坂口杏里のベッド写真がフライデーに流出!?本名ホストの名前と店はどこ?

坂口杏里 画像

タレントの坂口杏里(25)とお笑い芸人「バイきんぐ」の小峠英二(40)の交際が発覚したのは、2014年10月に発売された写真誌「フライデー」の報道だった。

 

水族館での2人は変装した姿で手をつなぐラブラブデートの現場を撮られたが、双方の事務所はあくまで友人同士として交際を否定。

 

その後12月発売の「フライデー」では、2人が寄り添うベッド写真が掲載され、波紋を呼ぶ。

 

実はこれ、坂口本人がベッド写真を「フライデー」に流出させたもの。この写真が流出したことで恋人同士であることが発覚した坂口と小峠だが、次号発売の「フライデー」がまたもスキャンダル記事を掲載した。

 

それは坂口がホストの枢木ハルカと夜通し遊んでいたという内容で、2ショット写真も掲載。枢木ハルカの店がどこにあるのかというと、新宿・歌舞伎町にある「オールブラック」。

 

前号に坂口と小峠2人のベッド写真が掲載されたことが交際の後押しになったといわれていたが、このタイミングで飛び出したスキャンダル写真の真意は――。

 

さらに、ホスト遊びで借金を作り、返済のためにセクシー女優へ転身するといわれている坂口杏里の本名ホストはいったい誰なのか?

 

そのあたりをまとめてみた。

Sponsored Link


坂口杏里のベッド写真がフライデーに流出?

以前からホストクラブに入り浸っているといわれていた坂口杏里だが、小峠と交際中もホスト遊びをしていたとか。

 

後に小峠はそのことを知ったと思うが、少なくとも「ベッド写真」が流出した時点では気づいていなかったのだろう。

 

フライデーにベッド写真を流出させたのは坂口だが、なぜ本人がわざわざ流出させたのか?

 

その真相は坂口が本命ホストと居るところを「フライデー」に撮られたため。それもホテルに入るところのヤバい現場を撮られたのだという。

 

それを阻止するために坂口は代わりにといって「ベッド写真」を流出させ、おまけに次号ではダミーとして新宿・歌舞伎町「オールブラック」のホスト・枢木ハルカとのツーショット写真を「フライデー」に撮らせていた。

 

あくまで、枢木ハルカとのツーショットはやらせ。坂口は別の本命ホストを守るために枢木ハルカとの写真を「フライデー」に撮らせたのだ。

 

では、坂口の本命ホストの名前と店はどこにあるのか?

 

ウワサでは歌舞伎町にある「オールホワイト」の流川楓というホストで、写真がやらせだったのは枢木ハルカ本人が認めているとのこと。

 

「オールブラック」と「オールホワイト」は共に「AIR GROUP」系列。

 

枢木ハルカは売名宣伝を兼ねて坂口に協力したとみられる。

Sponsored Link


坂口杏里の本名ホストの名前と店はどこ

フライデーに撮られた当時、坂口杏里の本命は歌舞伎町にある「オールホワイト」の流川楓だったが、坂口のしつこい性格などが嫌になり切られてしまったという。

 

次は枢木ハルカに執着し始めるも全く構ってもらえず。そのことが原因で坂口の整形、激やせが始まったという。整形しないとホストに相手にされないと思ったようだ。

 

小峠との交際も小峠は利用されただけ。証拠にデートの約束をしてたのに当日電話かかってきて仕事が入ってたのを忘れてたと言ってデートをキャンセル。本当はアフターでホストと一緒だったのだとか。

 

坂口が転職するのも借金を返済するためと言われているが、その額は500万。

 

普通に働いていたら返せる額だが、ホストクラブにいけない状況が我慢できないから転職したのだという。それも現在本命のホストのバースデーイベンでシャンパンタワーをやるためだとか。

 

坂口の本命ホストは「オールホワイト」の流川楓のほかに「AI$」( アイドル)の聖也というホストだと言われているが、他にも「GRAN」の楓流依など数々のホストと関係を持ってきたようである。

Sponsored Link


▲トップへ戻る