斉藤真由美(画像) 寝屋川事件 子供の父親(夫)は誰?生活保護受けパチンコ通い!

斉藤真由美 寝屋川事件

大阪府寝屋川市高柳7のアパートの一室に、乳児4人を遺棄したとして、アルバイト・斉藤真由美容疑者(53)が逮捕された。(画像あり)

 

斉藤容疑者は11月20日、大阪府寝屋川市の高柳交番に出頭し、1992年から1999年かけて4人の子供を産み、その子供を遺棄したことを話したという。

 

出頭を受け自宅を捜索したところ、供述通りに押入れの奥から4つのバケツが出てきたということだ。

 

斉藤容疑者は2015年夏頃から、現在住む3階建てのアパートに息子と2人で引っ越してきたそうだが、近隣住民との付き合いはほとんどなかったという。

 

顔を見るのは朝のゴミ出しくらいで、町内会にも入ってなかったとか。

 

事件現場となったアパートの所有者は渋い表情で「毎月家まで家賃のお金を持ってくるけど、遅れることもあったしどうにか払っていた感じだった。会うたびに生活保護が減らされた、児童手当が減らされた」と嘆いていたそう。

 

また、7月に家賃の一部3万円払ったのを最後に、ずっと滞納していたことも告白している。

 

以前は現場から2キロ離れた寝屋川市池田旭町のアパートに住んでいたという斉藤容疑者。当時は2人の息子と3人で暮らしていたという。

 

周囲とほとんど接触せず暮らしている現在とは違い、以前暮らしていた町内では、周囲との交流もあり、「いい人だった」と皆が口を揃えて証言している。

 

「確か元夫の子供が2人いた」との証言が、近隣住民から聞こえていることを考えると、斉藤容疑者は計8人の子供を産んでいることになるのだ。

 

近隣住民らの話で斉藤容疑者の素性が浮かび上がったが、子供の父親の存在など、謎を秘めている部分は多々残っている。


Sponsored Link


斉藤真由美(画像) 寝屋川事件

斉藤真由美容疑者(画像あり)が自首した「寝屋川事件」は、「神奈川座間事件」が影響しているとされている。

 

座間市の事件を見て、自宅に置いておけばいつかバレてしまうかもしれないと、自分と重ねたところがあったのかもしれない。

 

だからどこかで、自分の犯罪が暴かれて贖罪したいという気持ちが出てきたのだろう。

 

(斉藤真由美の画像)
斉藤真由美 画像

 

斉藤容疑者は取り調べに対し、「金銭的な余裕がなく、子供を育てられないと思った」と供述しているが、出産前にそう見通せないところが致命的だった。

 

それも生活が苦しかったのにパチンコ好き。子供をほったらかしてパチンコに行くなど、言っていることとやっていることが違っていたのである。

 

それでいて、斉藤容疑者は「元夫がパチンコばかりするから別れた」と近隣住民に話していたといい、1ヶ月200円、年間2400円の自治会費を大抵一括で払うところ、3ヶ月ごとに分割で払っていたともいう。

 

近隣住民からの証言が次々と出てくるが、どれも斉藤容疑者のいい加減な素顔を裏付けるものばかり。

 

そんな斉藤容疑者なのだが、「子供好きでやさしかった」という声も一部では聞こえていたようだ。


Sponsored Link


斉藤真由美 子供の父親(夫)は誰?

斉藤真由美容疑者は、今回の寝屋川事件が発覚した現場のアパートに子供を遺棄していたとして逮捕されたが、犯行は以前住んでいた寝屋川市池田旭町のアパートだ。

 

斉藤容疑者は逮捕後、「父親はすべて同じ人物」と供述。

 

斉藤真由美 寝屋川事件 子供

 

では、子供の父親は誰なのか。

 

元夫との間に2人の子供がいたという証言があるようだが、子供の父親は別の人物だという。

 

そこに住んでいた1990年から1999年の間に斉藤容疑者は計6回の妊娠。そのうちの2回は無事出産し、2人の息子として育てたが、残りの4回は死産か出産直後に遺棄したと見られる。


Sponsored Link


誰ひとり斉藤容疑者の妊娠に気付かなかったのか。

 

近隣の40代女性は、「よく太っているので妊娠しても分からなかった」と話す。

 

だが、「一時期、50代か60代ぐらいの人物と斉藤容疑者が一緒に住んでいた」と男の存在を指摘する。

 

近隣の60代男性が男に関する情報を付け加える。

 

「その人は葬儀屋さんに勤めていたみたいで、25年か30年くらい前に気がついたら斉藤さんの家に転がり込んでいた。いつの間にかいなくなっていたけど、5年位いたと思う。15年くらい前にも斉藤性以外の表札がかかっていたこともあった」

 

これらの証言からして、子供の父親はどちらかの人物だと思われる。

 

斉藤容疑者の息子は今年で24歳と今年で18歳と分かっているので、おそらく葬儀屋に勤めていた人物が息子の父親であり、遺棄した子供の父親でもあるのだろう。

 

上の息子は結婚して家を出ており、斉藤容疑者は下の息子と2人暮らしだったという。

 

また、斉藤容疑者の家族については、すぐ近くで母親が居酒屋を営んでいたが、10年ほど前に他界。弟もいるらしく、母親と一緒によく容疑者一家の住むアパートに出入りしていたそうだ。

 

家族は仲が良かったという証言もあり、子供らも素直な子たちだったというが、斉藤容疑者には十分な生活設計ができていなかったようだ。


Sponsored Link


▲トップへ戻る