高畑裕太のハニートラップ 黒幕は被害者の知人男性?年齢が49歳はデマか?

高畑裕太 画像

俳優の高畑裕太容疑者(22)が8月23日に宿泊していたホテル「サンカント」で事件を起こし逮捕された件で、いろいろな憶測が飛び交っている。

 

まず、被害者の女性に関してだが、ホテルの従業員ならトラブルになった場合の対処マニュアルがあるはず。しかし被害者は上司に言わずに第三者が警察に通報した。

 

報道によると警察に通報したのが被害者の知人男性となっている。もし通報したのが夫であれば、普通ならそんな書き方をしないし、彼氏や友達の場合でも「知人男性」という表現はあまり使わない。

 

では、「知人男性」という人物は一体誰なのか?

 

その知人男性は女性従業員が被害にあってから1時間後に「犯人は高畑裕太だ!」と警察に通報している。この段取りの良さに「ハニートラップ」説が浮上。用意周到ぶりを思わせる行動から知人男性が黒幕ではないかと、もっぱらのウワサだ。

 

また、高畑裕太容疑者が泊まっていた「前橋ホテル サンカント」の営業形態にも問題がある。

 

報道によると被害者の女性の年齢は49歳。ホテル側も女性の年齢が49歳だから一人で夜間勤務させても安心だと思っていた可能性は否定できない。

 

おそらくホテル側も被害女性の年齢が20代や30代だったら一人で勤務させることはなかっただろう。

 

人手不足などから一人勤務させるのは止むを得なかったのかもしれないが、せめてシフトを代えるか、もう一人男性従業員を付けるかなどの対処があれば、事件は起こらなかったかもしれない。

Sponsored Link


高畑裕太のハニートラップ 黒幕は被害者の知人男性?

事件後に報道されていることで不思議に思うのは、大学時代の知人が「高畑裕太容疑者は若い子が好きだった」と発言している点だ。

 

一緒に飲んでいる時にかわいい子を見かけると『いいね』なんて話すことはあるが、『熟女が好き』なんて話は一度も聞いたことがなかったとか。

 

被害女性の年齢が49歳とされているが、よほど若く見えたのか、大学時代の知人は報道を見て違和感を覚えたそうだ。

 

さらに今回の事件はハニートラップだった可能性もあるという。

 

事件があったとされる日、高畑裕太容疑者は部屋で熟睡していたところを逮捕されているが、もし無理やりだったら、おちおち寝ている場合でないはず。

 

同意の上であろうと結局、被害者の知人男性が警察に通報している。

 

そもそも警察に通報したのが被害女性の知人男性という点も疑問だ。いまのところ正体が誰なのか分かっていないが、すぐ警察に通報していることを考えると、あまりにも計画的。ハニートラップを仕掛けた黒幕が知人男性といわれるのも無理はないだろう。

 

いずれ真実が明かされることになると思うが、相当な示談金と仕事での賠償金が発生することに変わりはない。

Sponsored Link


高畑裕太の被害者の年齢は49歳?

高畑裕太容疑者が犯した事件は、被害者の年齢が49歳と報じられているが、一説には44歳というウワサもある。

 

被害者の年齢が49歳なのか、44歳だったのか分からないが、女性一人に任せていたことは事実。ホテル側の管理責任にも問題があったようだ。

 

そしてそのずさんな管理はホテルの営業形態にも現れていた。

 

まず、ホテルのホームページを見てみると、評価は客によって違うがこれまでに泊まった客の口コミが良くない。たびたび従業員の悪評が記してあった。

 

本来、従業員の教育は経営者の仕事。女性を一人で夜間勤務させたのも経営者の責任となる。

 

高畑容疑者は深夜に被害者が一人になるのを知っていたと供述しているので、やはり年齢に限らずもう一人、男性従業員を付けておくべきだったのだ。


Sponsored Link


▲トップへ戻る