沖田浩之の死因には兄の借金が理由にあった!?山本陽子との間に子供がいる?

沖田浩之 画像

3月7日放送の「芸能人が実体験を告白!最悪の一日」では、芸能人が体験した実話のミステリーを本人のインタビューのもと、再現ドラマで描く「最悪体験再現バラエティー」第2弾!として、女優・川上麻衣子が18年前に自ら命を絶った俳優・沖田浩之さんにまつわる“悔やんでも悔やみきれない最悪の一日”について初告白する。

 

沖田さんが亡くなった当時、その理由として「女性問題」や「仕事に悩んでいた」などと報じられたが、「週刊新潮」は亡くなった原因として、「はっきり言って兄の借金問題が理由にあった」と沖田さんの死因にまつわる話を報じている。

 

川上は今回の番組で、亡くなる1ヶ月前に沖田さんから電話があったことを告白。

 

これまで沖田さんが川上に悩みを話すことなどまったくなかったが、生涯のうちで2本の電話をもらったことがあったそうだ。

 

1本目の電話は恋愛相談。そして2本目こそが、悔やんでも悔やみきれない電話だったのだという。

 

最後の電話の内容から、川上は後悔を深く心に刻んでいるということだが、はたしてその理由とは?

 

また、生前の沖田さんに山本陽子との子供がいたというウワサがあるが、その真相は?

 

今回は1999年3月、36歳の若さでこの世を去った沖田浩之さんのウワサについて迫ってみようと思う。


Sponsored Link


沖田浩之の死因には兄の借金が理由にあった?

1980年代に社会現象となった「竹の子族」から芸能界入りした沖田浩之さんは、ドラマ「3年B組金八先生」などに出演。アイドルとして、また俳優としても活躍した。

 

沖田さんは1995年に一般女性の千代子さんと結婚。子供も授かり、子育てが趣味と言うくらい子煩悩だったが、4年後の99年、神奈川県川崎市内の自宅で自ら命を絶った。

 

死因が自死だけに世間に衝撃を与えたが、報道では、この件に関して第一発見者は子供で、「お父さんが寝てるよーっと言ったため嫁が気付いた」と報じている。

 

そして、沖田さんが亡くなった原因について、「借金問題が理由だった」と週刊新潮が報じたのだった。

 

当初、沖田さんの自死には、事務所の社長である津川雅彦氏の言動に原因があったとされていた。

 

津川氏と沖田さんは亡くなる前日一緒に酒を飲んでおり、津川氏は役者として悩みを抱えていた沖田さんに厳しいことを言ってしまったとか。

 

自分の叱責が自死の原因ではないかと後悔の念を抱いていたという津川氏だが、本当の理由はやっぱり金銭問題。

 

沖田さんは兄が抱えている借金の連帯保証人になっていたということだ。


Sponsored Link


沖田さんの兄は、神奈川県の川崎市内で不動産業やゴルフ会員権を扱う会社を経営する父親のあとを継いでいたが、その業績は決して順調ではなかったという。

 

しかも沖田さんが亡くなる3年前、父親が会社を傾かせた長男を心配して“俺の保険金で負債を返済しろ”と言い残して自ら命を絶っている。

 

以来、沖田さんにも巨額の借金があるのではとのウワサが囁かれてきた。

 

当時の登記簿謄本を見ると、兄が社長を務めていた「共栄不動産」は極度額3億円もの根抵当権が設定されていたといい、実家の方は弟の沖田さんが相続していたものの、地元の金融機関から8000万円の抵当権が設定されていたということである。

 

こうして沖田さんの死因の裏には、兄が作った借金苦によるものだと報道。

 

当の兄は沖田さんが亡くなって3年後の02年4月に自ら命を絶った。

 

沖田さんの家計では、本人以外にも弁護士の祖父が裁判上でのトラブル、父親が子供の借金のため、会社経営がうまくいかなかった兄の4人が自ら命を絶っている。

 

そして現在、沖田さんの死に兄の借金が関わっていたのかどうかの真相は謎のままだが、残された嫁の千代子さんは再婚し、子供も随分と大きな娘さんになっているということだ。


Sponsored Link


沖田浩之と山本陽子との間に子供がいる?

生前の沖田浩之さんは女優の山本陽子と交際しているというウワサがあった。

 

当時、沖田さんが20歳、山本が40歳と20歳差カップルとして世間を騒がせ、しかも子供まで居るという噂が立っていた。

 

2人の関係はドラマ「愛を裁けますか」で初共演したのがきっかけ。山本が高校教師、沖田さんが教え子役だった。

 

沖田さんのマネジャーは「(ドラマでの関係もあって)演技や人生観など、いろいろアドバイスしてもらっているようですね」とコメント。

 

当時の沖田さんは、山本陽子をはじめ、加賀まりこや松原千恵子が好きなどと、熟女好きなのを告白している。

 

その後2人の熱愛報道は加熱するばかり。「山本のマンションに沖田が出入りして、時には泊まることも」「2人は陽子さん、ヒロくんと呼び合い、年齢差を感じさせない親密さを見せている」といったウワサが飛び交った。

 

だが、このスキャンダルも沖田さんは「山本陽子さんのことは好きですよ。好きだけど恋人なんかじゃない」と恋人関係を否定。

 

山本も「恋人?うれしいわァ、そんな若い子、ハハハ」「男と女の関係があったら意識的に私の家には来ませんよ」と語ったという。

 

結局、子供に関してもウワサだけ。85年のドラマ「二度目のさよなら」で、山本演じる人妻が14歳年下の青年・沖田さんの子どもを身ごもるという設定から子供がいるというウワサになっただけだった。

 

その後2人の関係は徐々に変化していく。

 

86年に沖田さんの母親が「ウチの息子をいったいどうするつもりなんですか」と山本に詰め寄ったかと思えば、沖田さんは新人女優にちょっかいを出しているというウワサが立った。

 

山本は「まじめに結婚したいと考えている」と答えていたようだが、最終的に2人は破局したということだ。


Sponsored Link


▲トップへ戻る