泉里香 昔の写真が顔違う!?整形する前のセーラームーン時代 名前は?

泉里香 写真

最近ブレイクして、バラエティ番組で多く見かけるようになったモデルの泉里香(28)は「今一番なりたい体」と女性たちの憧れの的だ。

 

だが、エロふわボディと称されるも昔の写真と現在とでは顔やスタイルがなぜ全然違うのかと話題になっている。

 

以前、泉がバラエティ番組で指原莉乃と初共演したときに、指原は泉の可愛さに嫉妬。その時に指原は「こんなに可愛くて、お胸もあって…。」と妬み全開のコメントをしていた。

 

やはり女性からすると泉は魅力的に見えるようである。

 

そんな泉も昔は一時芸能界を休業するなど苦労をしてきた。

 

実写版『セーラームーン』に出演していた当時の泉は「浜千咲」の芸名で活動。番組終了後に芸能活動をいったん休業し、名前を変えて再スタート。

 

ただ、セーラームーン時代は今と顔やスタイルが違うため、整形する前の黒歴史として語られている。


Sponsored Link


泉里香 昔の写真が顔違う?

泉里香のスタイルに憧れる女性が多いという。

 

だが、本人は「胸が大きすぎる」というコンプレックスをテレビで明かしている。

 

本人いわく「太って見られがち」「軽い女と思われがち」「ロケバスに乗っている時や走った時に揺れると痛い」などその理由を明かし、男性から「恥ずかしいから一緒に歩きたくない」と言われたというエピソードも披露。

 

モデルだけに撮影時は「(胸を)隠すようなポージングをしたり、修正してます」と胸の谷間を修正で消すという裏事情も告白している。

 

テレビで大きい胸が「コンプレックス」と告白していた泉だが、どうやらグラドルのあいだで評判が悪いのだとか。

 

その理由は、自分で豊胸手術しておいて「胸が大きいのが悩み」なんてどんな性格!ってことらしい。泉の胸には350MLのシリコンが入っているのだという。

 

泉里香 写真

泉里香 昔の写真

 

たしかに、昔の写真を見てみると、泉の胸はぺちゃんこ。おまけに顔も違っている。

 

昔の写真によって整形、豊胸疑惑が噴出してしまったが、泉はそれによってブレイク。芸能界ではありがちな話なので、「したもん勝ち」ということだろう。


Sponsored Link


泉里香 整形する前のセーラームーン時代 名前は?

実写ドラマ「美少女戦士セーラームーン」が放送されていたのは、2003年10月4日~2004年9月25日。

 

このドラマに北川景子が出演していたのは有名な話だが、泉里香も当時の名前を浜千咲として出演している。

 

泉は学校一の秀才という水野亜美/セーラーマーキュリー役で、ぴったりした全身レオタードを着用。当時の泉を知るファンは、現在の姿を見て「マーキュリーパワーでバストが急成長した!」と驚いているという。

 

泉里香 昔の写真

 

当時のセーラームーン出演陣は、今でも仲が良いらしく、北川景子らとの集まりがちょっとした話題になった。

 

このとき全員がほぼ無名だったが、番組終了後、北川景子は有名女優、セーラージュピターを演じた安座間美優は「CanCam」、セーラーヴィーナスの小松彩夏や、当時子役だった小池里奈もグラビアやドラマなどで活躍中だ。

 

セーラーマーキュリー役だった泉里香は「Ray」の人気モデルとなったが、一時は活動を休止していた時期もあった。

 

実はなかなかブレイクできない長い下積み時代があったため、休業して名前を改名。整形疑惑が囁かれているだけに「整形する前」の黒歴史時代というわけだ。

 

実写版「セーラームーン」に共演していたのは北川景子しか知らないという声がほとんどだが、泉は『顔が違うと言われても胸を売りにして絶対に有名になってやる』と決意したのではないかとウワサされている。


Sponsored Link


▲トップへ戻る