FNS歌謡祭 2017の出演者と曲名 嵐の会場はUSJ?第2弾も口パク多数?

FNS歌謡祭 2017

年末恒例の大型音楽番組「FNS歌謡祭 2017」が12月6日と13日の2週に渡って生放送される。

 

第1弾となる12月6日は午後7時~11時28分までで、会場はグランドプリンスホテル新高輪『飛天』から。第2弾の12月13日は午後7時~11時28分までで、会場はフジテレビ本社「FCGビル」の特設スタジオ内から生中継される。

 

毎年人気アーティストたちが一同に集結する同番組だが、今年の「FNS歌謡祭 2017」は、初登場となる出演者が多数参加。

 

番組内では出演者一同がコラボしたり、ダンスや最新ヒット曲などを披露するが、中でも注目の「嵐」が自分たちの楽曲をクリスマスアレンジしたスペシャルメドレーをミニオンたちと披露することが決まっている。

 

ただ、嵐がミニオンとコラボするといってもどこでパフォーマンスを披露するのかだ。

 

グランドプリンスホテル新高輪にミニオンを呼ぶのか、それとも発表されていないが、USJのステージで歌うことも考えられる。

 

そして、「FNS歌謡祭」に関して言うと、出演者が大勢いて豪華なのは良いのだが、毎年”口パク”で物議をかもしだす。

 

視聴者が言うだけではなく、同業者からしても”口パク”が気になる音楽の祭典となっているのだ。

 

以前は口パクを禁止する傾向があっただけに、できるだけ生歌をまた復活させてもらいたいものである。


Sponsored Link


FNS歌謡祭 2017の出演者

合計約9時間にわたって生放送される「FNS歌謡祭 2017」、今年も人気アーティストたちが勢ぞろいした。

 

総勢100組以上の出演者が参加し、ダンスやコラボでのスペシャルメドレーなどで番組を盛り上げる。

 

第1弾となる12月6日の出演者は以下のようなアーティストが揃った。


石川さゆり
AKB48
EXILE THE SECOND
及川光博
大原櫻子
奥田民生
尾上松也
亀と山P
関ジャニ∞
KinKi Kids
倉木麻衣
クリス・ハート
CHEMISTRY
倖田來未
郷ひろみ
近藤真彦
さだまさし
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
THE ALFEE
椎名林檎
柴咲コウ
JUJU
鈴木雅之
髙橋真梨子
宝塚歌劇団 宙組
谷村新司
chay
東方神起
TOKIO
徳永英明
新妻聖子
西川貴教
NEWS
乃木坂46
NOBU
B’z
平井 堅
欅坂46・平手友梨奈
V6
BoA
堀内孝雄
松下奈緒
三浦大知
三浦祐太朗
溝口 肇
宮本笑里
ももいろクローバーZ
山崎育三郎
由紀さおり
ゆず
横山だいすけ
和楽器バンド(箏:いぶくろ聖志 / 尺八:神永大輔 / 津軽三味線:蜷川べに / 和太鼓:黒流)
和田アキ子

 

追記:タイムテーブル

 

19:00頃~20:00頃

大原櫻子、及川光博、亀と山P、郷ひろみ、さだまさし、THE ALFEETHE、柴咲コウ、JUJU、髙橋真梨子、宝塚歌劇団 宙組、chay、新妻聖子、乃木坂46、NOBU、平井堅、真風涼帆 宝塚歌劇団 宙組、三浦大知、三浦祐太朗、村上信五 (関ジャニ∞)、由紀さおり。

 

20:00頃~21:00頃

生田絵梨花(乃木坂46)、石川さゆり、井ノ原快彦(V6)、AKB48、大原櫻子、奥田民生、尾上松也、KinKi Kids、倉木麻衣、CHEMISTRY、倖田來未、坂本昌行(V6)、白石麻衣(乃木坂46)、髙橋真梨子、谷村新司、東方神起、長瀬智也 (TOKIO)、西川貴教、錦戸亮 (関ジャニ∞)、NEWS、乃木坂46、堀内孝雄、安田章大 (関ジャニ∞)、山崎育三郎、、横山だいすけ、横山裕 (関ジャニ∞)、和楽器バンド、(琴・尺八・三味線・和太鼓)和田アキ子。

 

21:00頃~22:00頃

嵐、AKB48、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE、JUJU、鈴木雅之、テゴマス、TOKIO、徳永英明、平井堅、平手友梨奈(欅坂46)、V6、BoA、松下奈緒、丸山隆平 (関ジャニ∞)、三浦大知、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのミニオン、ももいろクローバーZ、ゆず。

 

22:00頃以降

嵐、生田絵梨花(乃木坂46)、EXILE THE SECOND、大倉忠義 (関ジャニ∞)、大原櫻子、関ジャニ∞、KinKi Kids、倉木麻衣、クリス・ハート、CHEMISTRY、倖田來未、近藤真彦、指原莉乃(HKT48)、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE、椎名林檎、柴咲コウ、渋谷すばる (関ジャニ∞)、JUJU、城島茂 (TOKIO)、鈴木雅之、高見沢俊彦(THE ALFEE)、chay、東方神起、新妻聖子、西川貴教、NEWS、NOBU、B’z、松下奈緒、丸山隆平 (関ジャニ∞)、三浦大知、三浦祐太朗、溝口肇、宮本笑里、山本彩(NMB48)、AKB48、渡辺麻友(AKB48)。

