榎田道子(路子)もおニャン子の喫煙メンバー!昔の写真や現在の離婚までを調査!

おニャン子 喫煙 写真

12月8日放送の「爆報!THE フライデー」は、1980年代、国民的アイドル「おニャン子クラブ」を喫煙報道で解雇されたメンバー・榎田道子(路子)の現在に迫る。

 

以前、同番組では喫煙メンバーの1人で、幻のエースと呼ばれた友田麻美子を特集。

 

その際、現在の友田は、芸能事務所に所属する傍らバッグデザイナーとして活動していることが紹介された。

 

榎田も喫煙メンバー5人いた中の1人で、現在は昼と夜とを掛け持ちで働いているという。

 

それでいて、独身生活を満喫しているということから、1991年に結婚した旦那との離婚が判明した。

 

今回の「爆報!THE フライデー」は、喫煙メンバーと榎田の再会までを放送。

 

喫煙メンバー5人全員が画面に登場するのかは分からないが、いずれにせよ元ファンからは昔を懐かしむ声が上がることだろう。


Sponsored Link


榎田道子(路子)もおニャン子の喫煙メンバー

本名・榎田道子改め榎田路子がデビューするきっかけとなったのは、中学3年の1994年、原宿でスカウトされたことだった。

 

スカウトされた事務所は業界大手の「スターダストプロモーション」。同事務所には女優の北川景子や竹内結子、柴咲コウといった有名どころが在籍している。

 

榎田は、アイドルの登竜門「ヤングジャンプ」の人気投票でグランプリを獲得したのを機にドラマ『東中学3年5組』で芸能界デビュー。

 

翌年の1985年4月1日から始まるフジテレビ「夕やけニャンニャン」の出演者として集められたアイドルグループ「おニャン子クラブ」のオーディションに合格し、メンバーに選ばれた。

 

おニャン子クラブは秋元康と後藤次利によって結成されたアイドルグループで、活動期間は短いものの当時は絶大な人気を誇るも番組終了とともに解散。

 

当時の中心メンバーだった国生さゆり、渡辺美奈代、渡辺満里奈、工藤静香らは今も尚、芸能界で活動している。

 

そういった中で、会員番号2番・榎田道子(路子)を含めた会員番号1番・奥田美香、3番・吉野佳代子、6番・樹原亜紀、7番・友田麻美子、10番・佐藤真由美の6人が、番組終わりに新宿の喫茶店で喫煙していたことを週刊文春が報じたのだ。

 

まだ番組が始まってわずか3週間。秋元康作詞の楽曲「セーラー服を脱がさないで」の発売を3ヶ月後に控え、歌手デビューしようとしていた矢先に喫煙写真が週刊文春に掲載された。

 

当時、6人全員が未成年で、樹原亜紀を除いた5人がグループを解雇されることに。

 

実際は喫煙していなかった樹原だけが謹慎になり、十数日後に番組復帰したのである。


Sponsored Link


榎田道子(路子)の昔の写真

前回の「爆報!THE フライデー」に出演した友田麻美子は、喫煙現場写真を週刊文春に撮られた当時のことをこのように語っている。

 

「まず一瞬頭が白くなって固まった。ギョッとしたし。『しまった』というか。すぐには(事態が)理解できなかったですね」と。

 

まだ17歳で高校生だった友田は、カッコよくタバコを吸うことが“大人の女”と勘違い。

 

喫煙の真相は、「吸っていました」と認め、『もう、これで終わり』『夢が絶たれた』と思ったそうだ。

 

グループを解雇された後は定職には就かず、イベントコンパニオンなどをしたという。

 

24歳の時には結婚しようとした相手はいたが、婚約解消。

 

その後、独学でデザインを学んだ友田は、30歳の頃から手縫いのバッグを制作することに。

 

結果、その努力が実って現在はというと、人気デザイナーへと変貌していたのである。

 

 

一方、榎田道子(路子)は、おニャン子解雇後、芸能界から引退することもなく、ポテトチップスのCMに抜擢されたり、「ポニーテールはふり向かない」や「未亡人は17歳」、「機動刑事ジバン」などのドラマに出演したりした。

 

榎田道子(路子)の昔の写真
榎田道子(路子) 昔 写真

その後、大人路線に変更して行き、「11PM」の「SOS歌劇団」メンバー、雑誌のグラビアなどで活躍。

 

「世界・ふしぎ発見!」のミステリーハンターを務めた後、転機が訪れることに。

 

1991年2月、榎田道子(路子)は結婚し、芸能界を引退したのである。

 

その後、榎田は既婚者ながらテレビ東京『ASAYAN』の三井リハウスオーディションを受けるも落選。

 

ちなみに三井リハウスオーディションでは池脇千鶴が選ばれ、このオーディションで落選した中に、女優の加藤あいもいた。


Sponsored Link


榎田道子(路子)の現在は離婚していた?

榎田道子(路子)の現在はというと、1991年2月に結婚した旦那と離婚しているようなのである。

 

そう考えると、『ASAYAN』の三井リハウスオーディションを受けた1997年当時には、すでに離婚していたのかもしれない。

 

結婚を機に芸能界から引退した榎田は、その後、栃木県宇都宮市にある「株式会社ペイルトーン」という会社の部長として働いていたようだが、現在はどうしているのか詳細がつかめなかった。

 

番組の概要によると、昼と夜、両方の仕事を掛け持ち、働きづめということだが、昼間に働いていると思われた「株式会社ペイルトーン」のホームページは現在つながらない状態。

 

ホームページがつながらないということは、会社が無くなった可能性が高く、榎田としてはシングルマザーかなんかで金が必要なため、昼と夜を掛け持ちしていることが考えられる。


Sponsored Link


▲トップへ戻る