清水富美加 親も信者だが離婚して借金トラブル?姉は奈良支部に入信!?

清水富美加 画像

芸能界を引退し、宗教法人「幸福の科学」への出家騒動で何かと波紋を呼んでいる女優の清水富美加(22)だが、父親に借金が5000万円あることが報じられた。

 

両親は清水がヒロインを務めた「仮面ライダーフォーゼ」に出演していた11年ごろに離婚。

 

清水は大人になるまで父親に育てられてきたという。

 

また、清水は三姉妹の末っ子で4歳上と3歳上の姉がいる。

 

長女は現在、奈良在住とのこと。もともと両親が信者で、清水も子供の頃から信仰しており、一家で信者だったことがわかっている。

 

しかも清水は、未完成を含めた映画4本の公開予定やレギュラーを務めるテレビ番組などがあるにもかかわらず、すぐにでも芸能界も完全引退し、「幸福の科学」に出家すると発表。

 

各方面からは、なぜそんなに急いで出家したがるのか、疑問が湧き上がっているという。

 

父親の借金と清水の出家に因果関係は不明とされているが、なぜかここまで話が膨らんでくると、少しは関係しているのではないかと疑ってしまう。

清水富美加 親も信者だが離婚して借金トラブル?

「幸福の科学」に出家することを発表した清水富美加の父親に借金があることが報じられた。

 

それは、清水の父親も信者だからなのだろう。

 

現在、清水は撮影中のものを含めて4本の映画が公開予定。テレビやラジオのレギュラー番組が3本、CM契約3本など多くに出演している。

 

それらすべてが公開中止になったり、放送されなくなった場合、損害賠償額は10億円以上になる可能性もあるという。

 

そのような状況にもかかわらず、すべての仕事をキャンセルして出家するということは、余程のことがあったに違いない。

 

所属事務所に対する清水の不満は「幸福の科学」を通じて語られた。

 

清水の出家のきっかけとして、「幸福の科学」は、事務所の「奴隷契約」とも言える就労環境を問題に挙げている。

 

デビュー当初の清水は、歩合制の契約を結んでいたが、稼げるようになってくると、事務所側は月給5万円の契約を迫ってきたという。

 

あまりのひどい内容に、「おかしい」と父親が交渉したことで一気に仕事がなくなり、干されてしまったのだとか。

 

その後に『仮面ライダー フォーゼ』のヒロインに抜擢されるが、このころに両親は離婚。

 

そして、NHK連続テレビ小説「まれ」にレギュラー出演することになるが、一度干されたことがトラウマとなっていたのだという。

 

それでも、何とか元気に頑張ってきたが、今年公開予定の映画の撮影中、嫌になり、「幸福の科学」の精舎で祈願等を受けたり、気晴らしに父親と小旅行に出かけていたという。

 

信者である父親の借金はお布施によって出来た借金なのかわからないが、清水自身も団体に大金をお布施しているようだ。

 

父親の借金と「幸福の科学」への出家との因果関係は不明としながらも、借金を団体に肩代わりしてもらった可能性があると推測されている。

 

清水が出家を決意したのは、借金の肩代わりを恩義に感じて出家したのではないかと、言われている。

清水富美加の姉も奈良支部の信者?

清水富美加のところは一家で信者だったことがわかっている。

 

ということは、離婚した母親や姉2人も「幸福の科学」の信者ということになるが、長女は現在、奈良在住らしいので、奈良市西木辻町にある支部で祈願等を受けたりしているという。

 

次女の情報はあまりないが、長女は清水と違って高くて綺麗な鼻をしているとか。目が大きく堀北真希似だそうだ。

 

長女の身長は167センチと高身。大学時代はダンスサークルに入っていたという。

 

とにかく清水は姉のことをべた褒めしており、相当な美人だと語っている。

 

現在、体調不良で自宅療養中の清水は、半年間の休養後は法名「千眼美子(せんげん・よしこ)」として活動するという。

 

訳のわからない「ぺふぺふ病」にかかっていると明かしたり、ちょっと不思議ちゃんなところもある清水だが、毎日がギリギリの状態だったのが、出家することによって救われたのなら本望だったのかもしれない。

 

あとは団体側と事務所側が話し合い、違約金などが発生した場合には対応する意向を示しているようなので、今後の展開次第では早期決着する可能性もありそうだ。

▲トップへ戻る