦子は色々考えさせられることに。

 

悦子役の石原さとみは「最後の選択にはすごくスッキリさせられました。連ドラで『どうなるの?』って気になってくださった方は今回のスペシャルでスッキリ見て頂けると思います」と、消化不良だった結末に自信をのぞかせる。

 

スペシャル版こそは前回のような「超絶つまらない」結末になっていないことを切に願うばかりだ。


Sponsored Link


▲トップへ戻る