都庁爆破(ドラマ)の原作とキャスト一覧!名古屋のロケ地とあらすじは?

ドラマ 都庁爆破

俳優の長谷川博己(40)主演の新春ドラマスペシャル「都庁爆破!」が、2018年1月2日21時からTBS系にて放送される。

 

本作は、作家・高嶋哲夫氏の同名小説が原作のドラマ。

 

クリスマスイブに東京都庁を爆破した、テロリスト集団が展望台にいた客を人質にして日本政府にある要求を突きつける。

 

主演の長谷川博己は、テロリストに自分の家族を人質に捕れた男・本郷裕二役を務め、妻と娘を救うため爆破された都庁に潜入し、テロリストに立ち向かう。

 

その他のキャストには、本郷の妻・麻由子役に優香、本郷と友人で行動を共にするケイン高村役に吉川晃司、テロ集団の中心人物・エムを渡部篤郎、東京都知事・大池由紀子を寺島しのぶ、内閣総理大臣・御園朔太郎をリリー・フランキーが演じる。

 

また、ドラマ「都庁爆破」のロケには1000人規模のエキストラが参加した。

 

都庁が爆破された直後のシーンを名古屋市内、他にも都内や川崎、葉山、水戸などがロケ地として使われている。


Sponsored Link


都庁爆破(ドラマ)の原作

ドラマ「都庁爆破」の原作は、作家・高嶋哲夫氏が2001年に発表した同名小説。

 

原作の小説では、東京の新宿にある都庁が突然襲われたとき、都知事や首相は、どう対処するのかを追及。

 

都庁がテロリストにより爆破、占拠されたうえに、SAT隊全滅して崩壊する様子が描かれている。

 

作品でテロの危機を訴える著者の高嶋氏だが、これまでにも同名小説の原作がドラマ、映画化に。

 

今回の「都庁爆破」以外に1999年はドラマ「イントゥルーダー」、2007年に映画「ミッドナイト・イーグル」が作品化されている。

 

※ドラマ「都庁爆破」のあらすじ

2017年12月24日、華やかな賑わいを見せるクリスマスイブの新宿。

元自衛官の本郷(長谷川博己)は、都庁の展望台を見学に行く妻・麻由子(優香)と娘・朝美(平澤宏々路)と別れ、友人で米国国防総省の担当次官・ケイン高村(吉川晃司)と会っていた。

かつて紛争地帯で本郷に部下を救われたことのあるケインは、本郷が自衛隊を退官した理由を尋ねる。

口を濁す本郷。彼はあることがきっかけで仕事に対して自信を失い、同時にこんな自分が家族を幸せにできるのかという悩みを抱えていた。

そのとき、新宿の街に轟音がとどろいた! 外に飛び出した本郷とケインは信じられない光景を目の当たりにする。

都庁の建物が爆発したのだ!! パニックの中、都庁へ向かう本郷とケイン。

妻と娘の安否は? 焦る本郷は、最悪の事態に陥っていることを知る。

都庁は、エム(渡部篤郎)と呼ばれる狂信的な支持者を集めるテロリストを中心とする国際的なテロリスト集団・IF(アイエフ)により爆破され、展望室にいた本郷の妻と娘、そして妊婦の結衣(早見あかり)を含む一般客が人質にされていた。

都庁に駆けつけた消防士・海老原(和田正人)や公安部刑事の丸山(小澤征悦)も思っても見なかった事態に声が出ない。

「パパが助けに来てくれる」と娘が信じていると知った本郷は、ケインと共に都庁に潜入する決心をする。

IF は犯行声明を発表し、日本政府に要求を突きつける。

聞き入れられない場合、都庁に仕掛けた爆弾をさらに爆発させるという。

大池都知事(寺島しのぶ)は対策本部を立ち上げるが、御園総理(リリー・フランキー)は政府主導で対応を行うと言い、両者は対立。

しかしIFは首都・東京を巻き込んでさらに恐ろしいテロを起こそうとしていた……。

引用元:都庁爆破公式サイトより


Sponsored Link


都庁爆破(ドラマ)のキャスト一覧

ドラマ「都庁爆破」で主人公・本郷裕二の娘・朝美役を務めるのは、子役の平澤宏々路(10)だ。

 

平澤宏々路はテアトルアカデミー出身の子役で、現在はホリプロ・インプルーブメント・アカデミーに所属している。

 

これまでも映画やドラマ、CMに多数出演。現在注目される子役の一人である。

 

そして、ドラマのその他キャストには、本郷裕二を救助するために都庁に入る消防士・海老原実役を和田正人、妻の麻由子らとテロリストに人質にされる妊婦・櫻井結衣役を早見あかり、本郷の友人でテロの背後を探る警視庁公安部の刑事・丸山尚人役に小澤征悦務める。

 

※ドラマ「都庁爆破」のキャスト一覧

本郷裕二/長谷川博己

ケイン高村/吉川晃司

本郷麻由子/優香

本郷朝美/平澤宏々路

エム/渡部篤郎

櫻井結衣/早見あかり

アズマ/毎熊克哉

御園朔太郎/リリー・フランキー

丸山尚人/小澤征悦

大池由紀子/寺島しのぶ

海老原実/和田正人


Sponsored Link


都庁爆破(ドラマ)名古屋のロケ地はどこ?

ドラマ「都庁爆破」のタイトルにあるように、劇中では都庁が爆破されるシーンがある。

 

直後のシーンは、名古屋市中区三の丸宮庁街で1000人のエキストラが参加してロケが行われた。

 

1000人のエキストラが参加したというロケは、パニックに陥る東京をリアルに描くためのもの。

 

名古屋以外にも、クリスマスイブ当日の街のシーン、ホテルのラウンジでのシーンのロケ地に東京・新宿が使われている。

 

また、都庁内部や、激しい戦闘の後のシーンに東京・世田谷区のスタジオを使用。

 

その際、警察特殊部隊が登場するのだが、この役はエキストラが務めている。

 

エキストラを募集したロケは昨年の10月から11月にかけて行われ、東京・土浦や神奈川・川崎、葉山、横浜、茨城・水戸、千葉などのロケ地にもエキストラが参加している。


Sponsored Link


▲トップへ戻る