山口俊(巨人)逮捕か?傷害事件で怪我させた病院はどこ?会見と処分はどうなる?

山口俊 巨人 画像

プロ野球・巨人の山口俊投手(30)が、酒によってトラブルを起こしていた事が発覚した。

 

山口俊投手は18日の中日戦で、予告先発(事前に先発投手を発表する制度)を発表されていたが、急遽登板を取りやめ。

 

球団の発表によると、山口投手は自身の誕生日にあたる11日に東京都内の飲食店で友人らと酒を飲んだ際、誤って右手甲を負傷。

 

その際、訪れた都内の病院であばれて扉を破壊したり、止めに入った男性警備員を負傷させたりするトラブルを起こした疑いが生じたため、起用を取りやめたという。

 

また、報道によると、病院側は事件後に110番通報したが、警察が駆けつけるまでに山口投手らは現場から逃走しており、身柄確保出来ず。

 

病院側は、傷害と器物損壊の疑いで被害届を提出していて、警視庁が防犯カメラを調べたところ、山口投手とみられる男が、警備員に体当たりをする様子が映っていたという。

 

警視庁は現在、山口投手との関連を調べているということだが、今後は傷害罪、器物損壊で逮捕はあるのか。

 

さらに男性警備員を負傷させた病院の名前や球団側の会見、本人の処分がどうなるのかなど、まだまだ問題は尽きなさそうだ。

Sponsored Link


山口俊(巨人)逮捕か?

巨人の山口俊投手(30)が傷害事件を起こした問題で、11日、都内飲食店で誕生日祝いをしていた知人は誰なのか。

 

報道によると、一緒に飲食していたのは「同僚」や「他のプロスポーツ選手」で、その場で怪我をしたかは定かではないという。

 

昨シーズン終了後にフリーエージェント権を行使し、ベースターズから巨人に移籍した山口投手だが、ベースターズ時代の仲間だった投手の一人は「山口さんは酒グセが悪かった。自分も飲むけど人にも酒を飲ませる。11日は山口さんの誕生日だったし飲み過ぎたのでは」と分析。

 

山口投手の酒グセの悪さが露呈してしまったわけだが、男性警備員に2週間の怪我を負わしたこと、扉を壊したことは犯罪に該当しているのは間違いない。

 

病院側から被害届が出され、警察が受理していることから山口投手の逮捕もありそうだが、現在のところ身柄の拘束なし。

 

ではなぜ身元が分かっているのに逮捕されていないのか。

 

テレビなどでおなじみの大沢孝征弁護士によると、逮捕、身柄が拘束されなかったのは(1)逃亡の恐れがない(2)身元がはっきりしている、などの理由があったのではないかという。

 

さらには、『身元を引き受けて「あとはきちんと監督します」という人がいたのかもしれません。ただ、このような事象で逮捕されるケースはよくあります。』と話すのは、おそらく球団側のことを言っているのではないかと思う。

 

だが、球団が事件を知ったのは18日午前中だと釈明。本当はもっと早くから事件を知っていた可能性が浮上した。

 

野球賭博問題に続き、巨人からまたしてもトラブルが発生したのである。

Sponsored Link


山口俊(巨人)が傷害事件で怪我させた病院はどこ?

巨人の山口俊投手が犯した傷害事件は、目黒区の病院だということしかわかっていなかったが、どこの病院だったのか判明。

 

男性警備員に2週間の怪我を負わせた病院は、目黒区大橋にある「東邦大学大橋病院」だったのである。

 

当日の山口投手は酒に酔った状態だったという。事件発覚までの1週間、山口投手は球団に報告せず、17日に行われた九州北部豪雨災害の復旧支援として、募金活動に参加。

 

出身が九州・大分の山口投手は「少しでも力になれたら」と話していた。

 

その後は18日の登板に向け調整していたが、18日の中日戦登板を取りやめ。

 

予告先発投手が当日、登板を取りやめるのは、事故や怪我などを除いて山口投手が史上初めてとなった。

山口俊(巨人)会見と処分はどうなる?

巨人の山口俊投手(30)が犯した傷害罪と器物損壊罪に関して、いまのところ球団側と本人は会見を開いていない。

 

また、山口投手の処分についても今後、試合への起用は自粛。19日にも出場選手登録を抹消されるということだけしか分かっていない。

 

山口投手に対しては、怪我を負わせた男性警備員の治療費、慰謝料を払って示談が成立するだろうし、壊した扉を弁償して事件は解決するだろう。

 

会見の方もいずれ開かれるだろうし、山口投手の処分に対してはその場で発表される見込みだ。

 

予想で言うと、おそらく山口投手の処分は試合出場の停止と罰金くらいなもの。解雇などの厳しい処分は下されないと思われる。


Sponsored Link


▲トップへ戻る