そして父になるの結末 原作(実話)ではどっちを選択?キャストの子役の性別が違う!?

そして父になる 映画

福山雅治が初の父親役を演じて話題となった映画「そして父になる」が、9月16日の土曜プレミアムで放送される。

 

2013年に公開された「そして父になる」は、第66回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞するなど、数々の賞に輝いた感動作。

 

病院で子供を取り違えられてしまった2組の家族の葛藤が描かれており、主演の福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキーらがキャストで出演する。

 

本作品は、1971年に沖縄で実際に起きた「新生児取り違え事件」の実話をもとにジャーナリストの奥野修司氏が書いたノンフィクション「ねじれた絆―赤ちゃん取り違え事件の十七年」が原作モデル。

 

この頃はこうした悲劇が相次いでおり、「ねじれた絆―赤ちゃん取り違え事件」を原作にした作品は、過去にも数多く制作されており、本作品もそのひとつである。

 

そんな本作品は、実話を書いた「ねじれた絆―」と多くの類似点が存在するが、ラストの中途半端な結末に違和感が残った人も多い。

 

6年間育てた他人の子か、それとも実の子か、福山演じる良多がどっちを選択したのかが、分からない結末にしてあるからだ。(子役は男の子だったが、原作は女の子)

 

そして今回は、映画「そして父になる」のキャストや結末を、原作と比較したものをまとめてみた。

Sponsored Link


そして父になるの結末は?原作(実話)はどっち?

数々の賞を受賞し、感動大作となった「そして父になる」は、子供が6歳のときに病院が赤ちゃんを取り違えていたことが発覚。

 

ここからストーリーがスタート。その後は病院との裁判が行われながら、間違われた同士の家族の交流が始まっていく。

 

まず慣れるためにと、週末ごとに子供を交換して泊まらせ、最後は小学校へ入学する前に実の親が血のつながった子供を引き取るという予定だった。

 

本作品は、実話を書いた原作「ねじれた絆―」をモデルに描いているので、ほぼ同じような設定に仕上がっているが、あるはずの結末が描かれていない。

 

親からすれば、どっちを選択すのが正しいのか?6年間育てた子供を取るのか、それとも血が繋がっている実の子を取るのか。

 

子供からしても、育ての親か、生みの親か?

 

結局どっちを選択しても正解なのだろうが、実話を書いた原作の方ではその結末が描かれている。

 

2組の家族は以降も断絶せず、頻繁に互いの家を行き来する。そして最後は同じ敷地に一緒に住むようになるというのが原作「ねじれた絆―」だ。

Sponsored Link


そして父になる キャストの子役の性別が違う

原作に登場する子供は6歳の女の子だが、映画「そして父になる」では、取り違えられた子供が6歳の男の子という設定。

 

福山演じる野々宮家の息子・慶多役を、子役の二宮慶多(にのみやけいた)くん(現在11歳)が演じている。

 

一方、リリー・フランキー演じる斎木家の長男・琉晴役は、子役の黄升炫(おうしょうげん)くん(現在12歳)が演じていた。

 

2組の家族、2人の父親は、対照的に描かれており、福山が演じる野々宮良多は、一流大学を出て、一流企業に勤め、高級マンションで妻と息子と暮らす。

 

一方、取り替えられていた相手側の家族の父親・斎木雄大を演じるのは、リリー・フランキー。

 

斎木家には3人の子供と妻とボケているおじいちゃがいて、電気屋を営んでいる。

 

また、両家を行き来するにはかなり距離が遠い設定だったが、原作の方の家族はともに沖縄。

 

たしかに「そして父になる」と原作「ねじれた絆―」の類似点は細かいところまで及ぶが、所々変更点が見受けられる。

 

そして、「こういうかたちで映画になって、どうも納得できない」と言う人がいる。

 

そう訴えるのは、原作「ねじれた絆―」のモデルとなった母親だ。

 

本作品では、取り違えが発覚した際、病院側から半年後をメドに交換してはと告げられ、キャストのリリー・フランキー演じる斎木家の父親が「犬や猫じゃあるまいし」とあきれかえるシーンがある。

 

このシーンについて、実際に映画を見た母親は、病院側からわずか数か月後の交換を勧められたことは確かだが、あのセリフ(犬や猫の子供ではない)を言ったのは、実は母親の方だったとか。

 

さらに子供を交換する前に洋服とか自分の荷物をまとめるシーンは、自分の体験と重なったようだが、その後、子供が苦しんだ部分はサラっと流されているという。

 

「本当に自分たちの“心の傷”をわかったうえで映画にしているのかな?」と、母親は語っており、ラストも中途半端な終り方をしていて違和感が残ったと語る。

 

ずっと苦しみながら生きてきたという母親からすれば、本作品は、自分たち家族のことを軽く扱っているように映ったのかもしれない。

 

※キャスト一覧

・野々宮良多/福山雅治

・野々宮みどり(良多の妻)/尾野真千子

・野々宮慶多(良多の息子)/二宮慶多

・石関里子(みどりの母)/樹木希林

・野々宮大輔(良多の兄)/高橋和也

・野々宮のぶ子(良多の義母)/風吹ジュン

・野々宮良輔(良多の父)/夏八木勲

・斎木ゆかり/真木よう子

・斎木雄大(ゆかりの夫)/リリー・フランキー

・斎木琉晴(雄大の長男)/黄升炫

・斎木美結(雄大の長女)/滝沢美結

・斎木大和(雄大の二男)/押場大和

・良多が勤務する会社の社員/吉田羊

・上山一至(良多の上司)/國村隼

・宮崎祥子(看護師)/中村ゆり

・宮崎祥子の夫/ピエール瀧

・鈴本悟(弁護士)/田中哲司

・山辺真一/井浦新

・病院の職員/小倉一郎

・織間忠治/大河内浩

Sponsored Link


▲トップへ戻る