庄野数馬アナの就業規則違反が判明!迷惑行為が処分の理由 何をした?

庄野数馬アナウンサー 画像

テレビ大阪の庄野数馬アナウンサー(31)が、就業規則違反の疑いでメインキャスターを務めていた報道番組「ニュースリアル」「金曜報道スペシャル」を降板していた件で、同局は庄野アナを厳正に処分したと発表した。

 

庄野アナの降板をめぐっては、12月20日に報道各社宛てに降板を伝えるファクスが送信されたことが引き金となり、発表に至る形となった。

 

当初テレビ大阪側は、「就業規則違反について調査中で、プライバシーに関わる問題のため、内容については答えられない」としていたが、26日になって「社内における迷惑行為があった」と説明。

 

迷惑行為の内容や処分の理由については「公表を差し控えさせていただきます」としており、庄野アナは今後他のアナウンス業務からも離れるという。

 

今回、テレビ大阪の発表により、庄野アナの就業規則違反が「社内における迷惑行為」と判明したものの、一体何をしたかなどについては、前回に続き「プライバシーに関わる部分もあるので公表は差し控えたい」と内容を明かさなかった。

 

ただ、同局が「誠に遺憾であり、再発防止に努めてまいります」とコメントしていることを考えると、庄野アナが犯した迷惑行為が何だったのか、想像できそうだ。

Sponsored Link

庄野数馬アナの就業規則違反が判明

就業規則違反とは、会社が定めたルールーのようなものであり、そのルールーを破ったとして庄野数馬アナに処分が下された。

 

ただ、就業規則違反の内容については「公表を差し控えたい」としており、庄野アナが何をしたのか分かっていない。

 

判明したのは、社内で迷惑行為があったということ。現状では警察にゆだねるような状況ではないということだけだ。

 

そもそも今回の件は20日夕、報道各社宛てに庄野アナの降板を伝える「怪文書」がファクスで送信されたことが引きがねになり、降板発表へとつながった。

 

また、送られてきた怪文書には、庄野アナ以外に、取締役の名前も記載されていたということだが、取締役といっても社長、副社長、専務、常務などにあてはまり、誰を指していたのかは不明。

 

同局は、「庄野アナへの調べは行ったものの、取締役への調べについては調べているとは言えない」としているだけだった。

Sponsored Link

庄野数馬アナの迷惑行為は何した?

庄野数馬アナの就業規則違反が「迷惑行為」だったことが判明し、処分としてしばらくアナウンサー業務から外されるという。

 

庄野アナの就業規則違反が「迷惑行為」とまだわからなかったとき、2chではさまざまな就業規則違反の予想が繰り広げられていた。

 

テレビ大阪側も26日の発表で、迷惑行為に関して「社内に関係する」とした上に、「会社と関係ない第三者は関わっていない」としているので、庄野アナの迷惑行為は、身内だけの問題だったことが濃厚だと思われる。

 

ただ、そのことを裏付けるかのような報道もされている。

 

庄野アナは、相席居酒屋に同僚とよく行くことがあったという。

 

庄野アナは山口放送時代に出会った年上女性と結婚して子供もいる既婚者。

 

そういった身分なのに居酒屋で女性に声をかけていたりして評判はガタ落ちだったそうだ。

 

さらに庄野アナは、後輩の女性アナへの疑惑も囁かれていたという。

 

疑惑といっても女性アナへ何をしたのか報じられてないが、庄野アナの素行によって、周りから人が離れていったことが報じられている。

庄野数馬アナ 処分の理由

降板が発表された後の21日、テレビ大阪の公式サイトから庄野数馬アナの名前や画像、ブログへのリンクが削除された。

 

庄野アナは京都府長岡京市出身の31歳。

 

洛南高校から立教大学へ進学し、大学在学中は準ミスター立教に輝いた。

 

卒業後の2010年に山口放送に入社。

 

山口放送時代はサッカー、ゴルフ、野球などのスポーツ実況やニュースなど幅広く担当し、2015年4月にテレビ大阪へ移籍した。

 

テレビ大阪では、2016年9月に元フジテレビ・長谷川豊アナウンサーが「ニュースリアルFRIDAY」を降板後、キャスターに就任。

 

今春から「ニュースリアル」のキャスターも務めていた。

 

テレビ大阪の話によると、以前から社内で庄野アナに関する調査を行っていたといい、悪いウワサはかなり前から耳にしていたようだ。

 

ただ、今回、処分を下した理由は答えられないとしている。

 

また、報道にもあったが、一般人と揉め事を起こすなど、庄野アナの素行の悪さは以前から有名だったとか。

 

結局、迷惑行為は何だったのか分からないが、はっきりとした処分の理由については今後、「文春」や「フライデー」などの週刊誌が報じるだろう。

Sponsored Link

▲トップへ戻る