高島礼子 離婚で慰謝料や財産分与はどうなる?旦那の高知が離婚届を送る

高島礼子 画像

旦那・高知東生容疑者(51)の逮捕でいつ離婚するのかに注目されていた妻・高島礼子(51)だったが、今月半ば、東京・湾岸警察署の留置場にいる高知容疑者から離婚届が送られてきたという。

 

離婚届は留置場にいる高知容疑者から弁護士を通じて送られてきたもので、用紙にはすでに高知容疑者が署名、捺印し、高島の欄だけが空けられているとか。

 

あとは、高島が署名、捺印して役所に提出すれば離婚が成立するのだが、離婚してしまうと、今度は「財産分与」の問題に直面する。

 

もし「財産分与」となれば、2人が暮らしていた世田谷の自宅や預金など、婚姻中に築いた財産を分配しなければならない。

 

その上、高島が出資していたと言われるエステ店などにも影響してくるだろう。

 

本来、離婚するとなれば慰謝料を請求できるが、高知容疑者に支払う能力がないとみられるで、高島にとって離婚は大損。

 

それでも、離婚することを決意するかどうかだが、占いによると「離婚するなら2018年以降の方がよい」という。

 

果たして、今後どうなるのか。高島の動向に注目が集まる。


Sponsored Link


高島礼子 離婚しても慰謝料は無し?

北村弁護士によると、高島礼子が旦那の高知東生容疑者と離婚した場合、高知容疑者からの慰謝料は最大で1000万円と指摘する。

 

今回のケースでは高島のイメージが傷ついてしまったことを裁判所が考慮し、慰謝料の増額が検討される可能性があるといい、その額が「最大で1000万円」という。

 

高島にとってはイメージが大切な女優業であり、CM出演にも影響すれば収入に直結することから、高島側の代理人であれば財産的損害として数千万円から億単位を主張することもあり得るそうだ。

 

ただ、高知容疑者に対し、いくら慰謝料を請求しても払える能力がないのも事実。

 

それなら慰謝料を請求しない代わりに財産分与の方で調整するということもあり得るということだが、高知容疑者に財産があるのかどうかにかかってくる。


Sponsored Link


高島礼子 離婚で財産分与はどうなる?

旦那・高知東生容疑者の逮捕により妻・高島礼子の女優としてのイメージに影響が及ぶものだと思われた。

 

高知容疑者の逮捕は、京都でドラマの撮影をしているときに知らされたという高島は、スポンサーなどに配慮し、ドラマの降板を申し出たという。

 

当然、高島自身にも疑いがかけられていることから尿検査を行なうことになったが、結果、薬物反応なしで疑いは晴れることに。

 

その後、会見を開き、高知容疑者の逮捕は「妻としての責任がある」と謝罪した。

 

離婚について問われた高島は、「私を支えてくださる大勢のかたがいるから、そういうことを決断をしなければならないことも…」と、言葉をにごらせた。

 

当然、周りからは離婚を強く勧められていたが、高島はすぐに離婚に踏み切れなかったという。

 

そんなときに届いた高知容疑者からの離婚届。

 

留置所にいる高知容疑者が弁護士に「これ以上、妻には迷惑をかけられません」と、言って離婚届を高島に送ることを決意したそうだ。

 

高島も「自分から離婚を言い出すのはかわいそう」と、離婚しないで済む方法を考えていたというが、離婚すれば高知容疑者と「財産分与」しなければならないという。

 

離婚での財産分与は、婚姻後に形成した財産を等分するのが原則。行列のできる法律相談所でおなじみの北村弁護士は「協議離婚では大幅に財産分与を放棄するケースもあるが、裁判離婚での判決はたいてい半分になる」と述べている。

 

従って、2人の財産は稼ぎ頭である高島によって築かれたものばかり。それでも法律上は夫婦で「折半」ということになる。

高島礼子の離婚 占いでは?

西洋占星術とタロットカードを使った独自の占いで人気の占い師・キャメレオン竹田が高島礼子の離婚について占った。

 

キャメレオン竹田の占いでは、今はまだ離婚の時期ではなさそうだという。

 

高島は、2018年くらいから、「刷新する」という意味を持つ天王星が、パートナーを表す天体と90度という刺激的な角度の配置になってくるといい、高知容疑者の星回りも2018年から同様の配置。

 

すなわち「夫婦関係を刷新する」という星の配置になってくるので、離婚のベストなタイミングは2018年以降になるという。

 

ここはひとまず、高知容疑者が更正するように夫婦で協力することが大切なのだそうだが、そう簡単にはいかなさそう。

 

仮に高知容疑者が高島の協力のもと、更正できたとしても、2025年あたりに大きな誘惑の波が訪れ、ここでまた悪い方向へ行ってしまいかねないとか。

 

誘惑に弱いタイプの高知容疑者を放っとけないと思っていると、いつまでたっても離婚することができないことになってしまうという。


Sponsored Link


▲トップへ戻る