木村拓哉の娘の学校は桐朋女子高校?フルートの実力はコンクールで優勝するほどだった!?

木村拓哉 画像

元スマップ・木村拓哉(44)の娘で長女・心美ちゃん(15)が、この4月から高校1年生になることから、「女性自身」は母親の工藤静香(47)と次女・光希ちゃん(14)が心美ちゃんの入学式典に参加する姿を報じている。

 

記事によると、心美ちゃんが入学した高校は、都内有数の難関校で、奏者を目指す選り優れた人材が全国から集まるところだとか。

 

心美ちゃんは幼少期からフルートやピアノを習い、フルートではコンクールで最優秀賞を受賞するなど、実力は相当の腕前といわれる。

 

高校でも専攻課程のあるところに進んだといい、ネット上では「キムタクの娘はどこの高校へ入学した?」と、話題になっている。

 

はたして、心美ちゃんが入学した学校はどこなのか。

 

予想されているのは、調布にある「桐朋女子高校」。桐朋女子は音楽の名門で全国区から優秀な生徒が集まる学校で、普通科は女子校、音楽科は共学になっている。

 

ネット上ではやはり心美ちゃんが入学したのは「桐朋女子高校」の音楽科ではないかとの見解だ。


Sponsored Link


木村拓哉の娘の学校は桐朋女子高校?

木村拓哉と工藤静香の間には2人の娘がいるが、2人揃ってフルート奏者を目指しているのだそう。

 

中学は渋谷の「ブリティッシュ・スクール・イン・東京」に通い日本語、英語、フランス語の3カ国語を話すという。

 

「ブリティッシュ・スクール・イン・東京」は日本で唯一の英国式インターナショナルスクール。年間の学費が220万円する学校なので、木村家は娘2人分の教育費を相当かけている。

 

しかも心美ちゃんは交響楽団の先生にフルートの個人レッスンを受けるなど、本気のレッスンも受けてきたという。

 

そのため高校受験は『本格的にフルートを学びたい』という思いが募り、音楽教育の土壌がしっかりしている高校を選んだそうだ。

 

そして、心美ちゃんが入学したと思われる「桐朋女子高校」は著名な出身者が勢ぞろい。

 

ヴァイオリニストの高嶋ちさ子や指揮者の小澤征爾、その他にもピアニストや歌手など様々な音楽関係者が「桐朋女子高校」の音楽科を卒業している。

 

また、桐朋女子は私立だけに学費以外にレッスン料や寄付など合わせると相当金がかかるとか。裕福な家庭の子しか到底無理な学校だという。


Sponsored Link


木村拓哉の娘のフルートの実力はコンクールで優勝するほど?

木村拓哉は娘2人に幼少期からフルートやピアノを習わせてきたといい、その実力も相当なものだとか。

 

心美ちゃんに至っては、高校進学を控えた去年に「フランスへの音楽留学を真剣に検討中」と報じられていた。

 

母親の工藤静香は2人の娘に「キムタクの娘」という現実を超えて自立して生きていけるようになってほしいと強く願ってきたという。

 

普通の幼稚園に通わせず、3才からインターナショナルスクールを選んだのも“世界で通用する人になってほしい”という思いから。

 

幼少期からフルートやピアノ、バイオリンを週1回の習いではなく、本格的な指導のため自宅には完全防音のスタジオを完備、名門教室などに通わせたのだ。

 

実際、心美ちゃんと光希ちゃんは、フルートの演奏「ヤマノジュニアフルートコンクール」に出場した際、心美ちゃんは最優秀賞、光希ちゃんは優秀賞を受賞している。

 

心美ちゃんの最優秀賞は、そのコンクールで優勝したようなもの。将来はフルート奏者を目指しているそうだが、娘たちは両親の良いところを受け継ぎ、美系でスタイル抜群だということから大物プロダクションの誘いもあるのだとか。

 

はたして、その行く先はどうなるのか?

 

今後ますます目が離せない。


Sponsored Link


▲トップへ戻る