Mステスーパーライブ2017の出演者と曲目 ジャニーズや三代目 バブリーダンスも!

Mステスーパーライブ2017

年末恒例の大型音楽特番「Mステスーパーライブ2017」が、12月22日(金)19時~23時10分の4時間にわたって生放送する。

 

参加する出演アーティストは昨年より2組多い過去最多の47組で、場所はいつも通りの「幕張メッセ・イベントホール」で開催。

 

今年は韓国から7人組ヒップホップボーイズグループ・BTS(防弾少年団)やHIKAKIN&SEIKINが「Mステスーパーライブ2017」に初登場。

 

BTS(防弾少年団)は最新ヒット曲「DNA -Japanese ver.-」、HIKAKIN&SEIKINは自身が作詞・作曲したという「雑草」を披露する。

 

その他出演者は、ジャニーズから3年ぶりのスーパーライブ出演となったKinKi Kidsがデビュー曲「硝子の少年」、嵐が「Doors~勇気の軌跡~」「つなぐ」「Love so sweet」といったおなじみの曲目を披露。

 

他にも三代目 J Soul Brothersが「J.S.B.DREAM」「J.S.B.HAPPINESS」「R.Y.U.S.E.I.」の3曲、荻野目洋子とバブリーダンスで話題の登美丘高校ダンス部が「ダンシングヒーロー」をコラボで披露する。


Sponsored Link


Mステスーパーライブ2017の出演者と曲目

いろんな大型音楽番組がある中でも、アーティストが喜んで出演したいという番組が、この「Mステスーパーライブ」だとか。

 

理由はMCのタモリにあるらしく、「NHK紅白歌合戦」は出たくないが「Mステスーパーライブ」なら出たがるアーティストが多いそうだ。

 

なぜタモリが人気なのかというと、「出演者の個性をうまく引き出してくれる」出演者の方もタモリと話すことで「何か得られる感覚がある」ということらしい。

 

それにタモリといえばいろいろな知識を持つ博学。話をしていても音楽のことだけでなく、いろんな面で影響を受けるのが楽しいのだとか。

 

また、「Mステスーパーライブ」は紅白歌合戦みたいに妙な演出をすることも、させられることもないのでアーティストから人気があるという。

 

「Mステスーパーライブ」は純粋に音楽を楽しめる場として、タモリを慕うアーティストたちから認識されているのである。

 

そんな「Mステスーパーライブ2017」は過去最多の47組が登場する。

 

韓国からTWICE、BTS(防弾少年団)の2組。

 

韓国のグループが「Mステスーパーライブ」に出演するのは久々だが、BTS(防弾少年団)に至っては、Mステのおかげで年末に行われる韓国、アメリカ、日本でのステージに出演できることになった。

 

※Mステスーパーライブ2017の出演者と曲目

AI×渡辺直美「キラキラ」

aiko「予告」

嵐「Doors ~勇気の軌跡~」「つなぐ」「Love so sweet」

E-girls「Love ☆ Queen」

AKB48「フライングゲット」「心のプラカード」「11月のアンクレット」

EXILE THE SECOND「Route 66」

X JAPAN「スペシャルメドレー」

岡崎体育「Natural Lips(MUSIC STATION SUPER LIVE 2017 ver.)」

荻野目洋子×登美丘高校ダンス部「六本木純情派」「ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)」

小沢健二「今夜はブギー・バック featuring スチャダラパー」「流動体について」

亀と山P「背中越しのチャンス」

関ジャニ∞「今」

Kis-My-Ft2「PICK IT UP」

KinKi Kids「硝子の少年」

倉木麻衣「渡月橋 ~君 想ふ~」

ゲスの極み乙女。「私以外私じゃないの」

欅坂46「風に吹かれても」

ゴールデンボンバー「女々しくて」

昆夏美&山崎育三郎「美女と野獣」

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「J.S.B. DREAM」「J.S.B. HAPPINESS」「R.Y.U.S.E.I.」

椎名林檎と松崎ナオ「おとなの掟」

GENERATIONS from EXILE TRIBE「BIG CITY RODEO」

SHISHAMO「明日も」

ジャニーズWEST「おーさか☆愛・EYE・哀」

Sexy Zone「ぎゅっと」

DAOKO「打上花火」

高橋優「ロードムービー」

DEAN FUJIOKA「Let it snow!」

どうぶつビスケッツ×PPP「ようこそジャパリパークへ」

TWICE「TT -Japanese ver.-」

TOKIO「クモ」

西野カナ「パッ」

NEWS「EMMA」

乃木坂46「インフルエンサー」

back number「クリスマスソング」

Perfume「TOKYO GIRL」

BTS(防弾少年団)「DNA -Japanese ver.-」

HIKAKIN&SEIKIN「雑草」

平井堅「ノンフィクション」

福山雅治「トモエ学園」

Hey! Say! JUMP「White Love」

星野源「Family Song」

三浦大知「星に願いを」「EXCITE」

ゆず「タッタ」

Little Glee Monster「OVER」

LUNA SEA「ROSIER」

WANIMA「ヒューマン」

 

