松居一代のおかしい言動や尾行ブログの理由が文春砲で判明?離婚から逃げているだけだった!

松居一代

これまでおかしい言動が続き、尾行されて逃げているなどとブログにつづっていたタレントの松居一代(60)が5日になって動画をYoutubeに投稿した。

 

松居は動画を投稿する前に「週刊文春は私を騙した」と題して、ブログを更新し、Youtubeに動画をアップしたことを報告。

 

動画では、週刊文春の取材を受けた際の記事内容が、確認できなかったことで「裏切られた」と主張した。

 

その後、松居は「船越英一郎 裏の顔」とした第2弾の動画をアップ。そこには健康食品のイメージキャラクターを務めているのに糖尿病と診断されたことを黙っているとか、親友でハワイ在住のエステティシャンとW不倫していることなどを暴露した。

 

また、3日に更新したブログでは、尾行される原因となった「デスノート」ならぬ「フナノート」の存在を明かしていたが、この動画で2冊のノートを公開。

 

松居は「そのノートで不思議に思っていたことが、すべて分かった」と語り、「私を悪者に仕立てあげて離婚し、その女性と一緒になって私の財産を奪う計画をしている」などと主張した。

 

結局、この段階では文春がどのような記事を掲載するのかわからない状態だったが、5日午後になって文春オンラインが船越英一郎と松居一代の離婚調停について報道。

 

夫・船越英一郎の代理人弁護士が松居に対して離婚調停申し立てを行なったので、まもなく松居の元に『調停申立書』が届くとしている。

 

松居は「1年5ヶ月も尾行され続けているの」「サスペンスより恐ろしく怖い怖い真実」などと、ブログを通じて世間を騒がせていたが、その理由は文春砲の内容からして、ただ離婚話から逃げているだけだったように思われる。


Sponsored Link


松居一代のおかしい言動や尾行ブログの理由が文春砲で判明?

松居一代の言動がおかしくなり始めたのは、6月27日に投稿したブログからだった。

 

「1年5ヶ月も尾行され続けているの」と告白し、夜でも電気を消して生活していると明かした松居は、後日のブログで、2枚の電気料金の領収証の画像を投稿。

 

尾行から逃れる生活を始めてから電気代が3分の1にまで減少したことを証明した。

 

また、尾行から逃れるため、現在の居場所は家族にも知らせていないと語っていたが、誰に尾行されているとか、理由など肝心なことは何も触れなかった。

 

この件に関して松居の所属事務所は、「松居とは連絡が取れていて元気にしており、さらにブログ内容について真実です。真実のみを伝えたいという本人の思いですから、それ以上でもそれ以下でもありません」とする回答のみ。

 

その後もおかしい言動が続いたことで「松居一代の妄想?」「完全に統合失調症」「意味不明」と、世間からは病気扱い。

 

すると、松居は「私は病気にはなっておりません 頭も、お陰様で脳みそは入っています」とつづったが、それ以降も謎のブログは継続した。

 

そして、5日の文春砲により、これまで謎だった尾行の件やおかしい言動の理由が判明。

 

文春は船越英一郎が松居一代に離婚調停を申し立てていることを報じた。


Sponsored Link


松居一代の尾行ブログは離婚から逃げているだけだった?

夫・船越英一郎は、騒動以降も沈黙を守っているが、文春によると離婚は2年ほど前から話し合ってきたことで、6月28日、代理人の弁護士が松居に離婚調停申し立てを行なったという。

 

どうやら松居は離婚から逃げていたようだ。

 

これまで尾行されていることを世間に信じてもらおうと必死だったが、助けを求めている感もなく、行動の意図がまったく見えてこなかった。

 

今回動画を投稿したのも離婚を考え直させる手段だったと思えば納得できる。

 

しかも松居は一般男性だった前夫の時にも揉め事を起こしている。

 

松居と前夫は1986年に結婚し、1989年に長男が誕生。幸せの絶頂にいた松居だったが、直後から壮絶な人生が始まる。

 

息子は生後20日を過ぎた頃、全身が真っ赤にただれ、24時間激しいかゆみに襲われた。医師の診断結果は、「重度のアトピー性皮膚炎」。

 

愛する息子の治療のために日夜病院を走り回る松居をさらに悪夢が襲う。前夫の浮気が発覚したのだ。

 

松居は、息子を連れて家を飛び出したが、試練は続いた。

 

前夫は多額の借金を抱えており、松居が連帯保証人にされていた。金額は1億7500万円で、当時、松居はストレスのあまり顔面神経麻痺と失語症になったほど。

 

そして6年にわたる泥沼離婚裁判を経て、1996年に松居と前夫は離婚。その後もコツコツと借金返済を続け、完済したのは2007年だった。

 

松居は2001年に船越英一郎と再婚したが、前夫は去年4月に心筋梗塞で死去(享年60)。

 

前夫が亡くなったことで経営していた会社に息子を継がせようとしたが、会社に借金があることがわかって断念。取れる金は取ろうとする松居らしい決断だった。


Sponsored Link


Comment

  1. […] ⇒ 松居一代のおかしい言動や尾行ブログの理由が文春砲で判明?離婚から逃げているだけだった! […]

▲トップへ戻る