平尾昌晃の息子 長男は名古屋で店経営 次男は勇気!嫁とは2度の離婚を経験

平尾昌晃

作曲家の平尾昌晃さんが肺炎のため都内の病院で死去していたことが報じられた。享年79歳。

 

平尾さんは2年前に肺がんを患い闘病中だったとか。

 

肺がんを発症した当初は仕事をキャンセルしたり、外出時には携行式の呼吸補助器を使用していたという。

 

その後は病状が回復し、様子を見ながら仕事に復帰していたが、このたび突然の訃報となった。

 

また、2年前に平尾さんが救急搬送され、一時危篤状態が続いたことを次男で歌手の勇気氏(36)がブログで報告していたが、平尾さんには3人の息子がいる。

 

平尾さんは2度の離婚を経験しており、1度目の嫁との間にできた息子が1人。次男で歌手の勇気氏は2度目の嫁との子、その上に長男が1人いる。

 

その長男が名古屋で店を経営しているということなので、今回は平尾昌晃さんの家族についてまとめてみた。


Sponsored Link


平尾昌晃の息子 長男は名古屋で店経営

平尾昌晃さんは2度離婚しており、名古屋で店を経営している長男というのが、2度目の嫁との間に出来た息子だ。

 

長男の名前は平尾亜希矢氏(38)。昼間は父親の平尾昌晃さんが創設した「平尾昌晃ミュージックスクール」の名古屋校を運営し、その傍ら夜は、名古屋市中区錦3-12-22 新錦ビルB1にある「ガルシア」というラウンジを経営しているのである。

 

そのほか、美容商品の販売をするなど数々の経営に携わっている実業家の長男は、ゴルフや野球が趣味。普段の接し方は謙虚かつ低姿勢だそうで、いわゆる好青年といった感じらしい。

平尾昌晃の息子 次男は勇気

一方、平尾昌晃さんの次男の平尾勇気氏は兄と違って「ダメ息子」のレッテルを貼られる。テレビでもおなじみの次男・勇気氏は若い頃、毎晩、西麻布で飲み明かすなど絵に描いたようなダメ2世で、父親から絶縁されたこともあったほど。

 

勇気氏も2004年には、父親のように自身で作詞作曲し歌手デビューしたのだが、全然売れなかった。

 

その後はイベントなどで父親の持ち歌を歌ってアピールするなどしたが、注目されることはなかったという。

 

また、最近は金髪だったヘアーを黒髪に戻してテレビに出演した際も、いまだ父親との確執があることを告白していた。

 

当然共演はNGで、写真も貸してもらえないといい、「連絡も取れない。電話にも出てもらえない」という状況を明かしていたのである。


Sponsored Link


平尾昌晃は嫁と2度の離婚を経験

肺がんを患っていた平尾昌晃さんは、1960年代後半に肺結核を患い、そのときに片肺を切除していたという。

 

その後の1972年7月に平尾さんは、現役女子大生と最初の結婚をし、息子をもうけたが、その女性は1975年5月に子供を連れて家を出て行った。

 

最初の嫁と離婚するにあたって、問題は家裁に持ち込まれ、1976年1月に離婚調停が成立。慰謝料は1600万円で、長男が成人になるまで養育費を毎月15万円払うことで決着したという。離婚原因は性格の不一致ということになった。

 

そして、平尾さんが2度目の結婚をしたのが、1978年7月で、相手は元歌手の小沢深雪さん(当時19)。

 

小沢さんは高校1年の時、「平尾ミュージックスクール」の1期生になり、1975年2月に歌手デビュー。

 

しかし、その後、歌手をやめ、平尾さんと交際。結婚が発表されたときの小沢さんは妊娠8カ月だった。

 

いわゆるデキ婚だったが、10代の幼妻を懲りずにもらったのは、当時の平尾さんが40歳だったにもかかわらず、「とりわけ若い子好きだからに違いない」と、はやし立てられたとか。

 

そして、10月に長男の亜希矢氏が生まれて、1981年3月には次男の勇気氏を授かったが、80年代半ばに再び離婚。理由は平尾さんの仕事が忙しくなったことで生活のスレ違いが続いたせいだった。

 

その後、小沢さんは米・ニューヨークに渡って再婚し、現地で日本料理店を開いたという。

 

最初の嫁は離婚後の1981年5月、フジサンケイグループの鹿内信隆社長(当時)の長男・春雄氏と再婚。

 

春雄氏は前夫人と離婚が成立したばかりで、翌年6月には子供が生まれたが、その2カ月後、嫁はくも膜下出血を患い、享年29歳で亡くなったという。


Sponsored Link


▲トップへ戻る