オードリー春日 エアロビ 南関東大会の結果!全国大会の場所と日時は?

オードリー春日 エアロビ 画像

11月4日の「炎の体育会TV」は、「快挙!春日エアロビで表彰台!全国大会に進出決定SP」を放送する。

 

エアロビで全国大会を目指すオードリーの春日俊彰(38)は、8月11日開催の大阪大会に初挑戦。

 

だが、最終順位は5位という結果に終わった。

 

3位までに入れると全国大会出場の切符が与えられたのだが、細かいミスを連発。

 

5月から春日のコーチを務めたパウロ氏が激怒して、会場を後にする様子などが前回に放送された。

 

この結果を受け、春日は最終チャンスとなる南関東大会に出場し、全国大会出場権獲得を目指すことに。

 

南関東大会も前回同様、3位以内が全国大会出場への条件になる。

 

春日は再びパウロコーチを迎え、全国大会出場に向けた猛特訓をスタートさせたという。

 

そして、南関東大会に出場した結果、春日は全国大会出場の条件を達成。みごと表彰台を獲得した。

 

この模様を密着した映像が4日の「炎の体育会TV」で放送されるようだが、順位の方は伏せられている。

 

ということで、ここでは、南関東大会に出場した春日の結果をネタバレ。

 

放送で結果を見たい人は気を付けてもらいたい。


Sponsored Link


オードリー春日 エアロビ 南関東大会の結果

エアロビで全国大会を目指すオードリーの春日俊彰だが、8月11日開催の大阪大会では5位という結果に終わった。

 

そして、最終チャンスとなる南関東大会に懸けた結果、みごと優勝し、全国大会への切符を獲得したのである。

 

※第29回全日本エアロビクスコンテスト 南関東大会

【男子シングル】
オードリー春日 第29回全日本エアロビクスコンテスト 南関東大会 結果

 

これまで春日は、フィンスイミングの大会に出場し、団体種目で銅メダルを獲得。ボディビル選手権大会75kg級へ出場すると5位に入賞。

 

ほかにもレスリングなどさまざまな競技に挑んできた。

 

そして、今回はエアロビ日本一を目指し、5度の世界王者に輝いたブラジル人・パウロ氏をコーチに招へい。

 

5月から仕事の合間を縫って厳しい練習を続けてきた。

 

パウロコーチの経歴などはこちら…オードリー春日のエアロビ 結果(ネタバレ)順位は?全国大会に出場決定!?



Sponsored Link


前回の大阪大会で春日は、持ちギャグを入れた演技を披露。演技後は観客席からは大きな歓声が上がった。

 

しかし、春日は細かいミスを連発したため5位という結果に。

 

競技後の春日を出迎えたパウロコーチは、春日が練習通りにしなかったことに激怒し、会場を後にした。

 

パウロコーチが激怒した理由は、登場に52秒もかけたからだった。

 

本来、登場は19秒以内というルールなのに春日は、盛り上がる観客を前に調子に乗り、19秒のルールを忘れてしまっていたのだ。

 

前回の放送では、スタジオでVTRを見たあき竹城は、春日に謝りに行くよう促す。

 

収録後、春日がパウロコーチに謝りに行ったところで番組は終了した。

 

そして春日の熱意を受け取ったパウロコーチは、もう一度指導を承諾。

 

今度は可能な範囲内で難易度を上げた振り付けにし、加点を狙いにいく作戦に変更し、練習では基礎である柔軟性を徹底的に高め、新たな技に取り組んだという。


Sponsored Link


オードリー春日のエアロビ 全国大会の場所と日時は?

前回、エアロビ全国大会出場を逃したオードリー春日は、スケジュールの都合で、南関東大会が最終チャレンジとなった。

 

そしてみごと優勝を飾り、全国大会出場の権利を獲得。勝利の要因は、振りの難易度を上げたことが今回の結果につながったという。

 

全日本エアロビクスコンテストは、12地区で行われる予選のいずれかで好成績を残せば、全国大会への出場権が得られる。

 

今回の春日は、前回のように笑いを誘うことも、演技中にふざけることもなく100%を出し切った演技を披露。

 

そもそも競技を始めた当初は、50センチしか上がらなかった両足開脚ジャンプも今では1メートル以上跳べるまでに急成長しているという。

 

なお、今後のスケジュールだが、オードリー春日が出場する「第29回全日本エアロビクスコンテスト全国大会」の日時は、11月11日に開催される。

 

場所は兵庫県神戸市にある「六甲アイランド・神戸ファッションマート」の1Fアトリウムプラザが特設会場。

 

本番まであと1週間と迫っている。


Sponsored Link


▲トップへ戻る