野際陽子は若い頃(画像)にミニスカートを流行らせた?千葉真一の離婚理由と子供は何人?

野際陽子 画像

数多くの人気ドラマで人気を博した女優の野際陽子さんが、2017年6月13日に「肺腺がん」のため、死去した。享年81歳。

 

野際さんといえば、昔はNHKの人気女子アナだったが、1962年、フリーに転身。

 

翌年に女優デビューし、1968年から放送が始まった「キイハンター」でブレイクした。

 

また、このとき共演した千葉真一(78)と1973年に結婚した野際さんは、1975年に長女を出産。

 

野際さんはよく子供は何人いる?と疑問を持たれたらしいが、野際さんには娘が1人いるだけ。

 

それが女優の真瀬樹里(42)だ。

 

そして野際さんと千葉真一は1994年に離婚。以来、浮いたウワサが無いまま独身を貫いていた。

 

野際さんがなぜ独身を貫いていたのかは分からないが、 若い頃の野際さんといったら、知的な雰囲気と抜群のスタイルで、たちまち人気者となった。(画像あり)

 

日本人で初めてミニスカートをはいたとされるほどの美脚の持ち主で、当時は世の男性を魅了。「ミニスカートを日本で流行らせた人物」として、今も語り継がれる。

 

今回は、野際陽子さんと千葉真一の離婚理由などについてまとめてみた。


Sponsored Link


野際陽子は若い頃(画像)にミニスカートを流行らせた?

日本にミニスカートを流行らせたのは、若い頃の野際陽子さんがミニスカートをはいたのが、きっかけだと言われている。

 

時は1966年。当時、野際さんは学生時代からの夢であったパリ留学をすることに。

 

そして1年後の1967年3月、留学先のパリから帰国した野際さんが飛行機から降りてくると、ミニスカート姿だった。

 

(野際陽子さんの若い頃の画像)

野際陽子 若い頃 画像

 

このとき、待ち構えていた報道陣は騒然となったらしく、「戦争中のもんぺをはいた世代として、ミニスカートは自由と平和の象徴だった」と当時を振り返っている。

 

野際さん自身も「ずっと日本にいたらはかなかったかもしれない」と語り、ミニスカートを取り入れた最新ファッションで注目を浴びた。

 

野際さんが若い頃にフランスへ留学しなかったら、随分と後になるまでミニスカートが日本に入ってこなかったかもしれない。


Sponsored Link


野際陽子と千葉真一の離婚理由

「キイハンター」や「ずっとあなたが好きだった」など数多くの人気ドラマに出演して人気を博した、女優の野際陽子さんが「肺腺がん」のため、死去した。

 

野際さんは、2014年に肺がんを患い、翌年の15年に手術を受けていたという。

 

初めは早期発見ということもあり、治療は成功したのだが、昨年の4月頃に再発。

 

しかし腫瘍の摘出手術を受けた後の肺がかなり小さくなってしまい、退院時には酸素吸入器を携行していたほど体調が思わしくなかったという。

 

それでも野際さんは弱音を吐くことは一切なく、仕事を休むこともしなかった。

 

がんを患っていることを仕事の関係者には内緒にしていたので、ドラマ共演者で野際さんの病気のことを知っている人はほとんどいなかったそうだ。

 

もともとNHKのアナウンサーだった野際さんは、フリーに転身後、ドラマ「キイハンター」で共演した千葉真一と1973年に結婚した。

 

75年に娘の樹里を授かるも、結局、94年に離婚。

 

離婚理由について野際さんは会見を開き、「友達に戻りたくなった」と話すにとどめた。

 

会見は2人がそろって行い、表向きは円満離婚を印象付けたが、本当の離婚理由は千葉に原因があったという。

 

千葉の浮気が原因といった声があるのと、映画監督やハリウッドに進出したいなどの夢ばかりを追いかけ、それに費やした借金が原因だったという声も。

 

野際さんはその尻拭いをして、離婚したらしいが、それを口にすることは一切なかったという。


Sponsored Link


野際陽子と千葉真一の子供は何人?

俳優の新田真剣佑が千葉真一の息子ということもあり、前妻だった野際陽子さんの子供は何人いるのか?疑問を持っている人がいるようだ。

 

野際さんと千葉真一の子供は女優の真瀬樹里だけで、真剣佑の母親は千葉が96年に再婚した28歳下の玉美さんである。

 

だが、玉美さんとも千葉は2015年11月に離婚。

 

2010年ごろから弁護士を通して離婚協議していたといい、長男の真剣佑の親権は千葉が、次男の親権は京玉美さんが持ったそうだ。


Sponsored Link


▲トップへ戻る