吉田純子死刑囚 子供(娘)の名前は?堤美由紀と関係を結んでいた!

吉田純子 死刑囚 画像

看護師4人組による「久留米看護師連続保険金殺人事件」とは、2002年に発覚した福岡県久留米市に住む女性看護師4人による保険金連続殺人事件。

 

犯人は4人組みの看護師で、名前は吉田純子死刑囚・堤美由紀被告・石井ヒト美被告・池上和子被告で、この事件を元にしたドラマ「黒い看護婦」も制作された。

 

4人は看護師の知識を悪用し、共謀して保険金をかけ、自分たちの夫を連続して始末。

 

だが、2001年8月、石井ヒト美被告がこれまで犯した罪を後悔し、警察に自首したことにより残りの3人も逮捕され事件が発覚する。

 

「久留米看護師連続保険金殺人事件」と名付けられたこの事件は、主犯が吉田純子死刑囚、他3人は吉田死刑囚の言いなりで犯行に荷担。

 

中でも吉田死刑囚と堤美由紀被告は同姓愛関係にあったという。

 

当時、吉田死刑囚には、自衛官の夫と3人の子供(娘)がいた。子供の名前は長女・紀子、二女・エリ、三女・さやかで、夫の浩次とは別居中だった。

 

事件が発覚するまで吉田死刑囚は、久留米市内の高級マンションの最上階に3人の娘と同居。堤被告・石井被告・池上被告も吉田死刑囚と同じマンションの3階に居住していたといい、吉田死刑囚は、「人間は嘘をつくが、金は裏切らない」と公言。

 

金や物への執着が異常に強く、自己顕示欲が人一倍強い性格だった。

 

2004年に行われた一審判決では吉田純子に死刑、堤美由紀に無期懲役、石井ヒト美に懲役17年の判決が下り、残る池上和子に関しては判決前に拘置所にて子宮ガンのため病死した。

 

3人は判決を不服に控訴したが棄却され、堤、石井の刑は確定。吉田は2010年、最高裁で死刑が確定し、2016年3月25日に死刑執行された。


Sponsored Link


吉田純子死刑囚 子供(娘)の名前は?

看護師4人組による「久留米看護師連続保険金殺人事件」は、1998年1月24日、看護師だった吉田純子(当時33)が、看護学校の同級生だった堤美由紀、池上和子、石井ヒト美と共謀して、池上の夫(当時39)の命を奪った。

 

吉田死刑囚らは、池上被告の夫を始末して保険会社から保険金3500万円をだまし取ったのである。

 

あっけなくうまくいったことに吉田死刑囚は段々とエスカレート。翌年の1999年3月27日、吉田死刑囚は次のターゲットとして石井被告の夫(当時44)を同様に始末することを計画する。

 

その後計画を実行した吉田死刑囚らは、ふたたび石井被告の夫の保険金3200万円をだまし取ることに成功した。

 

だが、2001年8月、石井被告は犯した罪を後悔し警察に自首。警察は、石井被告の自供に基づいて裏づけ捜査を行う。

 

その結果、2002年4月28日、警察は主犯の吉田死刑囚をはじめ堤被告、池上被告、石井被告の4人を逮捕。

 

逮捕後の取調べでは、2000年5月に堤被告の母親宅に侵入し、インスリン注射で眠らせてから始末し、金品を奪おうとした未遂事件も発覚する。

 

実は、この事件で主犯格だった吉田死刑囚は、だましとった保険金をすべて奪い取っていたのである。

 

逮捕されたとき、吉田死刑囚は久留米市内の高級マンションの最上階に子供3人と住み他の3人を隷属させていた。

 

同居していた3人の娘も当時はまだ子供。長女が1983年生まれ、次女が1987年、三女が1989年で名前が長女・紀子、二女・エリ、三女・さやかと、されている。

 

女4人は、いずれも聖マリア看護専門学校で出会い、卒業後、吉田死刑囚の呼びかけで再び集結し、事件に手を染めてしまったのである。


Sponsored Link


吉田純子と堤美由紀は関係を結んでいた

看護師4人組による「久留米看護師連続保険金殺人事件」は、共犯者の石井被告が犯した罪を後悔し警察に自首したことにより事件が解決。

 

しかも吉田純子死刑囚は3人の弱みを握り、トラブルを解決すると言って金を巻き上げ、自分に完全服従させていたのである。

 

自首した石井被告らは、吉田死刑囚と同じマンション3階の3LDKの部屋に住んでいたが、吉田死刑囚に利用された挙句、750万円をだまし取られており、堤美由紀被告とは同姓愛関係にあった。

 

そもそも吉田死刑囚は、別居していた夫の相続財産を担保に3千万円を借金した上、夫にローンを組ませて9階建てのマンションの最上階にある4LDKに子供と同居するという身分。

 

だまし取った金で贅沢な暮らしをしながら、3人に自分と同じマンションに住むよう強要するなど、奴隷や召し使いのように扱い人生を狂わせたのだった。

 

そんな吉田死刑囚は二審判決直前の2006年5月、弁護人を通じ報道機関に手記を寄せている。

 

手記には、一審判決で「主犯格」とされたことを否定し、「もちつ、もたれつの中、知恵を出し合い、共謀へと及んだ哀しい結果だったのです」と書かれていた。

 

さらには、「被害者の方々の魂が、どうか、天国で安らかでありますように。心より、お詫び申し上げます」と結んだが、2010年に死刑が確定。

 

2016年3月25日に刑が執行され、現在はこの世にいない。


Sponsored Link


▲トップへ戻る