武井壮が結婚した嫁 山田海蜂の画像 離婚の原因は浮気?DV?

武井壮 画像

“百獣の王”ことタレントの武井壮(43)が、元交際相手の女性から訴えられ、裁判沙汰になっていたことを週刊文春が報じている。

 

しかも武井に結婚歴があることが判明。相手はオリンピック出場歴がある女性アスリートとのこと。

 

武井はその嫁と2004年に結婚するも1年足らずで離婚。訴えられたのは、その後に交際していた女性だといい、最終的には和解して決着がついたという。

 

その他詳しいことは26日(水曜日)発売号の週刊文春で報じるようだが、今回の報道では武井が結婚していたことに注目が集まっている。

 

ネット上で噂されている元嫁の名前は1992年のバルセロナ五輪、 1996年のアトランタ五輪に出場した新体操の山田海蜂(やまだ みほ43歳)画像あり。

 

ともに元マッスルミュージカルのメンバーだったことがきっかけではないかと言われている。

 

ただ、1年足らずで離婚しているということしか分かっておらず、離婚の原因についても詳しく分かっていない。

 

元交際相手の女性とトラブルになった原因は武井の浮気だったらしく、その上にDV疑惑もあったのだとか。

 

それらを踏まえると、元嫁との離婚原因も武井の浮気やDVの可能性があったとみられる。


Sponsored Link


武井壮が結婚した嫁 山田海蜂の画像

今回の報道で、武井壮に結婚歴があることが判明した。

 

文春の記事によると、武井は2004年にオリンピック出場歴がある女性アスリートと結婚。しかし1年足らずで離婚したとしている。

 

その後、武井のファンだった女性と07年ごろから交際。武井はその女性や知人とTという会社を設立したという。

 

そしてその女性が出資して会社の役員になり、武井の身の回りの世話をするのだが、武井が浮気していたことを知り、貢いだ金と出資した金と慰謝料を含めて訴訟を起こしたということである。

 

現在の武井は個人事務所「スペシャリストジャパン」を設立してウハウハ状態。高級車を乗り回すなど羽振りがよい。

 

Tという会社がどうなったのか分からないが、今の事務所とは関係ないようだ。

 

また、武井がバツイチだったということで、元嫁の存在が気になるところ。噂になっているのは、結婚していた時期などから察するに、1992年のバルセロナ五輪、 1996年のアトランタ五輪に出場した新体操の山田海蜂(画像あり)ではないかとのこと。

 

山田海蜂と武井壮は元マッスルミュージカルメンバー。

 

(元嫁 山田海蜂の画像)

武井壮 元嫁 山田海蜂 画像

出典元:山田海蜂公式ブログより

 

山田は現役引退後、 東京大学総合教育学科研究生を経て、日本女子体育大学大学院スポーツ科学研究科にて運動学を修了。

 

ポールスターピラティス・コンプリヘンシブの資格を取得するなど、これまでの競技生活・大学での指導経験・そしてダンスで学んできたことを活かし、現在、病院では中高齢者の運動指導、スタジオにてピラティスの指導と、
芸術・しなやかなそして強い表現運動を求め研究しつつ、パフォーマーとしても活動している。

 

また最近ではTBSのスポーツ特番「SASUKE」に女性挑戦者として出場。結果はダメだったが、まだまだ現役のアスリート並に活動している。


Sponsored Link


武井壮が離婚した原因は浮気?DV?

武井壮が元交際相手の女性とトラブルになった原因は武井の浮気だったらしく、その相手はレースクィーンだったとか。

 

文春の取材にも自分が浮気性なことを認めている。

 

さらには、トラブルになった時、借用書まで書かされているらしく、裁判所に提出する訴状に「DV」があったことも掲載されているという。

 

結局裁判では、武井が元交際女性に分割で支払うことで和解。この件については解決している。

 

そして今回の報道で武井がバツイチだったことが判明し、元嫁が山田海蜂ではないかということになっているが、1年もしないうちに離婚した原因は何だったのか。

 

2004年頃といえば、武井はまだ芸能界へ入るか入らないかの年で、金もないはず。浮気する余裕があったのか疑問が残る。

 

だとすれば、元交際女性の時のように「DV疑惑」もありえるが、いかんせんはっきりとした理由が分かっていない。

 

いつか武井本人の口から真実が語られる日まで待つしかないようだ。


Sponsored Link


▲トップへ戻る