仁科亜季子とピーターが恋人同士?松方弘樹との離婚理由と略奪の過去

仁科亜季子 画像

今年の1月、脳リンパ腫で死去した俳優・松方弘樹さん(享年74)の元妻で女優の仁科亜季子(64)が、12月22日放送の「爆報!THE フライデー」に登場し、過去に結婚を約束した有名芸能人を実名で告白する。

 

仁科亜季子が結婚を約束し、本気で恋した相手ということだが、おそらくその相手は若い頃に恋人同士だったタレントのピーター(池畑慎之介)のことだと思われる。

 

2人はもともと父親同士が知り合いで、幼なじみの関係。

 

ピーターとは仁科が松方さんと結婚する前に交際していた相手で、お互い結婚の約束までしていたそうだ。

 

ピーターにとって仁科は初恋の相手、仁科にとってもピーターは唯一結婚したいと思った相手だったということだが、2人は自然消滅。

 

その後、仁科は松方さんと結婚した。

 

現在も友達同士で親交があるという2人。

 

今回は、仁科が松方弘樹さんと離婚した理由や略奪婚と言われた過去のことについてまとめてみた。

Sponsored Link

仁科亜季子とピーターが恋人同士?

仁科亜季子の父親は、十代目岩井半四郎氏。ピーターの父親は人間国宝にもなった吉村雄輝氏と、お互い有名人の父親を持つ。

 

その父親が若い頃に取り合ったのがピーターの母・清子さんでということもあり、もともと2人は知り合いで幼い頃からの付き合い。

 

いまでも交流があり、親友関係なのだそう。

 

そんな関係の2人だが、ピーターは昔、仁科に思いを寄せていたらしく、ひそかに結婚を考えていたらしい。

 

一方、仁科の方も16歳でデビューしたピーターに憧れを持っていたという。

 

やがて2人は恋人同士になるが、当時のピーターは超アイドル。

 

デートをしたくても一緒に外をなかなか歩くことができないため、手紙のやりとりなどで愛を確かめることしかできなかったそうだ。

 

次第にピーターは、仁科に対して結婚を意識するようになり、30歳になったら結婚しようと決めたのだとか。

 

ただ、結婚はあくまで仁科が芸能界に入らなかった場合であって、芸能界に入るなら結婚しないと決めていたらしい。

 

仁科の方もその思いは同じで、結婚を考えていたという。

 

その後、仁科はピーターの思いと裏腹に高校卒業を機に芸能界入り。

 

仁科が芸能界に入ったため、結婚を約束していた2人の関係が自然消滅してしまったという。

 

ちなみにピーターはそれ以降、女性の恋人を作ったことがないそうだ。

Sponsored Link

仁科亜季子 松方弘樹との離婚理由と略奪の過去

仁科亜季子と松方弘樹さんは、1974年にNHK大河ドラマ「勝海舟」で共演したのをきっかけに1979年に結婚。

 

その後、長男・仁科克基、長女・仁科仁美を授かった。

 

しかし、結婚当時、松方弘樹さんは別の女性と結婚していたため「略奪婚」と、週刊誌やワイドショーを騒がせたのだ。

 

松方さんが結婚していた相手は、元モデルの女性で、2人の間には3人の子供がいた。

 

松方さんはその女性に3億円の慰謝料を払って離婚したのだ。

 

結局、結婚期間は19年間続くのだが、その間も松方さんはほかの女性ともいろいろあったとか。

 

有名なのは元歌手の千葉マリアで、隠し子がいたことが発覚。

 

松方さんとは千葉が29歳のときに京都にある高級クラブのママの紹介で知り合い、段々と親密な関係に。

 

当時、松方さんは仁科と結婚していたこともあり、関係を秘密にしていた。

 

そして31歳のときに息子を出産。

 

子供は千葉が育てていたが、出産してから3年後、世間に隠し子がいることが発覚し、騒動となった。

 

隠し子がいることが発覚し、芸能界から身を引くこととなるが、そのとき千葉は松方さんのところに行き、「生活が出来ないから養育費を出してほしい」と頼んだそう。

 

松方さんもまさか子供がいたことなど知らず、ビックリしていたらしいが、自分の子供と認知して養育費を入れるようになったという。

 

これだけでも離婚理由になりそうなものだが、仁科は松方さんに遊びをやめさせるために、色んな工夫をして結婚生活を持続させたのだ。

 

しかし、松方さんのあそびはその後も続いた。

今度は元女優の山本万里子さんと親しくなったのである。

….松方弘樹の愛人 山本万里子の画像 再婚せずに事実婚状態だった理由とは?

 

山本さんは松方さんの最期に事実婚状態として報じられた相手だが、もともと祇園の高級クラブのホステスだったところを松方さんが芸能界にスカウトし、90年にTBS系ドラマ『HOTEL』で女優デビューさせたのだ。

 

当時、2人の関係が怪しいと気づいた仁科は、証拠をつかむために興信所を雇って山本さんの自宅や松方さんの寝室を調べたという。

 

そして、疑惑を確信した時点で、週刊誌に2人の交際と、離婚する決意をしたことを告白した。

 

すると、この告白はワイドショーを巻き込んでの騒動に発展。

 

結局、仁科亜季子と松方弘樹さんの離婚理由は、松方さんの度重なる浮気が原因だった。

 

その後、仁科は11年2月には大手広告代理店、電通社員と再婚したが2年で離婚。

 

これまで子宮頸がん、胃がん、GIST(ジスト)と3度のがんを患ってきた仁科は、離婚後の2014年10月に大腸がんが発覚し、大腸を20センチ切除するがん手術をおこない、現在に至っている。

Sponsored Link

▲トップへ戻る