木村文乃の旦那 千葉大樹(画像)は 映画クロッシングの監督だった!

木村文乃 画像

女優の木村文乃(29)が今月11日に30代後半の演技講師と結婚していたことがわかった。

 

旦那になったのは、木村が所属する事務所運営のワークショップで演技指導の講師をしている千葉大樹氏=39歳。(画像あり)

 

2人は出会ってから数年間は師弟関係だったが、木村は次第にひかれていき、数年前から交際に発展していたという。

 

旦那の千葉大樹氏は現在、複数のワークショップで指導に当たっている。もともとアメリカの大学で6年間に渡って本場の「メソッドアクティング」を学び、帰国後は演技トレーナーとして数々の若手を指導。

 

さらには、脚本家、映画監督として蒼井優主演の短編映画「MEMOIR(03)」の脚本、プロデュースやネット用長編映画「クロッシング(09)」の監督、脚本、プロデュースを務めるなど自身の映画制作にも力を注いでいる。

 

木村文乃に至っては、これまで熱愛や交際が伝えられなかったこともあり、今回の結婚報道はファンに衝撃を与えることとなった。

 

早くも”ふみロス”現象が起こっているようなので、当分の間、話題が尽きそうもないであろう。


Sponsored Link


木村文乃の旦那 千葉大樹の画像

木村文乃の旦那・千葉大樹氏(画像あり)は、誠実な人柄で、多くの生徒から慕われているといい、自身も映画の脚本、プロデュース、監督をしていることから2人は今でもよく演劇論を交わし、互いに切磋琢磨しているようだ。

 

(千葉大樹の画像)
木村文乃 旦那 千葉大樹 画像

 

木村文乃は小栗旬や綾野剛が所属する「トライストーン・エンタテイメント」で約5年前から千葉氏に演技指導を仰いでいたが、数年前から本格的な交際に発展。

 

男性以外にも、20~30代の女性に高い支持を得ているが、静かに幸せをつかんでいたようだ。

 

報道によると、「1並び」の11月11日に都内の区役所に婚姻届を提出。妊娠はしておらず仕事は続けるそうで、挙式や披露宴をする予定はないという。

 

今後も精力的に女優業に励んでいくということなので、来年のキムタク主演のTBS系連続ドラマ「A LIFE~愛しき人~」にも予定通り出演。以降も出演ドラマの放送や出演映画の公開が相次ぐ。


Sponsored Link


千葉大樹は映画クロッシングの監督

木村文乃の旦那・千葉大樹氏は、脚本家を志してアメリカLAに渡米。22歳の時に四谷怪談をベースにした長編ホラー映画「SCAR(00)」の脚本プロデュースを手がけており、その作品はLAの劇場で一般公開された。

 

帰国後は脚本家、映画監督として蒼井優主演の短編映画「MEMOIR(03)」(脚本プロデュース)、全編を携帯電話のカメラだけで撮影した「タイムカプセル」(脚本、監督、プロデュース)、ネット用長編映画「クロッシング(09)」(監督、脚本、プロデュース)を自身で制作している。

 

また、ソフィアコッポラの「ロストイントランスレーション」ではキャスティングスタッフとしても参加。

 

2005年から2009年まではJ-WAVEにて映画番組のラジオパーソナリティーも務めるなど、映画評論家としても活躍。

 

演技トレーナーとして、自身が主催する映像演技専門スクール「ピーナッツ」やハリウッド式演技ワークショップ「プラネットキッズ」でレッスン指導に当たっている。

 

2人が出会うこととなった木村所属の芸能事務所「トライストーンエンターテイメント」では数々の若手を指導。

 

レッスンは映画やドラマなど映像演技に特化しているのが特色である。

 

木村は女性として「結婚」という大きな幸せをつかんだ。今後は女優としてさらなる飛躍を遂げることになる。


Sponsored Link


▲トップへ戻る