前田けゑ 15億の資産相続話が怪しい?自宅は家賃40万のタワーマンション

前田けゑ 画像

身内でもないおばあさんの養子縁組になり、養母から15億円の資産を相続したという、なんとも羨ましいことで話題になったカスタネット芸人・前田けゑ(35)が、11月7日放送の「ザ!世界仰天ニュース」に登場する。

 

いったい、どんな経緯で15億もの資産を相続したのだろうか。

 

本人いわく、養子縁組になるまでは、おばあさんの総資産が15億円あることを知らなかったということだが、その話は本当なのだろうか。

 

2016年に15億の資産相続の話を打ち明けているが、ネット上では「なんか怪しい」、「初めから資産目的の養子縁組だったのでは?」などといった疑惑の声が上がっていたのだ。

 

そもそも、養子縁組になるまでの前田はというと、売れないミュージシャン。

 

当時の月収は5万円で、家賃3万円のところに住んでいたという。

 

それが今では、名古屋や東京に数件の不動産を取得。

 

東京の自宅は、家賃40万のタワーマンションで、現在は不動産や飲食店経営を行う実業家として、活動している。

 

芸人は副業としてやっているだけのようだが、前田のカスタネットパフォーマンスは、一部ファンの間では、大人気。

 

よく、番組の進行役を務めていることから、MCとしても人気を博している。

 

今回は、「15億の資産相続話が怪しい」と囁かれている前田けゑについて、まとめてみた。


Sponsored Link


前田けゑ 15億の資産相続話

大阪岸和田出身の前田けゑは、4人兄弟の3男として生まれたが、小2のときに両親が離婚。

 

母親に引き取られた前田だったが、父親が勝手に家を売り払ったため、出ていかないといけなくなり、おじいさんとおばあさんが住む平屋に家族全員が住ませてもらったという。

 

そのため前田は、母子家庭に育っているが、おばあちゃん子でもあったとか。

 

17歳の頃から芸能活動を始めているが、芸人になる前の前田けゑは、アルバイトをいくつも掛け持ちしながらミュージミャン活動をしていたという。

 

そして、前田が25歳の時に転機が訪れる。

 

母親の祖母の友達が、名古屋で暮らしているのだが、一度みんな一緒に名古屋で食事しない?と誘われたのだという。

 

その友達というのが、84歳の資産家のおばあさんだったという。

 

おばあさんには子供がいなく、25年前に夫を亡くしているため身寄りがない状態。

 

おばあさんも数年前から脳梗塞で半身が不自由だったのだ。

 

会ったその日に「養子に来てくれないか」と頼まれたという。

 

身寄りのないおばあさんは前田に「墓を守って欲しい」と言ったそうだ。


Sponsored Link


最初のうちは、おばあさんが資産家だとは聞かされていなかったが、「たまに会ってご飯を食べよう」と誘われるようになり、何度か食事をするうちに、総資産のことなどを話してくれるようになったという。

 

そこで初めておばあさんは名古屋の資産家だったと気付いたのだが、前田にしてみれば、資産のことにはあまり関心がなく、おばあさんの話し相手になれたら良いなという程度だったとか。

 

前田は養子の話にあまり乗る気はなく、「おばあさんを養えないよ」と断ったそうだが、それでも「養子になっても何もしなくていいから、墓だけ守ってほしい」と頼まれたという。

 

だが、当時の前田はアルバイトをしながらミュージシャン活動をしていたので「名古屋に住むのは嫌だな」、「芸能活動も続けて行きたいし…」と思い、そのことをおばあさんに話してみると、「好きなことをやっていいよ、月に1回名古屋に来てくれればいいんだよ。」「私はマンションの大家で、自分の生活費は稼げるから」などと言われたそうだ。

 

このとき前田は、おばあさんに15億の資産があることを知らなかったらしく、また、おばあさんを放っておけない気持ちもあり、2回目に会ったときに養子になる決意を伝えたという。

 

そして、養子になってからは、月1ぐらいで顔を見せていたが、そのうち「1回じゃ足りないから、もっとたくさん会いに来てほしい。名古屋に住んでほしい」と言われて、平日は名古屋・週末は東京という生活に。

 

その後、前田は名古屋と東京を行き来していたが、30歳のときにおばあさんが、熱を出したのをきっかけにして寝たきりになってしまったという。

 

おばあさんが入院して3ヶ月が経ったある日、仕事に出かけると言って新幹線に乗ったところで容態が急変したと連絡があり、慌てて病院に戻ったが、おばあさんは他界してしまった。

 

おばあさんが亡くなったことにより、前田けゑは、「山」「ビル」「マンション」「駐車場」など数カ所、総資産15億円を相続することとなるのだが、1か月以内に相続税5億円を一括で支払わなければならなくなるなど、相続の大変さを体験したのだった。


Sponsored Link


前田けゑが怪しい?自宅は家賃40万のタワーマンション

前田けゑが15億円の総資産を相続した話が怪しいと言われているのは、最初から資産目的の養子だったのではないかということだ。

 

本人は、最初資産のことは聞いていなかったといい、後に祖母から説明があったという。

 

それは、おばあさんが住んでいる名古屋の自宅は跡取りがいないので、昔からおばあちゃんっ子で信用できる前田なら、養子にしても安心という考えがあったようなのだ。

 

また、前田の前にも養子になろうとしていた人物がいたらしいが、金を2億円くらい使い込んで追い出された経験があったとか。

 

その人物は、後に前田が入ったため、嫌がらせの攻撃を仕掛けていたそうで、車のミラーを折られるなどの被害を受けていたという。

 

そんな前田は、15億円の総資産を相続したものの相続税では苦労した。

 

だが、いろんな人に相談して何とか工面することに成功。

 

その後は32歳の時に自ら会社を設立。

 

ほかにも名古屋の土地・建物の不動産管理を行いながら東京でバーを経営したり、イベント事業を経営するなど、いまは実業家としても活動している。

 

また、東京で事業をするために前田は、自宅を家賃40万円のタワーマンションに引っ越し。

 

東京の自宅マンションは、会社を設立する時に、来客用もかねて借りたところだとか。

 

やはり、東京のマンションは家賃40万だけあって、セキュリティーがしっかりしていると話している。


Sponsored Link


▲トップへ戻る