花田優一 靴職人は貴乃花の息子!店の場所や名前は?値段は高い?

花田優一 画像

3月31日放送の「アナザースカイ」は、貴乃花親方の息子で靴職人の花田優一氏が登場。

 

優一氏は元フジテレビアナウンサーの花田景子さんと元横綱・貴乃花親方との長男。父と母のいいとこどりをした甘いマスクの持ち主で、現在は靴職人として働く。

 

今回番組では、修業の地イタリア・フィレンツェを訪れ、通学路だった道を歩いたり、靴作りの師匠と再会して自分が作った靴を見せたりして当時を振り返る。

 

優一氏はなぜ職人の道を選んだのか?靴職人になったきっかけは?

 

15歳で単身アメリカに留学。18歳からイタリア・フィレンツェで、靴職人の修行に3年間励んだという優一氏。

 

父とはまったく違う靴職人という仕事を選択するが、貴乃花親方から反対されなかったという。

 

そんな優一氏が作る靴は完全オーダーメイド。価格は15万円~20万円くらいだそうだ。

 

売っている店はどこの場所なのか、また、店舗の名前など気になるところだが、優一氏は店舗を持たず工房を借りて、オーダー制で依頼を受けているという。


Sponsored Link


花田優一 靴職人は貴乃花の息子

貴乃花親方の息子・花田優一氏は、革靴職人として活躍中。

 

優一氏は貴乃花親方と花田景子さんの長男で、父が横綱になった1995年に誕生した。

 

そして、受験を突破して青山学院幼稚園に入園。この幼稚園は元横綱や元大関の子供が何人も通っていた“角界御用達”の名門校で、幼稚園から大学までエスカレータ式で進学できるが、優一氏は15歳で単身アメリカに語学留学。

 

18歳からイタリア・フィレンツェで、靴職人の修行に3年間励んだ。

 

靴職人になったきっかけは、アメリカに留学中、「世界で愛される”靴”を自らの手で作りたい」と思うようになったからだとか。

 

そもそも優一氏は小学1年生のとき、家族旅行で訪れたイタリア・フィレンツェで職人の仕事風景に魅了されたのだという。

 

だが、優一氏は花田家の長男なので大事な跡取りであるはず。

 

花田家は角界のエリート一族なだけに、当然相撲界へ進出するものだと思われたが、優一氏はその道を選択しなかった。

 

当の両親も長男が生まれた直後から、“子供を力士にして苦労させたくない”と言っていたという。

 

そのため長男と長女はバスケットボールをやり、次女はバレエ。父・貴乃花親方は違う道に進んでもそこで1番であればそれでいいという考えの持ち主だったのだ。


Sponsored Link


花田優一の店の名前や場所は?値段は高い?

貴乃花親方の息子・花田優一氏は、イタリア・フィレンツェで3年間の修行を終え、2015年に帰国。

 

現在は都内で店舗を持たず工房を借りて、オーダー制で依頼を受けているという。

 

なので優一氏の店はなく、名前や場所を探しても店舗は見つからない。

 

開業するのにも、親からの援助は一切受けていないと語る優一氏は、借りている工房で採寸、デザイン、皮の仕入れ、縫製まで一人でこなす。

 

仕入れの素材までこだわった靴は完全ハンドオーダーメイドで1足2週間をかけて作り上げる。

 

靴の値段は15万円~20万円だそうで、浅草にある革問屋のフジトウ商事と取引をしていることが判明している。

 

この値段を高く思うのかどうかは、人それぞれ価値観が違うので何とも言えないが、当初、優一氏が靴職人になるという気持ちを母・景子さんに打ち明けると、「親方も中学を出ただけで角界に飛び込んで苦労を重ねて横綱になった。狭い日本で学歴にこだわるより、若いうちから海外に出て手に職を持つほうが今の時代に合っている。学歴なんて意味ない。」と、後押ししてくれたという。


Sponsored Link


Comment

  1. […] …花田優一 靴職人は貴乃花の息子!店の場所や名前は?値段は高い? […]

▲トップへ戻る