藤圭子の死因が病気の統合失調症に関係?前川清の子供が宇多田ヒカル?

藤圭子 画像

今から4年以上前の13年8月22日の早朝、「圭子の夢は夜ひらく」の大ヒット曲で知られる歌手の藤圭子さんが亡くなった。(享年62)

 

藤圭子さんといえば、前夫が歌手の前川清(69)。離婚後に音楽プロデューサーの宇多田照實氏(69)と結婚して子供(宇多田ヒカル)を授かるも、照實氏とは離婚と結婚を繰り返していたといわれている。

 

そんな藤さんの晩年は、病気の「統合失調症」に苦しめられていたとか。

 

亡くなったことが報じられたのも、東京・西新宿の高層マンションから身を投じて自ら命を絶ったことが死因だったため、日本中に衝撃が走ったのである。

 

あまりに突然すぎる死は、当時、大々的に報じられた。藤さんの死因に至っては「違法薬物に手を出していたからではないか」という情報が、マスコミ関係者に行き渡ったのだという。

 

だが、死因について、捜査に当たった警察は「尿検査の簡易鑑定からは違法薬物は検出されなかった」と噂を否定。

 

藤さんの関係者も「薬物には手を出していなかったはず。ただ睡眠薬とかうつ病のクスリとかは持っていたのではないか」と証言している。


Sponsored Link


藤圭子の死因と病気の統合失調症に関係性?

藤圭子さんの死に関して、捜査した警察から「違法薬物」等の使用はないとするコメントが発表されたことにより、死因との因果関係は否定された。

 

なぜ、藤さんに薬物疑惑が囁かれたのか。

 

そこには疑われても仕方がない“過去”があったようだ。

 

藤さんは、2006年にアメリカ・ニューヨークの空港で42万ドル(当時のレートで約4900万円)もの大金を麻薬取締局に没収された過去がある。

 

当初、麻薬捜査犬が探知したといい、調べてみると現金から微量の違法薬物が検出されたそうだ。

 

同局は「現金が取引に使われたか取引に使うもの」と結論付け、42万ドルを没収。だがその後、現地の捜査当局は違法薬物説を否定し、現金を09年に返却したのだった。

 

そうして過去の言動が、死因の理由に結び付けられてしまった藤さんだったが、ほんとうのところ原因は分かっていない。

 

ただ、娘の宇多田ヒカル(34)が、母親・藤圭子さんの死去後にコメントを発表しているのだが、そのときに語っている「親子関係の崩壊」が死因の一因になったのではないかともいわれている。

 

宇多田が語ったのは、藤さんの病気について。「母はとても長い間、精神の病に苦しめられていました」と告白し、ハッキリと病気だったことを認めたのだ。

 

さらに宇多田は「幼い頃から、母の病気が進行していくのを見ていました。症状の悪化とともに、家族も含め人間に対する不信感は増す一方で、現実と妄想の区別が曖昧になり、彼女は自身の感情や行動のコントロールを失っていきました」と明かした。


Sponsored Link


一方、藤さんの元夫・照實氏もコメントを発表し、「感情の変化がより著しくなり始めたのはヒカルが5歳くらいのことです。自分の母親に対しても、攻撃的な発言や行動が見られるようになり、ヒカルと僕もいつの間にか彼女にとって攻撃の対象となっていきました」と、家庭が徐々に崩壊して行った理由を語ったのだ。

 

宇多田にとって、両親への不信感は相当なものだったという。

 

藤さんが亡くなる直前、「家族3人はまったく連絡を取り合っていなかった」と衝撃的な事実も明かされている。

 

では、藤さんの病気とは一体なんだったのか?

 

藤さんは夫・照實氏と離婚し、娘の宇多田とも疎遠になっていたことで、情緒不安定になっていたという。

 

そのため、睡眠薬やうつ病のクスリとかを持っていたのではないかとされており、藤さんは「統合失調症」を患っていたとの報道もある。

 

「統合失調症」のクスリを過剰に服用すると、幻覚や妄想にさいなまれ、ときにそれが他者を傷つける行動へと発展することもあるので、マスコミが言う通りだとすると、薬の服用方法を誤ってもうろうとした意識のまま、マンションから身を投じた可能性も否定できない。


Sponsored Link


藤圭子と前川清の子供が宇多田ヒカル?

藤圭子さんと前川清は1971年に結婚。

 

69年、18歳で歌手デビューした藤さんは、翌年の2枚目シングル「女のブルース」が102万枚、2か月後には「圭子の夢は夜ひらく」で185万枚のヒットを記録した。

 

当時、売れっ子だった藤さんは、19歳。また、前川清も内山田洋とクールファイブのボーカルとして人気があり、年齢は22歳。

 

22歳と19歳の電撃結婚で世間を騒がせたが、1年で離婚。

 

(藤圭子さんと前川清の画像)
藤圭子 前川清 画像

 

その後、藤さんは82年に宇多田照實氏と結婚し、翌83年に子供の光(宇多田ヒカル)を出産した。

 

一方、前川清は、藤さんと離婚後の1982年に一般人女性と再婚し、3人の子供がいる。

 

長男の前川紘毅は2006年に歌手としてデビュー。

 

なので、宇多田ヒカルの父親は前川清ではなく、宇多田照實氏なのである。

 

前夫の前川は、藤さんと結婚した理由を「隠れて会うのが面倒くさいというのがあった。だったら面倒くさい、一緒になろうか」と結婚の動機を明かしており、当初は結婚式を行う予定はなかったという。

 

2人の話し合いで籍だけ入れるつもりが、テレビ局と事務所とのしがらみで、挙式・披露宴をやることになったそうだ。

 

そして、結婚生活が1年しか持たなかったことについてだが、ほんとうは結婚前にすでに破綻していたという。

 

1971年6月に婚約を発表し、暮れに長崎の教会で結婚式を挙げているが、秋口を迎える頃には「結婚をやめにしたい」と打ち明けていたとか。

 

夫婦生活についても、赤裸々に暴露。夫婦の営みは初夜の一回だけだったことを明かしているのだ。

 

結局、離婚の原因は、夫婦の営みを含め、スレ違いの生活だったことは間違いないといい、前川にとっては安らぎのある家庭ではなかったという。

 

お互い一緒にいる時でも会話が少なく、なんでも、家にいるときの藤さんは、ペットで飼っていた魚を眺めているだけだったそうだ。


Sponsored Link


▲トップへ戻る