筒井郷太の生い立ちと死刑判決 長崎ストーカー事件はなぜ家族が被害に?

筒井郷太 画像

長崎ストーカー事件とは、2011年12月16日、長崎県西海市で山下美都子さん(当時56歳)、久江さん(当時77歳)が自宅敷地内のワゴン車の荷台で亡くなっているのが見つかった事件である。

 

犯人は山下家の三女(当時23歳)の元交際相手だった筒井郷太被告(当時27歳)。後に死刑判決。

 

三女のストーカー行為を繰り返していた筒井被告は三女が実家に連れ戻されたと思い込み、取り戻そうとして自宅に侵入。

 

そこに帰宅した母親と祖母が被害に遭ってしまった。

 

そして、事件の結末は翌日、長崎市内のホテルにいた筒井被告を長崎県警が見つけ任意同行を求め、住居侵入などで逮捕。

 

当時、筒井被告は被害者の財布2つを所持。さらに筒井被告の着ていた衣服から被害者の血痕が検出された。

 

この「長崎ストーカー事件」の真相は警察の対応に問題があって起きてしまったことにある。

 

山下家はこれまでストーカー被害を訴えていたが、警察は筒井被告に注意していただけのずさんな対応。

 

被害届が出された2日後に2泊3日の旅行に行っていたことなども判明している。

 

さらに事件が起きた12月16日も警察は事前に被害を防げたにもかかわらず筒井被告が実家に向かっている可能性があることを連絡していなかったのだから開いた口が塞がらない。

 

こうした警察の不手際が原因で家族が事件に巻き込まれてしまったのである。

 

今回は長崎ストーカー事件の真相や犯人の筒井郷太被告の生い立ちなどについて迫ってみようと思う。


Sponsored Link


長崎ストーカー事件 筒井郷太の生い立ち

長崎ストーカー事件の犯人・筒井郷太被告の生い立ちだが、筒井被告の家族構成は両親と兄弟3人の6人家族だった。

 

また、筒井被告の生い立ちが書かれたものの中には、「幼少期から他の児童にかみついたり、家族に暴力を振るっていた」「依存性が強く、他罰的な性格だ」などと記せられている。

 

1999年に起こった埼玉県桶川市の女子大生がストーカー被害に遭ったことから2000年に「ストーカー規制法」が制定された。

 

にもかかわらず、事件は警察の不手際から起きてしまった。

 

山下さんの父親・誠さんの手記には、三女へのストーカー行為などについて、長崎、千葉、三重県警に再三捜査を要望したもののたらい回しにされたなどとして「『誰も助けてくれない』と絶望的な気持ちになった」「警察に対して『なぜ』と思うことは山ほどある」と記されている。

筒井郷太被告に死刑判決 なぜ家族が被害に?

三女のストーカー行為を繰り返していた筒井郷太被告は、三女が実家に連れ戻されたと思い込み、取り戻そうとして自宅に侵入。

 

そして帰宅した母親と祖母が被害に遭ってしまったのだが、もしそこに三女も一緒にいれば同じ目に遭っていただろう。

 

筒井被告の公判で姉は「遺書を持ち歩いた」といい、自身も「顔を見られて私も同じ目に遭うと思った」と話した。

 

筒井被告は過去にも別の女性をストーカーしていたとして逮捕されている。

 

要注意人物だと分かっていたはずなのに警察は中々動かなかった。

 

公判では取り調べの任意性・信用性が焦点となり、筒井被告は「否認していたが、警察官から脅され、犯行を認める調書にサインした」などと供述し、無罪を主張。

 

しかし、検察側は「聴取の様子は録音・録画されている」と取り調べの違法性を否定した。

 

そして最終判決は2013年6月14日に開かれ、何ら落ち度のない2人の生命が奪われた結果は重大酌量の余地は全くないとして「死刑」の判決が下された。5人の裁判官全員一致の意見だった。


Sponsored Link


長崎ストーカー事件の真相と結末

長崎ストーカー事件は、2011年12月16日、長崎県西海市でストーカー被害を訴えていた女性の母と祖母が自宅敷地内のワゴン車の荷台で死亡しているのが見つかった事件。

 

そして、翌17日、事件の結末を迎える。長崎県警は三重県桑名市の無職・筒井郷太を殺人、 住居侵入の容疑で逮捕した。

 

筒井被告は、ストーカー被害を訴えていた山下家の三女の元交際相手で、交際を巡るトラブルから犯行を犯したのである。

 

そもそも三女と筒井被告はネットを通じて知り合い2011年2月から交際。

 

当時無職だった筒井被告は、三女が一人暮らしをしていた千葉県習志野市のマンションに居座り日常的に暴力を繰り返していたという。

 

2011年10月29日、三女の父親から相談をうけた長崎県警は、千葉県警に通告。

 

通報を受けた千葉県警は10月30日、筒井被告を呼び出して事情聴取や警告を行った。

 

だが、筒井被告は三女から引き離された事を機に、ストーカー行為を働くことに。

 

三女や三女姉、さらに知人などに 「居場所を教えろ」等の脅迫メールを送っていた。


Sponsored Link


不安を募らせた山下さんは、筒井被告の実家がある三重県桑名市の警察署に電話。

 

12月6日、山下さんらは被害届を出すため長崎から習志野署へ足を運んだ。

 

しかし、警察は「被害届を出すのは1週間待ってほしい」と、言ったという。なぜならこの時、刑事課では複数の事件を抱えており、「筒井被告を起訴まで持ち込める捜査をするために他の案件を片付けてしっかりした体制を作りたかった」と説明。

 

結局、この1週間という判断が、結果として最悪の事態につながる大きな要因となってしまう。

 

被害届が受理されるのを待つ間、山下さんらは千葉にある三女の部屋を片づけていた。

 

12月9日、マンションの前を筒井被告がうろついていたため警察へ通報。

 

千葉県警は12月9日に筒井を再度出頭させ警告を行い、「自分からは連絡を取らない」と応じさせ、実家のある三重県に帰らせた。

 

12月14日、筒井は自宅で父親の顔面を殴り行方不明となる。

 

筒井被告の父親はその後、東京都内で三女の父親とと面会。 「息子が自分の顔を殴り、金を持って姿を消した。気を付けてほしい」と伝えていたという。

 

そして、12月16日に事件が発生するのだが、後に警察はずさんな対応をしていたことが発覚。

 

千葉、三重、長崎の3県警の連携不備や千葉県警習志野署員が山下さんの被害届を先送りして旅行したことも分かり、県警本部長らが処分している。

 

結局、事件の真相は警察の不手際によるもので、犯行は事前に防げた可能性があったものだった。


Sponsored Link


▲トップへ戻る