公開大捜索 その後 田中勇一は愛知の高校の卒アルで森聖仁 菊園も林田遼太郎と判明!

緊急!公開大捜索 2017夏

テレビの力で行方不明者や記憶喪失者の身元を探す番組「緊急!公開大捜索 2017夏」が、8月9日に放送する。

 

前回2月1日の番組に出演した記憶喪失の田中勇一(仮)さんと菊園夏樹(仮)さんは、放送中に寄せられた情報から「どこの誰なのか」判明。

 

菊園さんは中学1年時の担任から電話が掛かり、名前が「林田遼太郎」さんだとわかった。

 

その後、菊園さんの姉と名乗る女性からも電話が掛かってきたが、話の途中で番組がぶつ切れに。ようやく見つかったにも関わらず、なんとも後味の悪い結果となってしまった。

 

また、田中さんの方も高校時代の同級生だったという女性から電話が掛かり、名前が「森聖仁」さんだと判明。

 

さらには、田中さんが写っているとみられる愛知県にある高校の卒アル写真がスタジオに届いたことで、本人の身元特定に至った。

 

9日に放送される「緊急!公開大捜索 2017夏」では、身元が判明した田中さんのその後に密着。

 

すると、過去の記憶をとり戻しつつあるという。

 

記憶が戻る瞬間…田中さんは何をどうするのか?記憶を取り戻す旅に再び旅立つ。

 

そして田中さんのほかには、新たな記憶喪失者2名の捜索が生放送中に行われる。


Sponsored Link


公開大捜索 その後 田中勇一は愛知の高校の卒アルで森聖仁と判明

前回放送された「緊急!公開大捜索 2017」では、視聴者から不満の声が続出していた。

 

進行がモタモタしてイラつく人や番組の最後がぶつ切れたことに怒る人。

 

さらには、出演者の公開捜索をして、その後どうなったのかを知らせないことに不満を持つ人など。番組を見ていても後味が悪いと感じている人が大勢いる。

 

そんな声を知ったのか、番組側は前回出演した田中勇一(仮)さんのその後に密着したものを今回に放送。

 

前回放送された田中さんの概要をまとめると、

 

森聖仁 画像

・田中さんは2012年9月、佐賀県唐津市内にある公園で保護されたときから記憶喪失に気づいた。

・トイレで倒れているところを保護され、極度の栄養失調で2か月ほど入院。その後、佐賀県内の施設に入所した。

・当時の田中さんは身元が分かるものは何も持っていなかった。

・田中さんの記憶は、自分の名前と生年月日が平成5年3月ということや両親の名前をかすかに覚えている程度。

・田中さんの情報を元に警察が捜査を行ったが、田中さんに該当する人物の捜索願いは出されていない。

・鉄道好きと分かった田中さんに車両の写真を見せると「特急スーパーおき」に見覚えがあることが分かった。

・田中さんが保護された場所の唐津駅から最後の記憶がある益田駅までを田中さんとスタッフが電車に乗車して記憶を辿った。

・結果、段々と記憶が戻りつつも益田駅より北方向については思い出せなかった。

 

結局、田中さんの記憶は益田駅止まり。かといって益田に住んでいた覚えはないという。

 

そこでスタジオに田中さんの同級生だと名乗る女性から電話。

 

電話の女性からは、話した事はあまりないが高校の卒アルに写る人物の顔と田中さんがそっくりだという情報だった。

 

さらに同級生を名乗る女性いわく、高校の所在地は愛知県で、田中さんの名前は「森聖仁」さんだと説明。

 

田中さんのほくろの位置が卒アルに写る森聖仁さんと同じで、同級生がみんな「絶対そう」と言っており、それで代表して連絡をしたということだった。

 

スタジオには高校の卒アル写真が送られてきたが、画面に見せられないということでMCの恵らが写真を確認。

 

すると全員が同一人物に見えるとの感想だった。

 

そしてネット上に出回っている卒アル写真はこれ

森聖仁 画像

 

卒アルの高校は愛知にある豊田北高校。ほぼ田中勇一さん=森聖仁さんで間違いなさそうだ。


Sponsored Link


公開大捜索 その後 菊園夏樹も林田遼太郎と判明

前回放送された「緊急!公開大捜索 2017」では、田中さんと同じく記憶喪失の男性が登場。

 

名前は菊園夏樹(仮)さん。2016年3月3日に愛知県春日井市で発見され、その後警察に保護された。

 

菊園さんが田中さんと違う点は、少し記憶が残っていた田中さんと違い、まったく何も覚えていなかったということ。

 

発見された時には身元を証明できるものを一切持っていない状態。手がかりとなるものが一つもない中、放送中の電話で菊園さんの身元が判明した。

 

最初に電話を掛けてきたのが、中学1年のときの担任。菊園さんが中学1年生だった頃の担任教師からの生電話によって名前が「林田遼太郎」さんであることが判明し、出身校や部活などもわかった。

 

そして次に菊園さんの姉という女性から電話が掛かり、菊園さんと電話がつながれた。

 

姉は菊園さんの兄弟を3人兄妹と説明。さらに行方が分からなくなったのが、2015年3月3日。一緒に暮らしていたわけではなく、そんなに離れていなかったが、中々会うことができない距離のところで別々に暮らしていたことを電話で説明した。

 

林田遼太郎 画像

 

しかし、ネット上では姉を名乗るこの女性の態度がおかしいと、すぐさま話題に。

 

「行方不明だった弟がようやく見つかったというのに、なぜヘラヘラ笑っている?」「弟に掛ける言葉が、”また会えたら”っておかしくね?普通早く会いたいだろ」「何かぜんぜん姉っぽくないし、ニセ者?やらせ?」などといった声があがっていた。

 

しかも最後は中途半端なところで番組が終了するなど、批判の声があがる始末だ。

 

姉を名乗る女性のことはさておき、担任の電話から菊園夏樹さん=林田遼太郎さんと判明したわけだが、番組終了後、思わぬところで「炎上」の火の手が上がった。

 

林田遼太郎

 

ツイッターによっても菊園さんが林田遼太郎さんだったことが判明していたのだが、学校の同級生だったと見られる男性のツイートで林田さんがいじめにあっていたことが判明し、炎上したのだ。

 

この同級生は炎上したためか、すべての過去ツイートを削除し、その後「ネット民やべーな。いじめてないです」などと投稿。さらに何者かのよってアカウントが乗っ取られる事案に発展した。

 

結局分かったことは、菊園さんは京都府の大山崎中学校で水泳部だったこと。高校は京都府舞鶴市にある舞鶴工業高等専門学校で行方不明の原因がいじめだったことがネット上で判明した。


Sponsored Link


▲トップへ戻る