南海トラフ地震 予言者の予言はデマだった!?和歌山は前兆なのか?

南海トラフ地震

2016年11月19日午前11時48分ごろ、和歌山県南部を震源とする最大震度4の地震が発生した。

 

この地震によって以前から警戒されている「南海トラフ地震」の前兆を心配する声が多数上がっており、しかも予言者である松原照子氏の予言通り、11月23日が「Xデー」になるかも知れないと不安視する声も上がっている。

 

和歌山県南部の地震に関して、気象庁は、震源の深さは約60km、地震の規模を示すマグニチュードは5.4と推定。東海・北陸、近畿、中国・四国地方などの広い地域で震度3から1の揺れを観測したと発表した。

 

予言者の松原氏は、「南海トラフ地震」の前兆として、1週間くらい前に伊豆半島付近でマグニチュード6クラスの地震が発生すると予言している。

 

さらには、11月23日という日付の根拠が紅葉の季節で水曜日が祝日になる日とのことから2016年の11月23日に南海トラフ地震が発生すると予測される。

 

今回の和歌山県南部の地震は、松原氏の予言「南海トラフ地震」の前兆だったのか?日付と場所が微妙に違っているが、そう考えられなくもない。

 

しかし、結果として「Xデー」である11月23日が過ぎても何も起こらなかった。デマもいいとこだったのである。


Sponsored Link


南海トラフ地震 予言者の予言はデマだった

予言者の松原照子氏は2011年3月11日の東日本大震災を予言したとして、一躍注目されることになり、次にまた大地震が発生することを予言している。

 

松原氏は幼い頃から「不思議な世界(神様や守護霊のようなもの)」の存在から、未来の話を聞ける特殊な能力を持っていたらしく、これまでにも様々な災害を予言してきたという。

 

東日本大震災については1ヶ月ほど前に予言し、警告を発していたとか。

 

その内容は、こうだ。

やはり太平洋側は動く気配がムンムンしています。 『陸前高田』と云う地名が声にならない会話を自分にしています。どこにあるのだろうと探してみると見付かった。

指で感じ取ろうとしたが期待ほど感じなかったが釜石辺りが赤く見えた。 東和と書かれている場所辺りが気になった。 今度揺れると広範囲に思える。

岩手・秋田・山形・宮城・福島・茨城これだけ書けば当たるだろうと思える県名だが書かずにはおれない思いになります。 目の前に5の数字が先程から見えて仕方がない。

千葉も神奈川も近く揺れると思われるし東京・埼玉も『なんだこれ』私がおかしいのか群馬も栃木も長野もいつ揺れてもおかしくない事を地図は語ってくれているだけに私自身、今日は地図を見る力が薄れているのかと心配になってしまうくらいだ。

もしかすると近日中に何回か揺れを感じるかかなり広範囲なのかもしれないと思った。

もっと他も見ないといけないのだろうがこれ程の県名を書いた後だけに見る気がなくなったが、心の中で『揺れる・揺れる』と言っている自分がいた。又改めて見てみますが気を付けて下さい。 大きな揺れを感じる私がここにいます。

 

何だか長ったらしくて分かりづらいが、要は「陸前高田」「釜石」辺りが地震の被害を受けると捕らえられる文章になっているようである。

 

文中で「もしかすると近日中に何回か揺れを感じるかかなり広範囲」と記しているのも予言してから1ヶ月弱だったので、一応は的中しているといってもよさそうだ。

 

そして、問題の「南海トラフ地震」が11月23日に発生するような予言をしているが、松原氏自身は直接的に11月23日に大地震が発生するとは言ってなく、誰かがそのような解釈をして拡散されてしまった結果、そういうことになったという。

 

そして、心配された11月23日が過ぎても「南海トラフ地震」は起きなかった。誰が拡散したのか分からないが、大デマだったのである。


Sponsored Link


南海トラフ地震 和歌山は前兆なのか?

和歌山県南部を震源とする地震の直後から「YAHOO!リアルタイム検索」では、「地震」「南海トラフ」が上位にランクインしていた。

 

なにも松原氏の予言に限ったことではなく、南海トラフ地震が近々発生するという情報をどこかしらからで聞いていることから、和歌山の地震を「南海トラフ地震」の前兆と捕らえる人がいたのだろう。

 

確かに、いつ南海トラフ地震が発生してもおかしくはないと言われており、和歌山は場所的にも南海トラフ域に該当する。

 

予言者・松原氏の予言では、大地震が発生する1週間くらい前に伊豆半島付近でマグニチュード6クラスの地震があり、本震は伊豆が紅葉しないカレンダーが赤くなってる水曜日というものだった。

 

さらには、この地震が原因で日本列島が分裂するとまで予言しているのだ。

 

これを誰かが南海トラフ地震のことと解釈。

 

11月23日である根拠を紅葉のシーズンでカレンダーが赤くなってる祝日の水曜に「南海トラフ地震」が発生すると拡散したので信じる人が続出してしまった。

 

結果は、デマだったが、よく考えてみると2017年とか2018年とかも曜日は違えど11月23日は紅葉のシーズンでカレンダーが赤くなっている。

 

なにも2016年とは予言されていないので、もし、2017年とか2018年の11月23日より1週間くらい前に大地震が発生したならば、松原氏の予言どおりになってしまうかもしれない。


Sponsored Link


▲トップへ戻る