林真須美は冤罪?真犯人は夫が知っている!?子供は施設で虐待を受けていた!

林真須美 画像

1998年、和歌山市園部の夏祭りでカレーにヒ素が混入され、67人もの死傷者がでた「和歌山毒物カレー事件」は発生から19年目を迎える。

 

犯人として逮捕された林真須美死刑囚は、2009年に最高裁にて死刑が確定したが無実を訴え、現在も再審請求中。

 

不自然な点や動機の解明もできていない状況の中、刑が確定したが、有罪の決め手になったヒ素の鑑定データを再分析すると、「林家で見つかったヒ素」と「現場で見つかったヒ素」が異なる物だと判明した。

 

そういった経緯から最近では、真須美死刑囚の冤罪を疑う声も増してきている。

 

真須美死刑囚の子供である次女を疑う声や誰かをかばっている、あるいは真須美死刑囚を犯人に仕立て上げた人物がいるなど、世間の意見はさまざま。

 

物的証拠も動機もなく犯人として逮捕されたのは「ロス疑惑の三浦和義と林真須美だけだ」なんていう声も聞こえてくる。

 

実際、夫の林健治氏も真須美死刑囚の冤罪を主張。真犯人についても誰なのか、知っている様子である。

 

だとすると、真犯人は一体誰なのか。

 

今回は両親が逮捕された後、施設に入った息子が性的虐待を受けていたことにも触れていこうと思う。


Sponsored Link


林真須美は冤罪?

1998年7月25日、和歌山市園部地区で行われた夏祭りで、カレーを食べた67人が腹痛や吐き気などを訴えて病院に搬送された「和歌山毒物カレー事件」は当時、カレー鍋を一人で作っていた林真須美が犯人として逮捕された。

 

カレー鍋にはヒ素が混入されていたことが判明。ヒ素は真須美死刑囚の自宅で見つかったものと同じであると結論付けられたのである。

 

しかし、最近になって「林家で見つかったヒ素」と「現場で見つかったヒ素」が異なる物だと判明。真須美死刑囚の冤罪が浮上してきている。

 

真須美死刑囚と夫の健治氏は以前、ヒ素を使って保険金詐欺を働いていた過去があり、カレー事件でも保険金目的での犯行と思われた。

 

だが、よく考えてみると、このような事件では保険金は出ない。真須美死刑囚は損得でしか動かないというのだから、事件を起こしても何のメリットもない。

 

しかも夏祭りには自分の子供もいたというから、事件を起こすとは思えないとの声が上がっている。


Sponsored Link


林真須美は冤罪で真犯人は夫が知っている?

もしかすると真犯人を警察はミスで取り逃がしているのかもしれない。

 

そう話すのは林真須美死刑囚の夫・健治氏だ。

 

当時、真須美死刑囚はカレーを作っていたから、容易にヒ素を入れることが出来た。しかもヒ素は自宅にあった。

 

性格的にキレやすいタイプなので、住民と揉め事があり、腹が立ってヒ素を入れたことになっているが、健治氏いわく、同じ条件を満たしている人物が町内にまだいるという。

 

その人物もカレー鍋にヒ素を入れることが出来たといい、住民との揉め事もしょっちゅうあったそうだ。

 

林家よりも長く園部に居住している元祖トラブルメーカーで、真須美死刑囚ともよくもめて怒鳴りあいしたこともあったとか。

 

しかもその人物はカレーを食べいるが一人平然としている。みんな吐いて大変なのに一人だけ笑っていたらしい。

 

自分が入れたのがバレるのが怖くて、少しだけ食べて、被害者ヅラしているのではないかと語っている。

 

その人物こそが真犯人だと健治氏は睨んでいるようだ。

林真須美の子供が施設で虐待を受けていた

林真須美死刑囚には4人の子供がいる。

 

子供は娘が3人、息子が1人で、両親が逮捕された時に息子は施設に預けられた。

 

虐待した20代の女性非常勤職員は2002年1月に同施設に採用され、息子が中学3年生になった2003年2月、施設内の部屋で性的虐待が始まったという。

 

行為の後、職員は息子に対して口止めした。

 

当時の息子は両親が事件の被告人であるという弱みがあったため、関係の強要に対し、反抗出来なかったという。

 

関係は息子が高校3年になる直前の2005年3月頃まで続いたが、息子が姉に被害を訴えたことによって発覚。

 

和歌山県は女性職員の保育士資格を抹消、施設はこの女性職員を懲戒解雇している。


Sponsored Link


▲トップへ戻る