追記

アニメ&映画の「主題歌メドレー」を披露するアーティストは、倉木麻衣、昆夏美&山崎育三郎、DAOKO、高橋優、どうぶつビスケッツ×PPPの5組。

楽器が弾けないのを自虐ネタにしているゴールデンボンバーは「女々しくて」を初めて生演奏での披露に挑戦。

三浦大知は自身の曲「EXCITE」以外に「星に願いを」を披露するが、この曲を歌うのはテレビ初。

ほかにも前回、十二単姿が好評だった倉木は、反響の多さに応え、今回も総重量約24キロの十二単を身につけてスーパーライブ特設の階段下りにチャレンジする。


Sponsored Link


Mステスーパーライブ2017の出演者にジャニーズや三代目 バブリーダンスも

「Mステスーパーライブ」は音楽特番の中でも視聴率の高い番組だ。

 

昨年は14.1%とまずまず、2015年は少し落ちて12.8%。だが、2014年が15.4%、2013年が15.6%と高視聴率をたたき出している。

 

今年の2017年の視聴率はというと、それでも13~14.0%くらいは記録するだろう。

 

皆が出たいというだけに人気のアーティストらが出演。

 

昨年トップで歌った三代目は今年も出演しており、「J.S.B. DREAM」「J.S.B. HAPPINESS」「R.Y.U.S.E.I.」の3曲目を披露する。

 

また音楽番組に欠かせないのがジャニーズだ。

 

今年のジャニーズは10組が登場。それぞれの曲目は以下の通りになる。


Sponsored Link


※嵐

嵐は、2017年に発売したシングル曲『Doors~勇気の軌跡~』と『つなぐ』、さらに10年前の2007年に発表された名曲『Love so sweet』の3曲を歌う。

※亀と山P

今年、「修二と彰」以来12年ぶりに亀梨和也と山下智久で結成されたユニット「亀と山P」は、2人が共演したドラマの主題歌となり大ヒットした1曲『背中越しのチャンス』を披露する。

※関ジャニ∞

関ジャニ∞は、今年6月に発売した9枚目のフルアルバム『ジャム』の中の楽曲『今』を歌う。“akira nise”提供の、疾走感あふれる1曲だ。

※Kis-My-Ft2

Kis-My-Ft2は、メンバーの藤ヶ谷太輔が出演したドラマの主題歌で19枚目のシングル曲『PICK IT UP』を披露。同曲のテーマは、“COOL&SEXY”。その通りのパフォーマンスに注目だ。

※KinKi Kids

今年デビュー20周年を迎えたKinKi Kidsは、1997年発売の松本隆作詞/山下達郎作曲によるデビューシングル『硝子の少年』を歌う。

※ジャニーズWEST

ジャニーズWESTは、今年発売されたディスコフレイヴァーあふれるファンキーチューン『おーさか☆愛・EYE・哀』を披露する。

※Sexy Zone

Sexy Zoneが歌うのは、今年発売された14枚目のシングル曲『ぎゅっと』。メンバーの菊池風磨が作詞に参加した歌詞にも注目だ。

※TOKIO

さまざまな形で“スーパーライブ”を盛り上げるTOKIOは、今年発売のシングル曲『クモ』を披露。同曲は、作詞・作曲・編曲すべてを長瀬智也が務めている。

※NEWS

NEWSが歌うのは、今年2月に発売された21枚目のシングル曲『EMMA』。思わずカラダが動き出す印象的なイントロと歌詞の世界観に注目したい。

※Hey! Say! JUMP

今年デビュー10周年を迎えたHey! Say! JUMPは、12月20日(水)発売の最新シングル『White Love』を披露する。

引用元:テレ朝POSTより

 

ほかにもback numberが、今の季節にぴったりの人気クリスマス曲「クリスマスソング」、荻野目洋子と登美丘高校のコラボが、バブリーダンスで話題の「ダンシングヒーロー」を披露する。

 

登美丘高校のダンス部が躍るバブリーダンスPVは、荻野目洋子のヒット曲「ダンシングヒーロー」に合わせ、部員たちがバブル時代を彷彿とさせるボディコン衣装で息のあったダンスを披露する動画。

 

その動画がYoutubeにアップされると、わずか3カ月で2500万再生を記録し、音楽動画を除くすべての動画の中で年間1位となった。

 

おかげで最近は荻野目洋子とともに登美丘高校のダンス部もメディアに引っ張りだこ。

 

今回のコラボにも注目が集まる。


Sponsored Link


▲トップへ戻る