堀北真希は櫻井翔の熱愛が理由で引退を決意?事務所とも確執があった?

堀北真希 画像

俳優の山本耕史(40)と2015年8月に結婚した女優の堀北真希(28)が、2月28日付で芸能界の引退を発表した。

 

突然の引退発表に所属事務所の「スウィートパワー」はツイッターで謝罪と感謝のコメントをツイート。

 

堀北の直筆コメントも現在、事務所の公式サイトにて掲載されている。

 

また、堀北の引退説は、山本と結婚を発表してからずっと囁かれ、CMの契約が切れる今春にも芸能界から引退する可能性が浮上していた。

 

報道されていた通り、契約が切れて継続はしないということでの引退のようだが、その背景には事務所との確執が関係しているという。

 

さらには、元彼とウワサされる嵐・櫻井翔と小川アナの熱愛報道も、今回の引退理由のひとつとして取り上げられている。

Sponsored Link

堀北真希は櫻井翔の熱愛が理由で引退を決意?

先日から世間を騒がせている嵐・櫻井翔とテレ朝の小川彩佳アナの熱愛報道。堀北真希が引退を発表した理由として、この熱愛報道が関係しているという。

 

櫻井と小川アナ本人たちの口から報道に関するコメントは出されてないが、一部では結婚を視野に入れていて、小川アナが出演する「報道ステーション」を3月いっぱいで卒業降板する可能性も取り沙汰されている。

 

堀北と櫻井は2010年~15年の間、交際がウワサされていたが、破局。

 

山本との結婚を決意した背景には、結婚を意識していた櫻井との破局が影響していると報じられた。

 

その影響が今回の引退報道に結びついている可能性もあるとされている。

 

当時、櫻井が所属するジャニーズ事務所も、堀北と親密な関係であることはずっと把握していたが、櫻井は結婚する意志がなく、子供がほしかった堀北とは最後までわかり合えなかったという。

 

昨年8月に「交際0日」で俳優の山本耕史と電撃婚したのも櫻井とのことがあったからと報道された。

 

堀北の事務所にとっては、山本よりも櫻井と結婚してくれることを望んでいたようだが、お互い多忙だったが故に破局。

 

結婚を早まった堀北にとって櫻井翔と小川アナの熱愛報道は、いい気がしなかったのではないかと言われている。

 

そんな櫻井にあてつけるかのように堀北は引退を発表。憧れの山口百恵のようになりたいと言っているようだが、果たしてその真相は?

Sponsored Link

堀北真希の引退理由は事務所との確執?

堀北真希の引退理由として事務所との確執も取り沙汰されている。

 

引退して家庭に専念するということだが、夫・山本耕史の個人事務所で今後復帰する可能性もあるという。

 

井上公造氏いわく、堀北が発表した直筆文書の中に「引退」の文字がなかったことを指摘。

 

「子育てが落ち着いた段階でCMだけ出演するといった可能性も残されているのではないか」と述べている。

 

夫の個人事務所の社長は山本の母親だそうで、堀北がいま一番信頼するのも山本の母親。

 

堀北は昨年12月、第1子を出産。だが、出産日や性別を発表しなかったのも山本の母親からの助言とのこと。

 

山本の母親とあまりにも親密すぎるため、中学生の時から堀北を育ててきた事務所にしてみればおもしろいはずがない。

 

そのあたりが原因で、堀北は山本との結婚が決まってからずっと所属事務所と確執ができていたのだという。

 

案の定、それは昨年6月の妊娠発表時にもうかがえた。

 

事務所側は堀北と連絡が取れず、発表の仕方が二転三転。事務所との溝が深まる中で、山本の個人事務所への移籍もウワサされるようになった。

 

そして、契約が切れる2月末で引退を発表したというわけだ。

Sponsored Link

▲トップへ戻る