引用元:FNS歌謡祭 2017公式より

 

【第2弾・12月13日の出演者】

aiko
E-girls
石丸幹二
井上苑子
井上芳雄
宇野ゆう子
AKB48
NMB48
NGT48
荻野目洋子
影山ヒロノブ
加藤一二三
Kis-My-Ft2
きただにひろし
吉川晃司
きゃりーぱみゅぱみゅ
欅坂46
ゴールデンボンバー
昆 夏美
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
GENERATIONS from EXILE TRIBE
SHISHAMO
ジャニーズWEST
Sexy Zone
世良公則
竹原ピストル
知念里奈
T.M.Revolution 西川貴教
DEAN FUJIOKA
どうぶつビスケッツ×PPP
Toshl(X JAPAN)
新妻聖子
西野カナ
乃木坂46
back number
Perfume
B.B.クィーンズ
フェアリーズ
福山雅治
藤澤ノリマサ
Hey! Say! JUMP
槇原敬之
松本梨香
水樹奈々
miwa
モーニング娘。’17
森高千里
山崎育三郎
Little Glee Monster
LUNA SEA
WANIMA

 

追記:第2弾の出演者

アキラ100%
Aqours
高橋洋子
平野綾
モーニング娘。1期メンバー(中澤裕子/石黒彩/飯田圭織/安倍なつみ/福田明日香)
YUKA(村石有香)

 

 

追記:第2弾のタイムテーブル

19:00~20:00頃

宇野ゆう子、AKB48、NMB48、NGT48、加藤一二三、きただにひろし、吉川晃司、ゴールデンボンバー、昆夏美、SHISHAMO、Sexy Zone、世良公則、竹原ピストル、乃木坂46、新妻聖子、B.B.クィーンズ、藤澤ノリマサ、松本梨香、モーニング娘。’17、山崎育三郎、Little Glee Monster。

 

20:00頃~21:00頃

E-girls、生田絵梨花(乃木坂46)、石丸幹二、井上芳雄、吉川晃司、きゃりーぱみゅぱみゅ、欅坂46、昆夏美、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE、GENERATIONS from EXILE TRIBE、知念里奈、新妻聖子、西野カナ、LUNA SEA、水樹奈々、山崎育三郎。

 

21:00頃~22:00頃

アキラ100%、生田絵梨花(乃木坂46)、井上芳雄、影山ヒロノブ、柏木由紀(AKB48)、Kis-My-Ft2、欅坂46、昆夏美、指原莉乃(HKT48)、ジャニーズWEST、Sexy Zone、高橋洋子、T.M.Revolution 西川貴教、どうぶつビスケッツ×PPP、西野カナ、back number、Hey! Say! JUMP、水樹奈々、YUKA(村石有香)、Little Glee Monster、渡辺麻友(AKB48)、WANIMA。

 

22:00頃以降

aiko、Aqours、井上苑子、荻野目洋子、鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)、DEAN FUJIOKA、Toshl(X JAPAN)、乃木坂46、Perfume、平野綾、フェアリーズ、福山雅治、槇原敬之、松村沙友理(乃木坂46)、miwa、モーニング娘。1期メンバー(中澤裕子、石黒彩、飯田圭織、安倍なつみ、福田明日香)、森高千里、山崎育三郎、山本彩(NMB48)、鷲尾伶菜(E-girls)。


Sponsored Link


FNS歌謡祭 2017の曲名

12月6日放送の「FNS歌謡祭 2017」だが、第1弾ではどのような楽曲が披露されるのか。

 

近藤真彦は高見沢俊彦(THE ALFEE)、城島茂(TOKIO)、丸山隆平(関ジャニ∞)、大倉忠義(関ジャニ∞)、山本彩(NMB48)、武部聡志らとバンドを編成して、自身の代表曲「ミッドナイト・シャッフル」「ハイティーン・ブギ」などをメドレー形式で披露する。

 

ジャニーズからV6の坂本昌行と井ノ原快彦は映画「ターザン」の名曲「You’ll Be in My Heart」を披露。

 

亀と山Pは「背中越しのチャンス」と「青春アミーゴ」の2曲をメドレーで歌う。

 

「フジテレビに縁の深い名曲特集!」は、ゆずが三浦大知とコラボで「タッタ」、ももいろクローバーZとクリスマスソング「今夜君を迎えに行くよ」を披露。

 

B’zは山下智久主演ドラマ「ブザー・ビート」の主題歌「イチブトゼンブ」を歌唱。久々に活動再開した「東方神起」は「明日の約束」主題歌「Reboot」をテレビ初披露する。

 

椎名林檎は、ドラマ『カルテット』の主題歌「おとなの掟」、高畑充希がCMで歌唱した「人生は夢だらけ」をセルフカバーで披露するほか、KinKi Kidsは「もう君以外愛せない」を生田絵梨花(乃木坂46)のピアノ、宮本笑里のバイオリンと共に熱唱する。

