竹田純はおねえで彼女がいる?プロフィールや美尻エクササイズの効果は?

竹田純 画像

バレエダンサーでおねえ疑惑のある竹田純氏が12月23日放送の「有吉大反省会2時間スペシャル追い詰められた芸能人たちのカミングアウト・バトル!」に出演する。

 

今回の有吉反省会はカミングアウトスペシャル。

 

数々のゲストが登場し、自らがもつ秘密を告白するコーナーに登場するわけだが、何をカミングアウトするのかといえば、以前から言われているおねえ疑惑だ。

 

竹田氏の身振りや手振り、仕草はどこからどう見てもおねえが入っているのに、自分をおねえだと認めていない。

 

おねえを隠しているのか、それとも本当におねえではないのか。

 

今回の有吉反省会で竹田純氏がついにカミングアウトするのかに注目だ。


Sponsored Link


竹田純はおねえで彼女がいる?

誰が見てもおねえの竹田純氏だが、そのことを人からつっこまれると「想像にまかせます」とか言っていつも話をはぐらかそうとする。

 

はっきりさせるために、番組に呼ばれたのだろう。

 

ところで、竹田氏って彼女はいるのだろうか?

 

現在、35歳で独身の竹田氏は、以前フランスに住んでいたことがあるという。

 

そのときにフランス人の彼女がいたということをテレビで話していた記憶があるのだが、竹田氏がフランスに住んでいたのは10年ほど前の話。

 

なので、彼女がいたといってもかなり前のことになる。

 

また、現在の竹田氏に彼女がいるという話は聞かないが、もしバイセクシャルならどうなるだろうか。

 

バイなら男女が恋愛対象になるだろうし、男性、女性どちらとでも付き合うことはあり得る。

 

現在彼女がいなくても彼氏がいるかもしれないし、以前に彼女がいたと言っていたが、実は男だった可能性も考えられるのではないだろうか。


Sponsored Link


竹田純のプロフィール

竹田純氏のプロフィールだが、もともとバレエダンサーになる前はジャズダンサーだったという。

 

なのでバレエを始めたのが17歳のときと、遅いのだが、ジャズダンスを始めたのも15歳と早くはなかったようだ。

 

きっかけはジャネット・ジャクソンの後ろで踊っているダンサーに憧れてジャズダンスを始めたのだという。

 

それがなぜバレエを始めようと思ったのか。

 

理由は目立ちたいと思ったからだとか。

 

あるときダンスの先生に「バッグダンサーはいつまでもバックでしかないわよ」と言われて、ふと気づいたらしい。

 

「バレエならメインになれるよ」とアドバイスされて、すぐにバレエをやろうと思ったそうだ。

 

そしてバレエに転向した竹田氏は2003年から勉強のためにフランスに留学。

 

2003年~2005年にブローニュ=ビヤンクール地方国立音楽院、2005年~2008年までスタンローヴァバレエ学校でクラシックダンスとコンテンポラリーダンスを学び、2006年には、フランス・ビアリッリ国際コンクール、「パ・ド・ドゥ」(男女ペアダンス)カテゴリーで銅メダルを獲得するのである。

 

竹田純氏の詳しいプロフィールは以下の通り。

生年月日:1982年9月21日(35歳)

血液型:O型

出身地:静岡県

身長:180cm

体重:67kg

趣味:カフェ巡り、ピアノ、ピクニック

言語:英語、フランス語、スペイン語

1999年1月、高校2年生のとき、伊藤美智子バレエスタジオでクラシックダンスを学び始める。

2000年3月、静岡の高校を卒業し、佐々木忠次率いる東京バレエ団に所属。同バレエ団の古典からネオクラシック、コンテンポラリーの各種バレエ公演に数多く出演。

2001年には、同バレエ団、学校のイメージキャラクターに起用され、全国にポスターが配布される。

2003年に渡仏。2003年~2005年、ブローニュ=ビヤンクール地方国立音楽院、2005年~2008年までスタンローヴァバレエ学校でクラシックダンスとコンテンポラリーダンスを学ぶ。

2006年には、フランス・ビアリッリ国際コンクール、「パ・ド・ドゥ」(男女ペアダンス)カテゴリーで「銅メダル」を獲得。

これまでに、2007年、リモージュ歌劇場(フランス)での「シンデレラ」、DAVID-COMPOSバレエ団(スペイン)。

2008年、スロバキア国立劇場での「イヴァン4世」、「白鳥の湖」、「白雪姫」。

2008年~2009年、オランダ国立劇場の「くるみ割り人形」。

2013年、舞台「ROKUJO」光源氏役(かめありリリオホール)などのバレエ団に所属し、舞台に出演。

書籍、バーオソル本・DVD、累計約10万部売上、また書籍は中国、シンガポール、香港、マカオなどでも発売。

DVDはフランス国立パリ・オペラ座ギャラリーで販売され、日本人による著書としては初。

2012年発売の「シリトレ」は約15,000部売上。

その後、「美尻王子の体幹スパイラルダイエット」、「しなやかで美しいラインができるフレンチバレエメソッド」、「全身美人になる!バレエワークアウト」の著書を発売。「全身美人になる!バレエワークアウト」は約1万部売上、韓国でも発売される。

現在も、フランスのパリにあるベルタン・ポワレの劇場で、毎年バレエ公演を行っている。

引用元:アミューズより


Sponsored Link


竹田純の美尻エクササイズの効果は?

プロフィールによると竹田純氏は、フランスのバレエ団で活躍した経歴を持つ。

 

その経験から現在はバレエを用いた『美尻エクササイズ』が話題となっている。

 

竹田氏自身も“美尻王子”と呼ばれているだけに、お尻や腰、太ももあたりがキュッと引き締まっていてスタイルがいい。

 

竹田氏いわく、お尻を鍛えると太もも、お腹、背中へと波及し、全身が綺麗になるといい、その結果ダイエットにも効果があるというのだ。

 

では、なぜ『美尻エクササイズ』をメディアを通じて伝えようと思ったのか。

 

竹田氏はバレエの動きを取り入れた「バーオソルダイエット」というエクササイズをテレビで紹介したり、実際に教えたりしているのだが、その時に「お尻の使い方を知らない」「お尻に意識がいっていない」という人が多いと思ったのだという。

 

 

大抵の日本人は、前面しか気にしていためにお尻に意識がいっていない。

 

逆にヨーロッパ人たちはお尻への意識が高いので骨盤が立ち、姿勢が綺麗なのだそう。

 

そこで竹田氏はヨーロッパ人のような上向きなお尻を作る基本の「お尻締め」と「内股絞り」を伝えようと思い、『美尻エクササイズ』を伝授。

 

その効果は人それぞれだろうが、続けていくうちに骨盤が前傾して股関節が外に開き、美しいヒップラインになるという。

 

そうすると姿勢も変わり、後ろ姿は女性らしく綺麗にもなるので内面的な自信にもつながる。

 

上向きの綺麗なお尻の人でウエストがたるんでいる人はいないということなので、「美尻エクササイズはダイエットにも効果がある」と、人気のようだ。

 

追記

エクササイズの口コミを見ていると、確かに効果はあるが、けっこうハードで楽しみながらという感じではないという声が多かった。

部屋が狭すぎて見本と同じような動きができない、できないポーズがいくつかあるなど、エクササイズするには場所を確保する必要があるとのこと。そのあたりが評価を下げる要因になっているようである。


Sponsored Link


▲トップへ戻る