山本裕典 契約解除の真相 原因は六本木のバー経営ではなくスキャンダルが影響か?

山本裕典 画像

バーニング系の芸能事務所「エヴァーグリーン・エンタテイメント」は、所属俳優の山本裕典氏(29)に対し、マネージメント業務委託契約の終了を発表した。

 

契約解除の理由については、事務所いわく「法的に問題になるような違反をしたわけではない」と説明。

 

それ以上具体的なことは語られなかったが、「契約内容に違反したと考え、断腸の思いで、契約を終了することにいたしました。」と述べている。

 

事務所側の説明からすると、山本氏に何らかの違反が生じて事務所から契約解除されたことがわかるのだが、はたして山本の違反とは、一体何だったのか。

 

ネッ上では、「六本木のバー経営が違反にあたるんじゃない?」といった憶測が飛び交っているが、事務所側は弁護士を通じて、副業が原因でなかった旨のコメントを発表。

 

これまで山本氏は、週刊誌に素行の悪さやスキャンダルを報じられており、事務所側は契約解除の理由をそのことが影響していたことを認めた。

 

結局、山本氏が契約解除された真相は、過去のスキャンダルが原因にあったようだ。

 

山本氏といえば、『仮面ライダーカブト』に仮面ライダーサソード・神代剣役で俳優デビューしたが、同じく先日事務所を解雇された細川茂樹も仮面ライダー出身だった。

 

芸能界を引退し、幸福の科学へ出家した清水富美加も仮面ライダー出身と、最近では仮面ライダー出身のタレントによる騒動が目立っているようだ。


Sponsored Link


山本裕典 契約解除の真相 原因は六本木のバー経営ではなかった

事務所側は「これまで数えきれないほど、山本裕典本人と話し合ってきたが、一連の諸事情を鑑み、山本裕典が弊社の考える基準に至らなかったため、契約内容に違反したと考え、断腸の思いで、契約を終了することにいたしました」と契約解除に至った理由について説明。

 

さらには、「今までの行動の積み重ねで、仕事に対する影響だったり、ほかのタレントの模範にならなきゃいけない存在だったにもかかわらず、影響が大きかったので、契約終了に至った」と話し、過去に何度かあった女性スキャンダルが影響していたことを認めた。

 

一連の報道では、契約解除の原因が副業にあるのでは?と伝えられていたが、それはどうやら間違いで、真相は山本氏の生活態度に問題があったと考えられる。

 

また、去り際には、「山本氏と事務所の社長が笑顔で握手を交わした」とされており、けんか別れではなく、お互いが納得した上での契約解除だったことが報じられた。

 

ただし、山本氏の今後についての明らかな詳細は語られていない。

 

はたして山本氏は、今後芸能界から引退するのか、それとも六本木のバー経営に力を入れていくのか。真偽のほどは定かでないが、今すぐ拾ってくれる事務所もないと思うので、しばらくは六本木のバーの方で生計を立てるしかなさそうだ。

 

ちなみに山本氏が経営する六本木のバーは「seis」という名前で、場所は六本木4丁目にある。

 

バー「seis」は、たまに顔見知りの仲間が、合コンの場に使っているといい、客入りもまずまずだとか。

 

ただ、それは山本氏が芸能人だったころの話で、芸能界を引退するとなると、今後の経営は厳しくなっていくと思われる。


Sponsored Link


山本裕典 契約解除の原因はスキャンダルが影響か?

事務所側は、山本裕典氏の契約解除の原因を副業ではなく、素行の悪さやスキャンダルが関係していることを認めた。

 

かつて山本裕典氏は、関西外大に通っていたキャバ嬢から、ベッド写真を週刊誌に流出された過去を持つ。

 

最近でも地下アイドル・プレイボールズの越智美咲をお持ち帰りしたとして週刊誌に掲載されるなど、スキャンダルが目立っていた。

 

これまで事務所側が山本氏に対し、女性関係を再三にわたり注意してきたようだが、素行の悪さは一向に直らなかったという。

 

挙句の果てには、見放したとのウワサも流れていたほどだ。

 

そして今回、山本裕典氏は、事務所から契約解除の洗礼を受けたわけだが、やはり注目されるのは今後の去就についてだろう。

 

もし、どこかの事務所が拾って使ったとしても、またトラブルになると困るので関わりたくないと思うはず。

 

となると残るは、水商売系しか道がないのかもしれない。


Sponsored Link


▲トップへ戻る