大原麗子の死因はどんな病気?晩年はギランバレーを患い自宅で療養中だった!

大原麗子 画像

女優の大原麗子さん(享年62歳)が亡くなってから、今年で8年目を迎える。

 

大原さんは2009年8月6日、東京都世田谷区の自宅で亡くなっているのを弟さんと警官が発見。連絡がとれないことを心配した大原さんの弟さんが3日に警察に相談し、6日午後7時ごろ警官とともに自宅を訪れると、大原さんは寝室のベッドで倒れていたという。

 

大原さんは1973年に俳優・渡瀬恒彦さん(享年72)と結婚したが、5年後の78年に離婚。80年には歌手・森進一(69)と再婚するも84年に離婚した。

 

晩年の大原さんは芸能活動を休止し、1人自宅で晩年を過ごしていたといわれ、悩まされていた難病の病気「ギランバレー症候群」とも闘っていたという。

 

さらに大原さんは2008年11月に自宅で転倒し重傷を負い、リハビリ生活を余儀なくされていた。

 

子供がいない大原さんは孤独を感じながら晩年を過ごしていたとされ、亡くなった時には「孤独死」と報道。

 

だが、本当の死因は「不整脈」で、不整脈による脳内出血が原因で死去していたとされている。


Sponsored Link


大原麗子の死因はどんな病気?

1964年にドラマ『幸福試験』でデビューした大原麗子さんは、その美貌と演技力で一躍人気女優となった。

 

73年には映画『三匹の牝蜂』などで共演した、渡瀬恒彦さんと結婚。だが、結婚3年目の75年に大原さんは、難病の病気「ギランバレー症候群発症」を発症してしまう。

 

発症から1年後、大原さんは病気を乗り越え見事復帰を果たす。

 

その後、78年に渡瀬さんと離婚するが、もともと2人は嫌いになって別れたわけではなく、渡瀬さんが京都に生活の場を移し、夫婦一緒に暮らそうと提案したことが離婚の原因だったとか。

 

当時の大原さんは売れっ子で、仕事は主に東京のテレビ局や撮影所。女優をやめて京都に住む選択をしなかったのである。

 

また、大原さんは渡瀬さんと結婚後に授かった子を亡くすという悲劇に見舞われていた。妊娠が子宮外妊娠だったため、泣く泣く緊急手術を行ったが、大原さんもそのとき危機にさらされて渡瀬さんから輸血を受けている。

 

そして、大原さんは80年に歌手の森進一(69)と再婚したが、84年に離婚。

 

離婚の理由は最初の結婚のときと同じように、女優をやめて家庭に入れようとしたことだったとか。

 

大原さんは82年に森進一の子を授かったが、悩んだ末、夫には何も言わずに中絶を決断。結局、2度の結婚生活で子供を授かることはなかった。

 

その後の大原さんは、女優を続けていたが、99年ごろに難病の「ギランバレー症候群」を再発して芸能活動を休止。03年ごろに一度は仕事復帰したが、08年10月末にまた再発した。

 

この「ギランバレー症候群」というのは、歩行障害などを引き起こす病気で、原因が分からないことから難病指定されている。

 

その影響で大原さんは休養中の08年11月に自宅で転倒。右手首骨折などの重傷を負ってリハビリ生活を送っていた。

 

翌年の09年8月6日に亡くなっているのが発見されるわけだが、当時の死因は不明。

 

弟さんと警官が自宅を訪れた際、出入り口と窓はすべて施錠されており、事件に巻き込まれた可能性は低く、自ら命を絶った痕跡もなかったという。

 

当初は死因を「ギランバレー症候群」などと報じられたが、この病気での致死率は5%ほどしかなく、調査の結果、不整脈による脳内出血が原因だったことが判明。

 

不整脈は心拍数が一定でない状態の事で、脳梗塞などにもつながる病気。大原さんの場合は脳内出血をおこしてしまっていたのだが、1人しか自宅にいなかったことが致命傷となった。

 

発見時の大原さんは、携帯電話まで3メートルと近づいたところでコト切れていたそうだ。


Sponsored Link


大原麗子の晩年はギランバレーを患い自宅で療養中だった

大原麗子さんの生い立ちは、壮絶な人生を送ったようだ。

 

女優になる前は父親の虐待で絶縁にまで至っていたという。

 

47歳のときには乳がんを患い、晩年は孤独な人生。難病の「ギランバレー」まで抱えていた。

 

1人孤独に病気療養していた東京・世田谷区の自宅は、大原さんが40歳の時に土地とあわせておよそ3億円で購入した物件で、敷地が約150坪、延べ床面積260平方メートルの白亜の豪邸。

 

間取りにかんしては、2階建ての4LDK。1階には40畳もある広いリビングとダイニング。大きな中庭があって2階にはキングサイズのウオーターベッドが置かれた寝室があったという。

 

そんな豪邸も大原さんの七回忌法要の直前に買い手が見つかり、自宅が売却されたという。

 

ただし、「買い手が見つかるまでの6年間は買い手が1人もいなかった」と弟さんは話す。

 

ずっと空き家だったためメンテナンスだけでも大変で、家の窓を開けて風を通して、掃除機をかけ、拭き掃除をしたりするだけで1日がかり。

 

広い庭の草刈りもすべて1人でやらなければならず、泊まりがけでやる必要があるので水道や電気、ガスも止められない状態。光熱費だけで毎月数万円、それに加えて固定資産税が毎年89万円もかかっていたという。

 

生前、大原さんは「この家をもし売るときはできればそのまま残してくれるとうれしいな」と弟さんに言葉を遺していたというが、弟さんからすれば、想像以上に大きな負担がのしかかっていたようだ。


Sponsored Link


▲トップへ戻る