小林麻央 トマトとヨーグルトの内容 ネタバレ 顎のリハビリと点滴をアメンバー限定で更新!

小林麻央 ブログ KOKORO 最新12月 画像

乳がんで闘病中のフリーアナウンサー小林麻央(34)が6月8日の夜、アメンバー限定で自身のブログ「kokoro」を更新。記事は「トマトとヨーグルト」のタイトルでつづられている。

 

ブログの内容は、ネタバレすると、昼にトマトを食べたことや明日の朝に飲むヨーグルトがないため、海老蔵がコンビニに買いに行ってくれたことなどが書かれていた。

 

最近の小林アナは、食事というようなものがなかなか摂れなかったらしく、吐き気を催していたとのこと。

 

なので、吐き気止めの点滴をしたことを告白している。

 

また、小林アナの顎にがんが転移したことは夫の海老蔵が報告したが、よほど痛みがあるのか、トマトを食べるだけで、痛みが走るという。

 

食べるのに30分かかったが、リハビリと思って一生懸命噛んで食べれたことに喜びを感じている様子だった。

Sponsored Link


小林麻央 トマトとヨーグルトの内容 ネタバレ

今回のアメンバー限定記事も病状の悪化などの悪い報告ではなくてよかったのだが、ある意味心配するような内容でもあった。

 

ネタバレすると、今の小林麻央アナにとってトマトの皮でも固いと思う状態だという。

 

顎に負担がかかるため、細かく刻んだものを少しずつ食べたようだが、それでも固く感じるようだ。

 

それに、普段は食べられない日があるので今日、食べられたことに喜びを噛みしめていた。

 

食べられるときの喜びは、純情ではないそうだ。

 

そして、夜ご飯がわりに飲むヨーグルト。現状は、それだけ物が食べられないということ、やはり心配である。

 

明日の朝に飲むヨーグルトがなくなってしまったので、海老蔵が買いに行ってくれたそうだが、そもそもがん患者にヨーグルトは適しているのだろうか。

 

ネットを見ていても、乳がん患者が乳製品を食べるのをやめたら、がんが治ったという報告や、ヨーグルトはがんに効果があるなど意見が様々。

 

何が正解で、何が悪いのか分からないが、確かに乳製品をよく摂取すると前立腺がんになりやすいというデータがあるらしい。

 

だがこれは、乳製品に含まれるカルシウムや飽和脂肪酸が前立腺がんのリスクを高めることであって、乳がんでは話が違ってくるそうだ。

 

結局、乳製品の摂取を控えた方がいいかについては、総合的な判断が必要であり、現時点では結論を出すことができない。

 

小林アナがヨーグルトを飲んでいるのは、担当医がヨーグルトの摂取を進めていることだと思われる。

Sponsored Link


小林麻央 顎のリハビリと点滴をアメンバー限定で更新

小林麻央アナがアメンバー限定で更新した記事の内容は顎のリハビリ代わりにトマトを食べたことや吐き気止めの点滴をしたことなどだった。

 

また、最近の食事は飲むヨーグルト、桃、ココアだったことを告白。

 

小林アナは5月29日に退院し、その後は在宅医療に切り替え、自宅で点滴などの治療を受けている。

 

だが、家に帰っても高熱と痛みで在宅医療の大変さを痛感したことを吐露。顎にがんが転移したことも海老蔵が告白した。

 

「顎の痛みに負けて食べないでいたら顎が弱ってしまいます。食べないといけません」とブログにつづっており、食べられるものを海老蔵が、スープにして食事に出している。

 

それだけ現在の症状がかなり厳しいことを表しているのだが、小林アナは「どうなっても生きるしかない」と、がんと奮闘中。

 

調子の良い日と調子の悪い日が訪れ、一進一退を繰り返しているが、何とか頑張ってほしいと皆が願う。

Sponsored Link


▲トップへ戻る