柴崎岳と桐谷美玲の目撃情報 ニトリや鹿嶋市のスーパーで買い物はガセだった!

柴崎岳 画像

2016年12月18日に行われた「FIFAクラブ・ワールドカップ2016」決勝で、スペインのレアル・マドリードと対戦した鹿島アントラーズは、延長戦の末に2‐4で敗戦した。

 

残念な結果に終わったが、欧州チャンピオンであるレアル相手に鹿島は大奮闘。しかもこの試合で2ゴールを決めた鹿島の柴崎岳選手(24)に対し、スペインメディア『MARCA』が驚きの内容で伝えている。

 

元日本代表の柴崎選手に対し、同メディアは「新たなスターには200万ユーロの価値」の見出しで、柴崎選手を紹介。

 

200万ユーロは現在のレートで2億5000万円ほどの価値。レアルから2ゴールを奪うほどの選手が、アジアのクラブでは2億5000万円ほどの市場価値と見られていることに、衝撃を受けているようだ。

 

柴崎選手といえば、今冬、欧州移籍に踏み切る可能性が浮上していた。複数の関係者によると、海外志向の強い柴崎がスペインリーグへの移籍を希望。現在2部のエルチェ、ヘタフェが興味を示しているという。

 

今回は、「クラブ・ワールドカップ2016」決勝で活躍した柴崎岳選手の移籍問題や彼女と噂されるタレント・桐谷美玲と一緒にニトリや鹿嶋市内で買い物していたという目撃情報などについてまとめてみた。


Sponsored Link


柴崎岳の彼女は桐谷美玲?

柴崎岳選手の彼女が桐谷美玲という噂が広まっているが、どうもガセだったようだ。

 

桐谷の彼氏といえば、過去に読者モデルの平田遥と付き合ってるのがバレたが、以来浮いた噂が出てこない。

 

映画やドラマで共演した山﨑賢人と一時期、噂されていたが、これも明確な証拠がなく、ただの仲の良い友達ということだった。

 

ただ、桐谷は現在ある芸人といい関係だそうで、もうすぐ付き合うくらいの勢いだとか。

 

相手の芸人が誰なのか分かっていないが、そのうち週刊誌にすっぱ抜かれる可能性が出てきている。

 

桐谷美玲 画像

 

一方、柴崎選手の彼女に関しても明確な情報は日本に居る間は一度も出なかった。

 

桐谷とのガセ情報がツイッターで出回ったくらいで、それ以外は2代目Jリーグ女子マネジャーでモデルの佐藤美希が彼女との噂があったくらい。

 

だが、この噂は一方的に佐藤が柴崎選手を好みだと発言しただけで、結局、2人が付き合っているという証拠は見つかっていない。

柴崎岳と桐谷美玲を目撃 ニトリや鹿嶋市のスーパーで買い物していたのはガセだった

柴崎岳選手と桐谷美玲が2人揃ってイオンのニトリや鹿嶋市内のスーパーで買い物をしていたのを目撃したと、ツイッターで拡散されたが、どうやらこれはガセの情報だったらしい。

 

最近では、セレッソ大阪の柿谷曜一朗選手がタレントの丸高愛実と結婚したり、浦和の槙野智章選手と女優の高梨臨が交際していたりと、確かにサッカー選手はモテる。

 

ニトリや鹿嶋市内の目撃情報が何の意図があってツイッターで流れたのか分からないが、桐谷と仲の良いモデルの佐藤ありさがフランクフルトの長谷部誠選手と結婚したから、そういった噂が流れたのかも知れない。


Sponsored Link


柴崎岳の移籍が決定?

「FIFAクラブ・ワールドカップ2016」決勝で鹿島アントラーズはレアルに負けてしまったが、この試合でレアル以上にスペインメディアが注目しているのが、2ゴールを決めた鹿島の柴崎岳選手だった。

 

スペインの『マルカ』紙は、柴崎選手が海外の移籍に興味があると言及していたことに注目。「レアル相手に見せたプレーができるのであれば、おそらくそれは可能だろう」と評価している。

 

また、イギリス紙『ザ・サン』は柴崎選手を「日本のイニエスタ」と、バルセロナでプレーするスペイン代表MFアンドレス・イニエスタのようだと評したとか。

 

これまで柴崎選手には海外移籍のチャンスは幾度もあった。14年末にセリエAパルマへの移籍が噂されたが、財政危機で破談。

 

15年にはドイツ1部ハンブルガーSV、フランクフルトから興味を示されたが、両者とも正式オファーに発展しなかった。

 

柴崎選手自身は、スペインリーグへの移籍を希望しているといい、それに伴って現在2部の「エルチェ」、「ヘタフェ」が興味を示しているという。

 

エルチェは14-15年シーズンまで1部に所属。現在は勝ち点22で2部の8位につけ、自動昇格圏の2位ジローナを勝ち点5差で追う。

 

ヘタフェは今季2部に降格も、1年での復帰を目指して現在5位。ともに来季の昇格を狙える立場だ。

 

今回のクラブ・ワールドカップで、柴崎選手に高い評価が加わったことには違いない。レアルとまではいかないものの、ビッグクラブからオファーがくる可能性もある。

 

柴崎選手は関係者に「鹿島で優勝してから海外に行く」と言っていたという。鹿島との契約は現在、延長提示にサインして18年1月まで延びているが、これは置きみやげに移籍金を残すためなのだとか。

 

クラブは慰留に全力を挙げる予定だが、近年はDF内田選手やFW大迫選手の移籍を容認したようにオファーが届けば、親心で送り出される可能性がある。


Sponsored Link


▲トップへ戻る