錦戸亮の予言 大物Mと田邊駿一の占い師は誰?(行列のできる法律相談所)

行列のできる法律相談所

1月28日放送の「行列のできる法律相談所 あの予言当たってましたSP」に関ジャニ∞の錦戸亮(33)、ブルーエンカウントの田邊駿一(30)らが出演する。

 

錦戸は2月3日公開の映画「羊の木」の番宣をかねて、自身の芸能生活を予言した大物女装家Mとのエピソードを告白。

 

田邊はインディーズ時代の「ブルーエンカウント」の運命を大きく変えることになった占い師とのエピソードを明かす。

 

その他の出演者、元フジテレビ中村仁美アナは、さまぁ~ず大竹との結婚秘話をテレビ初告白。

 

元新体操選手・畠山愛理が元カレとのエピソードを暴露するなど、気になる話題が目白押しとなっている。

 

なかでも注目は、企画タイトル「あの予言当たってましたSP」に関する錦戸を予言した大物Mと田邊の占い師のことだ。

 

錦戸を予言した大物Mが誰なのかは、おおよそ予想はつくが、田邊のブレイクを的中させた謎の占い師は今回テレビ初登場とのこと。

 

一体誰でどんなエピソードが繰り広げられるのか。

 

占い師の方は「当たり過ぎ」と評判らしいので、行列を機に今後注目されることになるかもしれない。



Sponsored Link


錦戸亮を予言した大物Mとは?

1月28日放送の「行列のできる法律相談所」に関ジャニ∞の錦戸亮が登場する。

 

錦戸が語るのは、自身の芸能生活を予言した人物のことのようだが、一体誰とのエピソードを披露すのか。

 

番組の概要によると、予言した人物は大物女装家Mとなっている。

 

大物の女装家でMといえば、マツコ・デラックスとミッツ・マングローブくらいしか思い浮かばないのだが、「予言」としているだけにマツコのことだろう。

 

マツコの予言といえば、ブルゾンちえみがブレークすることを的中させたことで話題となった。

 

マツコいわく、ブルゾンの顔を見て宇多田ヒカル以来のインスピレーションを感じ取ったそうだ。

 

ブルゾンがブレークすることを予言していたというマツコは、「ぐるナイ」の次週予告でブレーク前のブルゾンが一瞬登場するのを見かけただけで衝撃を受けたと「しゃべくり007」で事の経緯を説明。

 

この日のマツコはロケ後に移動車内のテレビで「ぐるナイ」を見ていたらしいのだが、車内にはぐるナイスタッフも乗車しており、マツコは「おさえろ! この子、すごいぞ!」と叫んだという。



Sponsored Link


さらにマツコの予言は、有吉弘行と夏目三久アナの熱愛・結婚も予言していたという。

 

実際のところ2人の関係は疑惑で終わっているが、「怒り心頭」で夏目が夢に有吉が出てくるという話をした際、マツコは「有吉と家庭を持ちたいってことだと思う」と言っていたのだ。

 

また、「怒り心頭」で紹介されたハガキに書かれていた予言が的中したこともあった。

 

ハガキに書かれていたのは、当時無名だったカヌーの羽根田卓也選手で、オリンピックでメダルを獲れると書かれていたのだ。

 

しかも、投稿者はアジアで金メダルを獲っているのにどこも羽根田選手を取り上げないことに怒りを感じているほか、この投稿をスルーするとリオのあと後悔するとしていた。

 

すると、その後に行われたリオ五輪で羽根田選手は見事銅メダルを獲得。投稿者の予言はずばり的中した。

 

マツコ自身が予言したわけではないが、マツコと関係するところでも不思議なことが起こっていたのだ。

 

では、錦戸亮の予言はどうなのか。

 

関わりでいえば、昨年5月1日放送の「月曜から夜ふかし」に錦戸が「どうしても告知したい人」という名目で出演している。

 

「月曜から夜ふかし」は同じ関ジャニ∞のメンバー・村上信五とマツコが司会を務めるトーク番組で、このとき錦戸に対しマツコは

「(村上の)イメージに寄っちゃうじゃん、グループ全体が。だから、アンタにはもっとがんばってもらわなきゃいけないんだよ」「サービストークとかいらないからお前はもう! “シュッ”としてメーンでやってればいいんだ!」と錦戸に説教。

なんでも、関ジャニ∞のコンサート終わりにも錦戸はマツコから同じアドバイスを受け、今後の方向性を考えたことがあるのだとか。

 

このアドバイスが予言したことになるのかは微妙だが、ある意味、今後の芸能生活を考えさせられたことには違いないだろう。



Sponsored Link


田邊駿一の占い師は誰?

田邊駿一が所属する4人組ロックバンド「ブルーエンカウント」は2004年に結成し、2014年9月10日にメジャーデビューを果たした。

 

バンドはメジャーデビューするまで約10年間のインディーズ時代を経験しているわけだが、ブレイクすることを的中させた占い師がいるそうだ。

 

その占い師とのエピソードを今回の行列で披露するようだが、テレビ初登場ということなのであまり有名な占い師ではないのかもしれない。

 

そんなわけで占い師は誰なのかちょっと見当がつかないので、分かり次第追記したいと思う。

 

2014年9月10日にメジャーデビューした「ブルーエンカウント」のメンバーは、2009年から田邊駿一、江口雄也、辻村勇太、高村佳秀の4人になった。

 

専門学校で知り合ったという4人は、下積み時代に数々のアルバイトをして生計を立てていたという。

 

今では武道館でライブをするほどになったが、田邊なんかは2013年までバイトをしていたそうだ。

 

その中でもタピオカドリンク専門店は、店長クラスにまでなり、ほかにもライヴハウスの雑務やコンビニ、ドン・キホーテにある100均、TSUTAYAなんかでのバイト経験もしたという。

 

しかし、そんなバイトも音楽をやる上ではタメになったそうだ。

 

バイトを経験したことで感謝しながらお金を稼ぐことを学んだといい、またそれは音楽にも通じることでもあるという。

 

田邊は「自分たちを見に来てくれるお客やスタッフ、レコード会社がいるから、CDを出せたりライブができたりするので、感謝しなければならない」と語っている。

 

追記

田邊駿一が所属する「ブルーエンカウント」の予言を的中させたのは、手相見の暁氏という人物だった。

 

暁氏は猫が好きだからという理由で「ネコ」と書かれたグラサンをはめてスタジオに登場。何とも怪しい雰囲気だったが素顔はこんな感じだ。

 

暁 画像

出典元:WEEKLY MAGAZINE

 

また、猫にも手相があるという暁氏は、好きが高じて世界初の猫の手相を鑑定した本「ねこてそ」を出版している。

 

番組でも言われていたように暁氏の占いは、当たることで有名らしいのだが、いかんせんなかなか見てもらえないという。

 

ただ、ブルエン・田邊が手相を見てもらったという渋谷某所にある居酒屋なら、夜な夜な多くの人の手相を見ているというウワサだ。

 

この居酒屋には多くの業界人(ミュージシャン・モデル・芸人)らが通うことでも有名。

 

いま業界内では「暁先生の占いは当たる! 」と話題になっているという。



Sponsored Link


▲トップへ戻る