小泉今日子と豊原功補にフライデー!略奪愛で事務所が炎上!のん(能年玲奈)が移籍?

小泉今日子 豊原功補 フライデー 画像

2月1日に女優の小泉今日子(51)が、所属事務所の「バーニングプロダクション」から独立することを2015年に設立した「明後日」のサイトで発表した。

 

また、一部週刊誌などで報じられた俳優・豊原功補(52)との関係を認めるコメントを発表すると、相手の豊原も自身のサイトで恋愛関係にあることを報告。

 

加えて妻子ある身で別居中であることも明かした。

 

自ら不倫関係だったことを発表するという前代未聞の出来事に激震が走ったわけだが、業界からは“小泉らしい”という声も上がっているという。

 

ファンも少なからず2人を後押しするコメントを小泉の事務所「明後日」のツイッターにリツイートしているが、他からは批判するコメントで炎上している。

 

そもそも小泉と豊原の関係は2015年に「フライデー」が報じて発覚。

 

その後も2人がデートを重ねる様子が何度も報じられたことで、嫁のいる豊原は離婚したものだと思われた。

 

だが、離婚せずに3年前から別居していることを告白したことにより、小泉の略奪愛が発覚したのと、最近の不倫問題が合わさり、「明後日」のツイッターが炎上しているというわけである。

 

さらに小泉の事務所独立の件で、タレント・のん(能年玲奈)の移籍がウワサされているという。

 

現在、のん(能年玲奈)は個人事務所を設立して活動しているが、以前からある“大物女優”の後押しがあるのでは?と言われてきた。

 

その後ろ盾が小泉で、「明後日」を通じてのん(能年玲奈)に仕事が入っているというウワサだ。


Sponsored Link


小泉今日子と豊原功補にフライデー

小泉今日子は俳優の永瀬正敏(51)と1995年に結婚。子供はおらず、2004年に離婚した。

 

離婚の原因は、永瀬正敏が中島美嘉と浮気していたのがバレたからとされているが、真偽のほどは不明。

 

小泉と離婚後、2人は結婚するものだと思われたが、破局して中島はバレーボールの清水邦広選手と結婚(2018年2月3日に離婚)。永瀬の方は独身である。

 

一方、豊原功補は1998年に同棲中だった一般人の中村麻美さんと結婚。

 

麻美さんは豊原より11歳年下で、知り合ったきっかけは、当時豊原がやっていた「Koznic Blue」というバンド仲間の紹介だったという。

 

また、豊原は小泉と違って子供がいる。

 

息子の年齢は18歳で、小泉と深い関係になった3年前から嫁と共に別居していることを告白している。

 

結局、豊原が離婚していなかったため小泉の「略奪愛」ということになるのだが、一番最初に2人の関係をスクープしたのは「フライデー」だった。

 

2015年に小泉と豊原がバーでデートしているのを「フライデー」がスクープ。

 

当時の記事には仕事の合間を縫って逢瀬を重ね、最後は決まって小泉の自宅マンションに帰って行くということが書かれていた。

 

いわゆる半同棲状態だったわけだが、このときすでに嫁と別居していたことを豊原が会見を開いた際に語っている。

 

さらに豊原は関係を発表したことについて「打算的、作為的にやっていない」と、話しており、どんな批判も受け止める覚悟があることを口にしている。

 

ただ、「明後日」のホームページで発表した小泉の方は会見を開いていない。

今のところ結婚の予定はないと文面で示しており、このようなことになったことへの謝罪を豊原の家族に向けて述べている。

小泉今日子の略奪愛で事務所「明後日」が炎上

小泉今日子の事務所「明後日」は、2015年2月4日に設立。

 

場所は渋谷区恵比寿南3−7−5東光苑マンション701で、ここには豊原功補の事務所も入っている。

 

「明後日」は、演劇、映像、音楽、出版など、ジャンルを問わず様々なエンターテイメント作品をプロデュースし、小泉本人が社長を務めるが、略奪愛が発覚したことで事務所のツイッターが炎上している。

 

 

小泉と豊原は度々共演してきたことから元々仲が良く、小泉が節税のために個人事務所を設立することになった際、豊原に相談。

 

このことをきっかけに仲が深まったとされている。

 

事務所の相談をしたことがきっかけで2人の付き合いが始まったようだが、当初、小泉は「場所をシェアしてるだけ」と交際の事実は認めていなかった。

 

その後もバーでデートしているところや喫茶店デートが女性誌に報じられたが、豊原が離婚しているものと思われ報道は鎮静化していった。

 

それが、ここにきての告白に炎上するのは当然だろうが、このタイミングで告白に踏み切った背景には、先日、文春に不倫疑惑を報じられ、引退を余儀なくされた小室哲哉(59)の一件があったからなのでは、との見方があるという。


Sponsored Link


小泉今日子の事務所「明後日」にのん(能年玲奈)が移籍?

かつてのん(能年玲奈)は、バーニング系の事務所「レプロエンタテインメント」に所属していたが、独立騒動を起こして干されていた。

 

このとき相談に乗っていたのがNHK連続ドラマ小説「あまちゃん」で、母子役で共演した小泉今日子だったとされている。

 

現在の事務所「株式会社non」を設立したのは小泉の後押しがあったといい、仕事があるのも小泉の事務所「明後日」から回っているからだとか。

 

また、のん(能年玲奈)が事務所を設立する前、一部では、能年が小泉の個人事務所に移籍するのではとも囁かれていたが、実際は移籍しなかった。

 

ただ、のん(能年玲奈)は今後、小泉の事務所に所属する可能性があるという。

 

今回、小泉がバーニングから独立したのは豊原との関係が原因ではなく、以前、のんが事務所から独立するにあたり、小泉は相談に乗っていた。

 

この動きに小泉はバーニング関係者の怒りを買い、以降は関係がぎくしゃくしていたという。

 

独立はあのときの独立騒動を清算するためのものだったとか。

 

そして小泉の独立によって、のんは大きな後ろ盾を失った。

 

そのため、今後、のんになにかしら大きな動きがあるかもしれないといい、それがのんの事務所移籍だと言われている。


Sponsored Link


▲トップへ戻る