香取慎吾の闇 黒うさぎの絵は引退を暗示?うつ病で木村拓哉を睨む目つきがヤバい!

香取慎吾 闇 黒うさぎ 絵

SMAPが今年12月31日をもって解散することを発表したその日、草なぎ剛(42)と香取慎吾(39)がパーソナリティーを務めるbayfmラジオ「SMAP POWER SPLASH」が放送された。

 

ラジオは解散が発表された後のオンエアで、冒頭に「8月3日に収録したものです」と、説明。2人は解散について触れなかったが、香取は番組で闇を抱える「うつ病」の人のような発言をしていたのである。

 

例えば、放送中の睡眠に関する話題で香取は、朝方に眠るが「どうして眠れないんだろう」とボヤいていた。

 

また、SMAPのメンバー5人がそろって出演する番組、「スマスマ」がグループ解散発表後の15日に放送されたとき、ただひとり香取だけが笑ってなくて、木村拓哉を睨みつける場面が映し出されていたのだ。

 

そして以前、香取の書いた4匹の黒うさぎの絵が話題になったが、絵は香取自身の「引退を暗示」していて、木村拓哉以外のメンバー4人を書いた意味深なものと言われた。

 

ネット上では、「木村を睨む目つきが怖い」「薬が原因か?」といった「うつ病」で闇を抱える状況の香取を心配する声があがっている。


Sponsored Link


香取慎吾の闇 黒うさぎの絵は引退を暗示?

今年1月の解散騒動以降、収束の糸口が見えなかったSMAP。

 

5月上旬には、ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏が「解散とか冗談じゃない」と否定したものの、 木村拓哉以外のメンバーは今後のスケジュールが極めて不明瞭だった。

 

そんな中、香取慎吾の衝撃的な発言が、現場に緊張感を走らせていたという。

 

香取がドラマの打ち上げで「自死」をほのめかしたことで、スタッフが香取の自死阻止に大真面目に取り組んでいたのだとか。

 

さらに香取の書いた4匹の黒うさぎの絵が話題に。これは、香取自身の「引退を暗示」していると言われ、「木村以外のメンバー4人」を書いた意味深なものなどとウワサされた。

 

4匹の黒うさぎの絵が引退を示唆しているのか真偽は不明だが、香取は完全に闇を抱えた「うつ病」のような状態に陥ってしまっているのだ。

 

ネット上では、「慎吾ちゃんヤバくない?」「香取はうつの薬を飲んでる感じ」「ずっと無表情だったけど抗うつ薬飲んでるおじさんにそっくりだった」と、抗うつ薬の影響があることを示唆。香取を心配する声があがっていた。


Sponsored Link


香取慎吾 うつ病で木村拓哉を睨む目つきがヤバい

15日の「スマスマ」はグループ解散発表後の放送だっただけに、皆が注目していたが、「うつ病」の症状は放送でも浮き彫りとなった。

 

画面に映し出された香取慎吾の顔は、全然笑わないばかりか怒ったような表情に。しかも木村拓哉を睨みつけていたのだ。

 

これを受けてネット上では、「香取の顔が怖い」「慎吾のあれは安定剤飲んでる顔だよ。俺と同じ目つきだったから分かる。」と話題になった。

 

この日のゲストで出演していた片岡愛之助のクイズ企画で香取は、回答する木村を睨めつけていたが、香取の目つきは、いかにも木村に恨みを持つ目つき。

 

それもそのはず、SMAPの担当マネージャー・飯島三智氏が所属事務所を追われたときに木村だけが裏切り、事務所へ残る決断をしたから香取にとっては敵なのである。

 

香取がまだ少年時代、木村にパシリをさせられていたことへの恨みが、飯島氏のことで一気に爆発。確執ができたことから段々と香取の様子は変わっていってしまったという。

 

飯島氏を母親のように慕っていた香取にとって、裏切り者の木村は相当許せなかったのだろう。


Sponsored Link


▲トップへ戻る