坂上忍が彼女の土肥美緒(画像)と結婚しない理由と元カノ女優は誰?

坂上忍 画像

俳優の坂上忍(50)が現在交際しているのは、元女優の土肥美緒さん(36)だが、最近になって結婚を本気で考えているという。(画像あり)

 

坂上はかつてキャビンアテンダントの嫁と結婚暦があるバツイチ。これまでは「結婚しない」と公言していたが、昨年11月、結婚について「50歳になったら考えたい。」と話していた。

 

そして、6月1日に50歳の誕生日を迎えたことで、彼女の土肥さんとの結婚に注目が集まっているが、はたしてどうなるのか。

 

現状は犬を10匹以上も飼っている坂上は、愛犬と過ごすために新居を建設。その新居はすでに完成しており、土肥さんとの同居も始まっているようだが、いまだ結婚に至っていないとみられる。

 

しかし、坂上のことだからひょっとすると、すでに内緒で籍を入れている可能性も否定できない。

 

今回は、彼女の土肥美緒さんとなぜ結婚しないのか。その理由と過去に交際していた女優は誰だったのか、についてまとめてみた。


Sponsored Link


坂上忍が彼女の土肥美緒(画像)と結婚しない理由

2003年2月にキャビンアテンダントの嫁と離婚した坂上忍に彼女がいることが発覚したのは、2014年2月に週刊誌が報じたことからだった。

 

相手は、32歳のエステティシャンで、潔癖症の坂上が、「自宅に上げる唯一の女性」として報じられたのだ。

 

当時の記事によると、彼女とは「3年以上前に友人の紹介で知り合った」と書かれており、一緒に犬の散歩をしている姿がよく目撃されることから、地元では有名なカップルだったという。

 

近隣の住民は「1年も一緒に住んでる」と語っていたが、坂上は同棲を否定。

 

しかも一度結婚に失敗しているので、「正式な彼女ではない」と交際も否定していた。

 

そして翌年の2015年、交際中の“エステティシャン”とされてきた女性が、元女優の土肥美緒さん(画像)だったと報じられたのだ。

 

(坂上忍の彼女 土肥美緒の画像)
坂上忍 彼女 土肥美緒 画像

 

土肥さんは女優として映画やCM、ドラマなどに出演。2015年の初めに長年出演していたCMの契約が切れることから、所属事務所に芸能界引退の意向を伝え、4月に引退した。

 

また、エステティシャンと報じられていたのは、2012年ころから芸能界以外に都内のエステ店で責任ある立場になっていたからだったからだ。

 

そんな土肥さんは、地元が広島で神社の娘。美人で有名だったそうだが、坂上と交際して3年以上が経つ。

 

坂上はなぜ結婚しないのか。

 

土肥さんに対しては「いつも犬の散歩などに付き合ってくれて感謝してます。お返ししないと、と思ってる」と感謝の弁を述べているが、結婚すると浮気ができなくなるというのが結婚しない理由でもあるという。


Sponsored Link


これまでは「結婚はしない」と公言してきている坂上は、「結婚すると不倫でしょ。奥さんや子供がいると不倫はまずい。その点、浮気は独身なので許される」と、籍さえ入れていなければ浮気してもかまわないという持論を展開しているのだ。

 

そんな坂上は、子役時代に忙しく、親となかなか接することができずに寂しい思いをしてきた。

 

なのでもし、自分が結婚して子供ができたら、そういう思いをさせたくない。

 

でも、仕事が忙しい今、結婚するのはなかなか難しい。だからあえて結婚しないというのがほんとうの理由だという。

 

坂上がもし結婚するならば、彼女の妊娠だ。マスコミにも子供を授かったら結婚の可能性は一番あるとキッパリ答えている。

 

実は坂上という男は、子供と温かい家庭を築きたいのが本音だとか。子供ができたとなると、さすがに「結婚しない」とは言えないだろう。


Sponsored Link


坂上忍の元カノ女優は誰?

坂上忍は1995年に車の運転で、ある騒動を起こしている
 

このとき、助手席には女優が乗っていたのだが、その元カノ女優とは一体誰のか?

 

当時の報道によれば、坂上はパーティーに出席した後、自分の車で帰宅しようとしたが、その道中でアクシデント。

 

助手席には当時売り出し中の女優・山本未来(現在42)が乗っていたことで大騒ぎとなった。

 

この件が原因で坂上は、その後半年間芸能活動を謹慎した。

 

もともと坂上と山本は、舞台で共演して知り合った仲で、この日は山本と一緒に友人の俳優・川野太郎宅でのホームパーティーに参加していたという。

 

パーティーが終わった後は、山本が運転する予定だったらしく、川野も安心していたという。

 

しかし、実際は坂上が運転。坂上が山本の運転が上手くないからと、自分でハンドルを握り、その揚げ句、アクシデントを起こしてしまったのだという。


Sponsored Link


▲トップへ戻る