YOSHIKIが彼女の工藤静香と破局した理由はフライデー?父親が亡くなった原因は?

YOSHIKI 工藤静香 画像

X japanのYOSHIKI(52)と工藤静香(42)の交際は、1994年にフライデーが報じたことで発覚したが、2人にとっての破局理由もフライデーが原因となったようだ。

 

2人の交際を報じたときのフライデーの記事によると、工藤静香は的場浩司との破局後にYOSHIKIと親密な関係になったと書かれている。

 

当時、YOSHIKIはロスで生活しており、彼女の工藤静香は約2カ月間、ロスにあるYOSHIKIの自宅に入れ浸りだったそうだ。

 

そんなある日、2人は、ロスの日本料理屋で行われたパーティに出席したのだが、ここで事件が発生。

 

帰りにYOSHIKIは、そのまま車を運転して店を後にしたのだ。

 

その帰り道、YOSHIKIが捕まったのがきっかけで同乗者に工藤がいたことが判明。その後日本のマスコミにばれて、交際が発覚したのである。

 

この件に関して、YOSHIKIはマスコミに対し、工藤との交際を認めた。

 

そして成田空港へ帰国した工藤の写真がフライデーに掲載されたのだ。

 

結局、2人の交際はYOSHIKIが捕まったことで発覚。その後も2人の関係は続いていたが、いつの間にか破局を迎える。

 

破局理由はYOSHIKIの浮気だったらしく、激怒した工藤はYOSHIKIと別れてキムタクと交際。

 

工藤はキムタクと2000年に結婚し、2人の娘を出産するなど幸せな結婚生活を送っていたが、現在はというとSMAP解散騒動の元凶と言われ、波紋を広げている。

Sponsored Link

YOSHIKIが彼女の工藤静香と破局した理由はフライデー?

ロスにある日本料理屋で行われたパーティに出席した後、YOSHIKIが捕まったのがきっかけで、2人の交際が発覚した。

 

YOSHIKIの運転するフェラーリに工藤静香が同乗していたことがフライデーに伝わり、2人は交際を認めたのである。

 

当時、YOSHIKIの彼女だった工藤は、恋愛にうつつを抜かして仕事を休みがち。所属していた事務所「プロダクション尾木」を追い出される形となり、2015年に退社している。

 

その後工藤は、個人事務所設立を余儀無くされることとなるが、社名を決めるのに彼氏のYOSHIKIからアドバイスを受けたという。

 

工藤の事務所にはYOSHIKIが好きな赤色からレッドゾーン、工藤の好きな青色からブルーゾーンが社名の候補に挙がった。

 

悩んだ結果、2色を混ぜたら紫色になることから「パープルにする?」となって、現在の事務所「Purple Inc.」が誕生したそうだ。

 

そしてその後も交際は順調に進み、結婚は秒読みかと思わていたのだが、2人の別れは突然訪れた。

 

1996年1月、工藤が、「彼とはもう会っていない」と突然の破局宣言をしたのである。

 

破局理由は数カ月前にフライデーが報じた記事だったとか。

 

YOSHIKIに別の外国人女性の彼女がいることをフライデーが報じたことで、工藤が激怒。

 

YOSHIKIは工藤に浮気がバレてしまったのだ。

 

結局、破局理由はYOSHIKIの浮気ではないかと言われているが、真偽のほどは定かでない。

Sponsored Link

YOSHIKIの父親が亡くなった原因は?

YOSHIKIの出身は千葉県館山市。呉服屋の長男として誕生し、元俳優の林光樹(47)は弟にあたる。

 

余談だが、工藤静香はYOSHIKIと破局後にキムタクと結婚して2人の娘を産んだが、次女にはYOSHIKIの弟と同じ名前を付けている。

 

長女の心美はキムタクが付け、次女には自分が付けると言って光希という名前を付けたという。

 

漢字こそ違うが読み方は同じ”ミツキ”。果たして偶然だったのだろうか?

 

話は戻り、YOSHIKIは裕福な家庭環境で育ったが、幼少期は体が弱く、小児喘息を患い入退院を繰り返していたという。

 

4歳でピアノを始めたYOSHIKIは、両親から愛情を一身に注がれ、過保護に育てられたそうだ。

 

そのころの父親はよくジャズピアノを弾いていたといい、YOSHIKIは父親が買ってくれるクラシックレコードで音楽への興味を広げたという。

 

また、父親はYOSHIKIの誕生日には毎年、楽器を贈っていたそうだ。

 

だが、好きだった父も76年8月、34歳という若さで死去。YOSHIKIが10歳の時、突然帰らぬ人となった。

 

原因はいまだ分からないそうだが、父親は自ら命を絶ったという。

 

また、父親が亡くなった原因が関係しているのかは分からないが、YOSHIKIは「悲しみでひたすら泣きわめいているだけだった」とその当時を振り返っている。

 

その後、自身も自暴自棄になってしまう時期に支えとなったのが、父親が教えてくれた音楽だったという。

 

そして1993年に生まれたX japanの代表曲「Tears」は、いまだ亡くなった原因が分からない父親との思い出を形にした曲だったと語っている。

追記

最近、YOSHIKIにバラエティー番組から出演のオファーが殺到しているようだ。

 

きっかけは昨年12月に出演した「しゃべくり007」。このときの視聴率が21.6%を記録したことで、他局も出演の依頼をしているのだという。

 

そして今話題になっているのが、元日に放送された「芸能人格付けチェック」でYOSHIKIが食べていたお菓子だ。

 

YOSHIKIはGACKTとペアを組んで番組に登場。

 

「ワイン問題」や「バイオリンとチェロの三重奏」など出題された問題を見事正解するのだが、YOSHIKIは待っている間に部屋でボリボリとお菓子を食べていたのだ。

 

すると放送中、「YOSHIKIが食べているのはどこのお菓子だ?」「YOSHIKIが食べているのは何のお菓子でメーカーは?」とネット上で話題に。

 

商品名が「銀座あけぼの」のチーズおかきと特定されるやいなや売り切れ続出。

 

「銀座あけぼの」の公式ホームページのサーバーが落ちてしまうほどの騒ぎになった。

 

結局、YOSHIKIがあれほどお菓子を食べ続けていた理由は、お腹が空いていたからだった。

 

収録日が本人の誕生日で、当日にLAから着いたばかりで、ほとんど何も食べていなかったようだ。

 

ちなみに今回の格付けでGACKTは個人記録を55連勝に伸ばした。

 

格付けは2分の1の確率で正解するのだが、二者択一を50回偶然に当てる確率は1100兆分の1だそうだ。

 

世間からはあまりにも連勝しすぎて「事前に情報を知っているのだろう」と疑いがもたれているが、ほんとうにGACKTはやらせなしで正解しているのだろうか。

 

テレビ関係者によるとあらかじめ誰が勝つのかシナリオができているという。

 

直接答えを教えるようなやらせではなく、問題の傾向を教えているそうだ。

 

例えば次は「盆栽の問題」が出るとか、「ワインの問題」が出るといった感じだという。

 

とうぜん制作サイドはやらせについて「そのような事実はなく、出演者には真剣に臨んでもらっています」と否定して
いるそうだ。

Sponsored Link

▲トップへ戻る