本田望結 親の職業は医者でお金持ち?長女の真帆は顔出しNG!?

本田望結 本田真凜 画像

フィギュアスケーター兼子役タレントとして活躍の本田望結(13)が、6月14日放送の『今夜くらべてみました』に登場。今年から中学生になった本田が、憧れの恋愛について告白する。

 

5人兄弟の内、4人がフィギュアスケートに打ち込む本田家では、長女の真帆さんだけが顔出しNG。

 

テレビに出演しないことや、画像が出回っていないこともあり、その正体は謎に包まれている。

 

また、謎に包まれているといえば、本田望結の親の職業だ。

 

父親の本田竜一氏は「本田家流 子育てのヒント」の本まで出版。本には両親の馴れ初めなどはつづられているが、自身の職業については記されてなかった。

 

娘たちがこれほど世間に注目されているにも関わらず、これだけはっきりとした情報がないのも珍しい。

 

子供4人にフィギュアスケートをさせるのだから、お金持ちであることに変わりないが、何の職業なのか気になるところ。

 

ネットでは「会社員」、「経営者」、「医者」、「老舗の味噌屋」、「不動産関係」等、様々な職業の噂があるが、中でも一番信ぴょう性があるのは、「不動産関係」と、されている。


Sponsored Link


本田望結 親の職業は医者でお金持ち?

国内で行われるスポーツの中でも、桁違いに費用がかかるのがフィギュアスケートだという。

 

毎日の練習に使用するリンク料の他、コーチへの指導料も大会に出場するために必要だ。

 

しかも有名クラブに所属するとなれば、登録料だけで60万円以上するところもある。

 

スケート靴は一足5万円~20万円とかなり高額で、それが年間に2~3足は必須。衣装代など含めると年間、500万円はかかるという。

 

本田望結もその中の1人で、他の兄弟3人もフィギュアスケート選手。子供のタレント料だけでは4人のスケート費用をまかなえないだろう。

 

そこで注目されるのが、親の職業。お金持ちでないと4人の子供をスケート選手にするのが大変だからだ。

 

ネットの噂では「会社員」、「医者」、「老舗の味噌屋」といった情報が飛び交っているが、まず、老舗の味噌屋「本田味噌」というのは、ガセらしい。

 

「本田味噌」の社長の名前が本田竜一氏でないのと、顔自体も違うからだ。

 

また、「会社員」、「医者」という情報もあるようだが、どちらも信ぴょう性にかける。会社員なら検索をかけてもヒットしないだろうが、医者なら名前くらいは出てきそうなもの。

 

それでもヒットしないのだから、医者ではないのだろう。

 

そのほかの職業で一番有力なのが、「不動産関係」。本田望結の祖父がエディオンの会長か何かで大地主だそう。

 

父親の本田竜一氏はその関係の不動産を管理する会社社長なので、お金持ちだと噂されている。

追記

週刊新潮の報道により、本田望結の親の職業が判明した。

本田真凜 父の仕事や祖父の会社が判明!口上が力士みたいだと話題に!


Sponsored Link


本田望結の兄弟 長女の真帆は顔出しNG?

本田望結の兄弟5人の内、長男・太一、次女・真凜、三女・望結、四女・紗来の4人がフィギュアスケート選手だが、長女の真帆さんだけが、フィギュアスケートをしてなくて、芸能活動もしていない一般人。

現在は普通の大学生だという。

 

だから顔出しNGとされており、マスコミが本田家を取材しても長女の真帆さんだけが参加していない。

 

父親の影響でフィギュアスケートを始めた兄弟だったが、長女の真帆さんは体が弱かったのでスケートをしなかった。

 

現在、女姉妹3人が世間から注目されてるだけに、残された長女のことが気になるのは無理のないことかもしれない。

 

そんな女姉妹3人の実力は、次女・真凜が世界ジュニア金メダリスト。三女・望結は女優との2刀流ながらも去年行われた「京都府民総合体育大会・女子シングルジュニア幼年女子の部」において優勝。

 

四女・紗来も子役タレントの2刀流で同大会「B級幼年女子の部」に優勝している。

 

そして、今年から関西大学中等部へ進学した三女・望結は、フィギュアスケートの練習はすごく大好きで楽しいと語っており、「遊びで終わりたくないので、ちゃんとした選手になれるように頑張りたいです」と、女優業と両立させることを誓っていた。


Sponsored Link


▲トップへ戻る