地震の前兆と予知に関係があるメガマウスは食べることが出来る深海魚!

メガマウス 画像

メガマウスという深海魚をご存知だろうか?「メガマウス」は太平洋やインド洋などの熱帯から温帯の水深200m付近に生息しており、昔から地震の前兆と予知に関係性があると言われている。

 

また、「メガマウス」はサメの一種であるが食べることもできるといい、実際にフィリピンで捕獲されたときには地元民に食べられていたことが判明している。

 

今回は地震の前兆と予知に関係性があると言われている「メガマウス」について少し探ってみたいと思う。


Sponsored Link


メガマウス 地震の前兆や予知との関係は?

巨大な口をもつ容貌に由来し日本では古くは「大口鮫」と呼ばれていた「メガマウス」。

 

初めて発見されたのは1976年のことである。

 

これまでに世界で50件ほどの目撃例だけだが、そのうちの10数例は日本近海で発見されている。

 

そして、「メガマウス」にも言えることなのだが、珍しい深海魚が打ち上げられたり捕獲されると、その前後に地震が起きると言われているのだ。

 

専門家は地震の前兆と予知に関係性があることを否定しているのだが、実際にこれまでに「メガマウス」が出現した後で大きな地震が起きているのである。

 

■ 1994年11月29日:福岡市東区の砂浜→1995年1月17日:兵庫県南部地震(阪神淡路大震災、M7・3)

 

■ 2003年8月7日:静岡県沼津市御前崎沖の駿河湾→2003年9月26日:十勝沖地震(M8・0)

 

■ 2005年1月23日:三重県度会郡紀勢町沖→2005年3月20日:福岡県西方沖地震(M7・0)

 

■ 2007年6月7日:神奈川県湯河原町沖の相模湾→2007年8月1日:沖縄県北西沖(M6・1)

 

■ 2011年1月14日:三重県尾鷲市沖→2011年3月11日:東北地方太平洋沖地震(東日本大震災、M9・0)

 

■ 2011年7月4日:神奈川県小田原市→2011年7月10日:三陸沖(M7・3)、2011年8月2日:駿河湾(M6・2)

 

■ 2013年9月3日:神奈川県真鶴町→2013年10月26日:福島県沖(M7・1)

 

■ 2014年4月14日:静岡市清水区・由比漁港→2014年5月5日:伊豆大島近海(M6・0)

 

見てお分かりのように大変な被害となった「阪神淡路大震災」や「東日本大震災」が起きる前にも「メガマウス」は捕獲されていることから地震の前兆や予知との関係性を否定するわけにはいかない。


Sponsored Link


熊本地震の前震があった次の日にメガマウス捕獲

4月14日に熊本地方を震源とする「M6・5」最大震度「7」を記録した地震は前震に訂正されたが、この翌日の15日に三重県尾鷲市の尾鷲漁港で「メガマウス」が水揚げされ話題になった。

 

それもつかの間、その日の深夜、同じく熊本地方を震源とする、「M7・3」最大震度「6強」の地震が発生してしまったのである

 

気象庁はこちらの地震が本震で、前日の地震は前震として訂正。

 

今回も「メガマウス」が捕獲された後に大規模な地震が発生してしまった。

ただ、これまで「メガマウス」が捕獲されても地震が起きるまで日にちが多少空いていた。

 

今回はその日に地震が起きたことを思うと、まだこの先に大きな地震がやってくるとでもいうのか心配だ。

メガマウスは食べることが出来る深海魚?

深海魚の「メガマウス」は一応食べることが出来るそうだが、やはり肉質は水っぽくてまずいという。

 

昨年は1月にフィリピンで捕獲された際、ココナッツミルクで味付けして食べられていたが、日本ではまずいので食用としては不向きとされている。

 

やはり深海魚というのは総合的に見ても「水っぽい」、「まずい」というのが定説のようなので、食べることはあまりないということである。


Sponsored Link


▲トップへ戻る