水戸泉が腎不全で人工透析治療!ステージは4か5! 余命がヤバい!?

水戸泉 画像

10月28日放送の「爆報!THE フライデー」は豪快な塩撒きで人気を博した元関脇・水戸泉(54)の現在に迫る。

 

水戸泉は今年2月に結婚。現在は病気の「腎不全」で人工透析の治療を受け命の危機に直面しているということだが、人工透析を受けているということは、「ステージ4」か「ステージ5」の重症度と考えられる。

 

しかも人工透析は年月の経過で「余命」に関わることにもなり、5年、10年と経過した場合、生存率が低くなるため水戸泉にとっては病状が懸念される。

 

さらに週刊誌は嫁が原因で相撲部屋が崩壊していると報道。番組は嫁を直撃取材。報道の裏には驚きの真相があったということだが・・・。


Sponsored Link


水戸泉が腎不全で人工透析治療

人工透析といえば、つい先日、元フジテレビアナウンサーの長谷川豊氏がブログで日本における人工透析患者に言及したことで炎上し、出演番組を降板させられたばかり。

 

ある意味ホットな話題だが、水戸泉も現在、病気の腎不全を患い透析治療を受けている。

 

そして部屋を持って14年の水戸泉にさらなる試練が待ちうけている。結婚したばかりの嫁を巡って、部屋が崩壊してしまったのだ。

 

嫁はソプラノ歌手の小野友葵子さん(32)。小野さんと同棲するようになって以降、水戸泉は稽古場に顔を出す機会が減り、弟子たちとちゃんこを共にすることもなくなったという。

 

嫁にうつつを抜かす水戸泉への反発で弟子が相次いで辞めており、現在は力士3人の小部屋になってしまったというのだ。

 

また、嫁の評判も最悪。水戸泉が人工透析を始めたっていうのにブログを更新して、水戸泉と天ぷらや寿司を食べたと写真を掲載。

 

本来、部屋のおかみなら透析なんてことにならないように親方の身体に気を付けるのが嫁の仕事なのに、どういうつもりなのかと批判されているのだ。

 

この調子だとマジで水戸泉の病気は治るものも治らないだろう。


Sponsored Link


水戸泉の病気 腎不全はステージ4か5! 余命がヤバい?

重症度の目安となるステージだが、5段階のステージの中で、最も腎不全患者に多いのがステージ3だとされている。

 

ステージ3は加齢に伴う変化でこのステージになった人も少なくないとの見方もあり、腎機能悪化の原因をコントロールすると同時に、血圧や血糖の管理など、さらなる腎機能の悪化を防ぐ治療を受ける必要がある。

 

ステージ4、ステージ5になると、残っている腎臓の機能がさらに低下し、むくみなど、全身に症状が出てくることがある。

 

食事で摂るタンパク質の取りすぎに注意し、十分な血糖・血圧の管理に加えて、貧血や電解質異常の治療薬が必要になる場合があるのだとか。

 

腎機能が悪化すれば、「透析」や「腎臓移植」の準備も必要となるので、ステージ5では、日常生活にも制約が必要な場合がでてくる。

 

従って、現在、「透析治療」を導入している水戸泉は、ステージ4かステージ5だと考えられる。

 

また、慢性腎不全のステージ1から3は、基本的にはかかりつけ医で治療を行っていき、喫煙や過度の飲酒、肥満などがある場合は、生活習慣を改善していくことが重要になるのだとか。

 

慢性腎不全のステージ4は腎機能の「高度低下」、ステージ5では末期腎不全となり、最終的にステージ5の段階になると、腎移植が必要になってくる。

 

では、「透析」や「腎臓移植」の治療が必要なステージ4、ステージ5の「余命」はどうなるのか。

 

「透析」を導入して1年の場合は、87・7%と生存率が高い。5年の場合、生存率は60・3%、10年の場合、生存率は36・2%、15年では生存率22・7%と、年数が絶つにつれ生存率が低くなっている。

 

水戸泉は、透析を開始してから間もないこともあり今のところ安心できるが、5年、10年と経つと「余命」の心配が出てくることになる。


Sponsored Link


▲トップへ戻る