2丁拳銃 小堀が最低?嫁と子供がいても家に帰らない!実家の両親は浮気で離婚

2丁拳銃 小堀 画像

7月3日放送の「人生が変わる1分間の深イイ話」は、ヘドロ芸人でおなじみの「2丁拳銃」小堀裕之が再び登場。小堀家にまたもや事件勃発?相方・川谷修士の嫁・野々村友紀子が説教か?

 

以前の放送で小堀は週に2回しか家に帰らず、嫁や子供たちとほとんど交流がない家族として紹介されていた。

 

しかも収入が少ないからといって、嫁や子供のために何も買ってきたことがなく、かといって自分のことに関しては気にせずお金を使っている。

 

そんな小堀の自分勝手さに「旦那として最低!」とスタジオ出演者も驚きの声をあげていた。

 

いろいろと暴露され最低のレッテルを貼られることになった小堀だが、またそれを凌ぐのが小堀の母だ。

 

小堀の実家はそもそも、祖父が議員。なかなかの名家だったらしいが小堀の父親が財産を食いつぶして名声を失うことになったとか。

 

それに両親それぞれが浮気をして離婚。当時通っていた学校の先生から、「なんでグレへんの?」と訊かれたという。

 

なので今の小堀が最低と言われるのは、実家の両親に影響されているのかもしれない。


Sponsored Link


2丁拳銃 小堀が最低?

「2丁拳銃」小堀裕之が最低と言われる所以は、1か月の家賃を引いて5万円しか家にお金を入れていないところだ。

 

そのため貧乏生活を強いられてしまい、毎日の食事はカレー。ついに子供たちはカレーが嫌いになってしまったという。

 

また、子供たちのおやつも質素なものしか食べさせてやれないとか。お金がないため、子供たちには、パンのみみを揚げて砂糖をまぶしたものを食べさせている。

 

一方、自分のことには金を使う小堀の部屋には、ハーモニカだけで15個、ギター4本などが置いてある。自分の趣味には金をかけている旦那に対して嫁の真弓さんは「最低ですよね。恥ずかしい」と嘆いていた。

 

また、貧乏生活を強いられているため、嫁が履く靴はボロボロ。それでも小堀は自分が使うために子供のお年玉を借りる。

 

それは、子を持つ親とは呼べない小堀の最低さが滲み出るエピソードだった。


Sponsored Link


2丁拳銃 小堀は嫁と子供がいても家に帰らない

前回の放送で、「2丁拳銃」小堀は週に2回しか家に帰らず、嫁や子どもたちとほとんど接していないことが暴露されている。

 

しかも現在は「バッドボーイズ」の清人と週7で飲み歩いているのだとか。

 

ますます家に帰らなくなった小堀だが、そもそも小堀には4人の子供がいて、4人目は2014年3月に嫁が40歳で出産。

 

4人目は男の子なので、子供は男の子3人と女の子1人となる。

 

2丁拳銃 小堀 嫁 画像

2丁拳銃 小堀 子供 画像

出典元:2丁拳銃 小堀裕之ブログより

 

本来、小さい子供がいれば、家に帰りたくなるのが普通だが、去年のクリスマスは家族団らんとはならず、嫁は奈良の実家に帰省。小堀は家で後輩たちと忘年会をしていた。

 

小堀が家に帰ってきたのは4日ぶりの12月23日。しかもこの日はライブを見に行くため滞在時間は10分だった。

 

自由すぎる小堀の行動が際立つが、嫁の真弓さんは離婚を考えないと話す。その理由は真弓さんの姉も自由人だからと、意味不明の答えだが、人それぞれなので本人が良ければ、それでいいのではなかろうか。

2丁拳銃 小堀 実家の両親は浮気で離婚

「2丁拳銃」小堀の実家は奈良県で名家だったが、父親が財産を食いつぶして名声を失うことに。さらに父親は2度、母も1度自己破産しているという。

 

両親もこれまた自由人で、それぞれが浮気をして離婚。父親の相手は、近所に住んでいた小堀の友人の母親。

 

方や母親の方はというとは、父親の浮気をバラした男と不倫に発展。相手の男は近所に住む煙草屋のオヤジだったとか。

 

両親が離婚した後、小堀は、母親に引き取られ、母方の姓「種村」を名乗った。しかし、ひとり息子だったため、小堀家の跡継ぎが必要を理由に、40万円で父方に譲渡された。

 

そのため最初は、友人の母親と生活するはめになったのだが、結局耐えられず、実母の元へ戻ることに。その後、父親は友人の母親と別れて母親と再婚。だが、のちに再び離婚している。

 

息子の小堀も両親の血を受け継いだのか、浮気グセがあるという。

 

小堀が自由奔放なのは実家の両親に影響されているともいえるが、嫁の真弓さんからすると、そうゆうところが面白いらしい。


Sponsored Link


▲トップへ戻る