 

同じくジャニーズの関ジャニ∞は様々なアーティストとコラボ。

 

横山裕は山崎育三郎&西川貴教と尾崎紀世彦の「また逢う日まで」を、渋谷すばるは中島みゆき「糸」を、(糸は大原櫻子、倉木麻衣、クリス・ハート、指原莉乃、渋谷すばる、JUJU、鈴木雅之、chay、東方神起、新妻聖子、西川貴教、NOBU、松下奈緒、三浦祐太朗、渡辺麻友らが歌い紡ぐ特別企画)。

 

村上信五はNOBUと「いま、太陽に向かって咲く花」を、丸山隆平はJUJU と「いいわけ」を、錦戸亮と安田章大は谷村新司&堀内孝雄の「冬の稲妻」と「今はもうだれも」を披露する。

 

ほかにも三代目J Soul Brothersが大ヒット曲「R.Y.U.S.E.I.」を、山口百恵の名曲「秋桜」を長男の三浦祐太朗と作詞・作曲のさだまさしがコラボする。

 

さらに長瀬智也(TOKIO)は奥田民生と「さすらい」「エンジン」を弾き語りで演奏。

 

NEWSは新曲を織り交ぜたオリジナルミュージカルをテレビ初披露する。

 

 

【12月13日放送の第2弾の楽曲】

第2弾の楽曲は、『ミュージカル・スペシャルメドレー』と題し、生田絵梨花(乃木坂46)、石丸幹二、井上芳雄、昆夏美、知念里奈、新妻聖子、山崎育三郎らが「オペラ座の怪人」など世界的大ヒットミュージカルから珠玉の名曲を披露する。

 

『新旧人気アニソン名曲メドレー』では、Hey! Say! JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone、ジャニーズWEST、AKB48、乃木坂46、欅坂46らの人気グループが、「サザエさん」「ちびまる子ちゃん」「ワンピース」「ドラゴンボール」などの人気アニソンをメドレーで披露。

 

さらにX JAPANのToshlがゴールデンボンバー鬼龍院翔と名曲「Say Anything」をコラボ。

 

福山雅治が大ヒット曲「HELLO」と最新曲「トモエ学園」を熱唱し、世良公則と吉川晃司が「銃爪」「KISSに撃たれて眠りたい」をコラボする。

 

そして、“ひふみん”こと加藤一二三がモーニング娘。’17とコラボするなど、「FNS歌謡祭」ならではの企画が盛りだくさん。

 

現在はこれだけしか発表されていないが、また今後の詳細が決まり次第、番組ホームページに追加されるだろう。

 

追記:第2弾の楽曲

モーニング娘。1期メンバーがデビュー前に手売りした幻の名曲「愛の種」を披露。

森高千里は90年代のライブを再現した衣装で「臭いものにはフタをしろ!!」「ミーハー」「ハエ男」の3曲メドレーを披露。

T.M.Revolution 西川貴教の強風を使ったステージ演出でアキラ100%がコラボ。アキラのお盆芸に注目!!

話題のアニソン名曲メドレーとして、Aqoursが「青空Jumping Heart」(ラブライブ!サンシャイン!!)を歌い、高橋洋子と水樹奈々が「残酷な天使のテーゼ」(新世紀エヴァンゲリオン)をコラボ。

どうぶつビスケッツ×PPPと欅坂46が「ようこそジャパリパークへ」(けものフレンズ)をコラボ。

平野綾、山本彩(NMB48)、松村沙友理(乃木坂46)の3人が「ハレ晴レユカイ」(涼宮ハルヒの憂鬱)を披露する。


Sponsored Link


FNS歌謡祭 2017 嵐の会場はUSJ?第2弾も口パク多数?

「FNS歌謡祭 2017」の第1弾となる会場は、グランドプリンスホテル新高輪『飛天』から。第2弾の12月13日はフジテレビ本社「FCGビル」の特設スタジオ内から生放送される。

 

その中で、第2弾に出演するきゃりーぱみゅぱみゅだけが、USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)のステージで歌うということだが、ミニオンとコラボする嵐はどうなるのか。

 

 

現在、USJの営業時間は21:00までで、その後に嵐がステージで歌うことは可能。

 

だが、ミニオンがグランドプリンスホテル新高輪の会場に来る場合は、ショーが終わり次第来れないこともないが、結構ハードスケジュールとなる。

 

発表されてないが、はたしてどうなるのか?

 

ファンの人も気になっていることだろう。

 

そして、気になるといえば、また今回も口パクが目立つのかだ。

 

以前は番組のプロデューサーが、「“口パク”を受け入れない」とコメントしたため、口パクによるパフォーマンスが減った。

 

しかし、その後の人事異動でプロデューサーが現場を離れ、別のプロデューサーに引き継がれると、口パクが目立っていったのだ。

 

誰が見ても口パクだと分かってしまうと、見ていて覚めてしまうので素直に楽しめない。

 

どうせするなら視聴者には見分けにくいような方法で歌ってもらいたいものだ。


Sponsored Link


▲トップへ戻る